アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

藤原啓治

フジワラケイジ

声優

0

pt

キャラクター紹介

藤原 啓治(ふじわら けいじ、1964年[2]10月5日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター、音響監督。AIR AGENCY代表取締役。日本芸術専門学校講師。身長175cm、体重68kg。

文学座付属演劇研究所、劇団木山事務所、賢プロダクションを経て、2006年11月に自ら事務所「AIR AGENCY」を立ち上げた。2008年4月より日本芸術専門学校大森校声優学科講師に就任し隔週で授業を担当している。
出生は東京都だが岩手育ちであり、藤原本人も「ほぼ岩手人」と発言している[3]。
声優としてのデビュー作品については、本人は「忘れた…」と述べている[1]。なお、声優としての初仕事の現場には「アフレコには既に慣れている」と通されていたので初仕事と言えず、業界のルールや用語が理解できず苦悩したことを語っている[4]。
2010年、『カッコカワイイ宣言!』(『サキよみ ジャンBANG!』内で放送)で音響監督デビュー。
2011年10月に『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2011』にて声優助演男優賞を受賞。

青年役から老人役を担当しており、役柄としてはクールな役から熱血漢役、二枚目役から三枚目役、荒々しい性格の人物や軽薄な人物、大人の男性から冷徹な悪役など様々な役をこなす。デビュー当時はアクの強い役柄を多く演じていた。
ナレーターとしても活躍しており、『ケロロ軍曹』や『スクールランブル』などのアニメでもナレーターを務めている。
『ゾイド -ZOIDS-』、『鋼の錬金術師』、『天保異聞 妖奇士』、『BLOOD+』、『機動戦士ガンダム00』、『青の祓魔師』、『マギ』など、人気のアニメ枠・土6、後に日5(いずれもTBS系列、MBS製作)に頻繁に出演している。
『ガンダムシリーズ』の『Vガンダム』や『平成ガンダム三部作』では端役・脇役を多く演じている。『ガンダム00』ではアリー・アル・サーシェス、OVA『第08MS小隊』ではエレドア・マシスといったサブキャラクターを演じている。
2000年代以降は洋画吹き替えに出演することが多くなり、特徴的なニヒルな二枚目役をこなす。特に『アイアンマン』以降はロバート・ダウニー・Jrの吹き替えをほぼ専属で担当している。他にも『ダークナイト』、『ウォッチメン』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『シャーロック・ホームズ』とヒット作の主役および準主役の声を当てている。

出典:wikipedia

誕生日:10月5日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


藤原啓治についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>声優のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!