アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

逢坂良太

オオサカリョウタ

声優

0

pt

キャラクター紹介

逢坂 良太(おおさか りょうた、1986年[2]8月2日 - )は、日本の男性声優。徳島県出身。EARLY WING所属。
姓の読みはしばしば「おうさか」と誤って表記されるが、正しくは「おおさか」である[3]。

3人姉弟の真ん中として徳島県に生まれる[4]。小さい頃は冒険ごっこをしたり剣を振り回したりしているやんちゃな子供だったという[5]。小学校では野球チーム、中学・高校ではソフトボール部に所属し、高校ではピッチャーを担当していた[6]。
中学生の頃からアニメが好きでよく見ていたが、声優になりたいとは思わず、将来の夢は特になかった。それが高校の入学式の日にふと「声優になりたい」という気持ちが降りてきたという[6]。地元の工業高校[7]を卒業後、同じく声優を目指す友人とともに上京し[6]、日本工学院八王子専門学校[8]で2年間演技の基礎を学んだ。専門学校を卒業後は声優養成所に通ったが、事務所所属のテストで落選。その後、EARLY WINGの追加オーディションに合格し[9]、同事務所より2010年にデビューした[2]。
2012年4月、ノイタミナ『つり球』の真田ユキ役でテレビアニメ初主演[2]。オーディションで演技を見た音響監督の長崎行男は「メインを張る新世代の男性声優になれると思った」といい、長崎のプッシュにより抜擢が決まった[10]。初アフレコではガチガチに緊張し、共演の杉田智和に「俺たちが引っ張るから、集中していいよ」と励まされたという。「僕の原点」と語る経験を得た『つり球』以降は多くの作品で主役を獲得した。[2]。2015年3月、第9回声優アワード新人男優賞受賞[11]。

『つり球』監督の中村健治は「聞いていて嫌味がないというか、水みたいな無色透明なお芝居で、主役に向いている声」[10]、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記は「わざとらしくなく、正しく成長する主人公ができる」と評している[2]。自身が最も得意とする役は「高校生ぐらいのちょっと明るい男の子」である[12]。
石田彰が演じる『テイルズ オブ エターニア』のリッド・ハーシェルのようになりたいと思ったことが声優を志すきっかけになったといい、石田を目標の声優としている[12]。石田が演じる役の中でも、リッドや『機動戦士ガンダムSEED』のアスラン・ザラのような主人公らしいキャラクターが特に好き[4]。
演じる際のこだわりは、自分が楽しんで芝居すること。ヒトカラによく行くなど歌うことは大好きといい、歌の仕事も活発に行っている[12]。また、イベントで生の声をもらえることが仕事をする上で糧になると話し、ファンとの交流にも積極的である[5]。

出典:wikipedia

誕生日:8月2日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【逢坂良太】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



逢坂良太についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>声優のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!