アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

千菅春香

チスガハルカ

声優

0

pt

キャラクター紹介

千菅 春香(ちすが はるか、1992年1月23日[1][2] - )は、日本の女性声優、歌手。
岩手県盛岡市出身[1][2]。身長157cm、血液型はA型。

幼少期よりクラシックピアノを習う。小さい頃はアイドルに憧れたことはあったものの、本格的に歌手になろうと思ったことはなかった[3]。アイドルに関する話題の中で、モーニング娘の「譜久村聖」さんのようにかわいく歌えない、などと言及する場面も。中学生の頃にはラジオが好きで、アナウンサーやパーソナリティーに憧れていたが[2]、高校生の頃に深夜アニメにハマり[2]、偶然見ていた水樹奈々のライブ映像を観て刺激を受け、歌手や声優になる夢を持つようになった[3][4]。岩手県立盛岡第一高等学校を卒業後、都内の大学に進学[2]。
高校時代にテレビアニメ『マクロスF』を観ていたのがきっかけで[5]、2012年に「マクロスシリーズ」の30周年を記念する「ミス・マクロス30コンテスト」のシンガー・ウィング(歌手部門)に応募し、3000通を超える応募者の中からグランプリを獲得した[4]。『マクロスF』の歌姫であるシェリル・ノームに共感を抱いており、オーディションではシェリルの「妖精」を歌った[3]。
2013年2月、ゲームソフト『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』の主題歌を担当してファーストシングル「プラネット・クレイドル/ワンダーリング」をリリース。また、同作のヒロインの1人であるミーナ・フォルテ役で声優デビューも果たした。
2013年7月より新パーソナリティとして参加したラジオ、『夜中メイクが気になったから』にて「すがやん」[6]というあだ名がつけられた。尚、所属レーベルのフライングドッグ関係者からは「ちっすー」[7]、所属事務所のダンデライオン関係者からは「はるっぴ」[8]と呼ばれている。メインパーソナリティとして出演していたラジオ「ソウルイーターノット!NOTりラジオ!」においては「はるちゃん」[9]と呼ばれていた。また子供の頃は「はるぴー」[10]と呼ばれていたとリリースイベントで語っている。
2013年11月、オーディションでアニメの役としては初めて『SHIROBAKO』の坂木しずか役を射止める[11](放映開始は2014年10月)。

出典:wikipedia

誕生日:1月23日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【千菅春香】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



千菅春香についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>声優のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!