アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

則巻ガジラ

ノリマキガジラ

Dr.スランプ アラ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 中野聖子(アニメ第1作、劇場版第1作 - 5作)→鉄砲塚葉子(劇場版第6作 - 9作)→西原久美子(『Dr.マシリト アバレちゃん』、スズキ・ハスラーCM)/ 石橋千恵(アニメ第2作)
通称「ガッちゃん」。身長61cm、体重17kg、1980年プランクトン2日(11月2日)生まれ(卵からの孵化)[10]。0歳→5歳。アラレたちが原始時代にタイムスリップした時に持ち帰った卵から生まれた、2本の触角と羽根の生えた赤ちゃん。作者いわく、卵は実はカプセルとのこと[11]。アニメ第2作ではガシャポンのカプセルのようなものから生まれた。敵への攻撃手段として触角から破壊光線を出す。初期設定では字はまだ書けない。
実は地球に危険な文明が栄えたら食べ尽くすという使命で、神様が原始時代に送り込んだ天使であったが、アラレが現代に連れて来たために神様の計画は崩れてしまった。アニメ第2作ではこの秘密は明かされずに終了する。「クピポ」「クピプー」などといった独特な「ガッちゃん語」を話す。その言葉がわかるのは、神様とアラレ、ターボだけである。股間には性器が無く、アラレは「女の子」と認識した[注 1]。ただし肛門は備えている[注 2]。ゴム以外のあらゆるものを食べるのが特徴。特に金属が好みの模様(作者が超合金製と聞いて垂涎)で、土はあまりおいしくないとのこと(アラレ訳)。体の成長は無いが、定期的に分裂していき、分裂の際は大量に食べた後で口から糸を吹き出して繭を作り、その中で分裂して2人になる。その後も増殖し、10年後には8人に増えていた[注 3]。
キャラメルマン7号を相手に優位に戦い、体当たりで転倒させたり攻撃をまともに受けても怪我ひとつ負わない強さで攻守ともにアラレやオボッチャマン以上の強さを見せた[12]。
ガジラという名前はゴジラとガメラの合成語であり、原作ではアラレが名付けた名前だが、アニメ第1作では「お皿、花瓶、額縁、窓ガラスが割れた音=ガッチャン」で「ガッちゃん」を正式名称とし、原作でかしこまって「ガジラ君」と呼ぶ台詞も、アニメでは「ガッちゃん君」に変えられた。第2作では「ガジガジかじるから」で「ガジラ」を正式名称とした。2人になって以降も、それぞれが「ガジラ」または「ガッちゃん」であり、別の名前はつけられなかった。2人まとめて「ガッちゃんズ」と呼ばれる事もある。
感情表現のパターンに乏しく、無表情と笑い顔の2パターンがほとんどである。しかし、ガジラが千兵衛たちと釣りを楽しんでいる姿を見た神様いわく、笑い顔を見たことは初めてとのことで、むしろペンギン村で育って表情豊かになったといえる。作中で千兵衛が死んだ(ただし生き返っているが)時に、1回だけ泣き顔を見せた。怒った表情は眉を吊ってつぶらな目のまま睨む程度で、大口を開けて怒鳴るような顔は皆無。
則巻家がアラレとセンベエの2人だとさみしいという理由で、ペットを飼わせようと怪獣の子どもを提案したが、担当編集者の鳥嶋和彦からボツにされた作者は妹の子どもを高い高いして、空飛ぶ赤ん坊ガッちゃんを思い浮かんだ[13]。ジャンプ・コミック8巻のオマケページ「ペンギン村オラが1番コンテスト」かっこいい部門で1位だった。『ドラゴンボール』関係の作品にも登場している。

出典:wikipedia

誕生日:11月2日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
則巻ガジラとは?(Dr.スランプ アラレちゃん)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

11月2日
強さと可愛さ最上級!スーパーベイビー「ガッちゃん」の魅力『Dr.スランプ アラレちゃん』
【画像】則巻ガジラ(Dr.スランプ アラレちゃん)
 誰もが知る国民的作品『Dr.スランプ アラレちゃん』。ペンギン村を舞台に繰り広げられる、主人公アラレちゃんを中心としたドタバタコメディです。そしてそこに登場する人気キャラのひとり(ふたり)が、今回ご紹介させていただく「ガッちゃん」です。
実は天使
 このガッちゃん、そもそも何者なのか正体が謎です。背中に羽根が生えており、いつも飛びながら移動します。頭には触覚が2本あり、そこからビーム。人間のご飯は食べずに、鉄などの硬いものをガジガジしながら食べます。話す言葉は「クピクピプペポ」。何語かも良く分かりません。しかし、この漫画の舞台となっているペンギン村自体が“変わり者の集まり”なので、これだけ不可思議な「ガッちゃん」の違和感さえも薄らいでおります。

 そんな「ガッちゃん」は、アラレちゃん達が恐竜時代にタイムスリップした時に拾ってきた卵から生まれます。実はガッちゃん、「地球に危険な文明が栄えた場合、全てを食べ尽くして破壊せよ」という神の使命を持って原始時代に送られた天使なのです・・・が、アラレちゃんが卵を現代に持ち帰った事で神の計画が崩れてしまったのです。可愛く愉快でお茶目なのに、こんな大それた使命を持っていたキャラ設定だけでも、なかなかの魅力を感じませんか?
とにかく強い!
 ロボットであるアラレちゃんは、とにかく破天荒な強さを持っていますが、ガッちゃんの強さもまたなかなかのものです。アラレちゃんもガッちゃんも、どれだけとんでもない打撃や攻撃を食らってもケロっとして大笑いしながらそれを楽しんでいます。

 もちろん打たれ強さだけでなく、自らの攻撃力も相当なもの。ガッちゃんの触覚から放たれるビームは何でも破壊してしまう威力を持っています。また、ガッちゃんは身体自体が頑丈で、アラレちゃんやオボッチャマンくんの攻撃ですらビクともしない相手を、ガッちゃんは体当たり一撃で転倒させたりしてしまうほど。とにかく小さくて愛くるしいこの赤ちゃんが、ペンギン村において実は最強というところがたまりません。
名前の由来は?
 みんなから「ガッちゃん」と呼ばれていますし、アニメのエンディングで流れる声の出演者のロールでも「ガッちゃん」と表示されていますが、実はこの子、原作での本名を「則巻ガジラ」といいます。

 「ガジラ」という名前の由来は「ゴジラ」と「ガメラ」の合成語としてアラレちゃんが名付けたものですが、アニメではお皿や花瓶などなんでもガッチャンガッチャン割るというところから「ガッちゃん」と呼ばれる事になりました。原作で千兵衛さんが時々「ガジラさん」と呼ぶ事はありますが、ほとんど「ガッちゃん」と呼ばれています。

 ストーリー上、ガッちゃんは二人に増えるのですが、どちらも「ガッちゃん」と呼ばれ、特に分けて呼ばれる事はありません。ちなみに二人同時に呼ぶ時には「ガッちゃんズ」と呼ばれます。

 『Dr.スランプ』は大ヒット作品ですから、もちろんストーリー全体がとにかく笑いに溢れた面白いものになっていますが、やはりそれを盛り立てるのは個性豊かなキャラクター達です。そんな中、脇役でありながらも主役級の存在感と人気を誇る小さな「ガッちゃん(ズ)」は、誰もが認めるとても魅力的なキャラクター。愛さずにはいられないのです。
(C)鳥山明/集英社・フジテレビ
 >>> 『Dr.スランプ』の関連アイテムやグッズ一覧

記者(冷やしたぬき【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【則巻ガジラ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



則巻ガジラについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>Dr.スランプ アラレちゃんのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!