アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

島耕作

シマコウサク

課長島耕作

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作の主人公。1947年9月9日生まれ、山口県岩国市出身。1970年3月 早稲田大学法学部卒(生年月日、出生地、最終学歴とも作者と同じ)であり、在学時代の所属サークルはESS・ジャーナリズム研究会等。新卒で初芝電器産業株式会社に入社した生え抜き社員。現職はTECOT(テコット、旧社名:初芝五洋ホールディングス)代表取締役会長。
本人が就職活動をした年はいざなぎ景気と呼ばれた当時では戦後最長の好景気であり、団塊世代ということもあり大卒社員だけでも800人が採用された。
広告課で自社カレンダー作りを担当、その後関西や九州をはじめアメリカ・フィリピン・タイ・マレーシア・ベトナム・ヨーロッパ・中国・インドと世界各地を飛び回るスーパービジネスマンになる。また子会社への出向経歴もあり、ワイン事業や音楽産業といった異業種にも深く関わった。英語が堪能な為、海外赴任や通訳等への抜擢も多い。
会社員としての職務の他、取締役編からは中国の売春組織の壊滅(このエピソードには幽霊退治も含まれている)やインドにおけるテロ勃発の察知、取引先企業のオーナーの腹心の反社会的行為を突き止めたりと多方面に行動している。専務編においてはソムサンとの五洋電機をめぐるM&A合戦において中心的役割を果たした。その後初芝・五洋両社は経営統合される事となり、持株会社として「初芝五洋ホールディングス」が設立され、初代社長に就任する(なお、社名およびブランド名は2010年より「TECOT」に統一された)。
社長就任後はブランド統一など様々な分野での構造改革に着手し一定の成果を挙げたものの、社長就任5年間でかねてから抱えていた売上の下降や経営赤字を改善するには至らず、後任に国分を指名し社長を退任し会長に退く。代表権をもつ会長だが院政は敷かず、テコットのことは国分社長に任せ自身は、日本経済連合会・経済交友会に加入し、財界活動が中心となる。経済連では幹事を務め、農業再生委員会に所属している。2015年、日本経済団体連合会入会3年目にして、副会長を打診されるも辞退し、国分社長に引継ぎ自身は経済連を退会する。
スピンオフ「会長島耕作 島耕作のアジア新世紀伝【漫画版】」ではテコット会長職を辞し、自動運転車を開発するベンチャー企業を興す(なお、本編においても自動運転車事業参入へのプロセスは描かれている)。

出典:wikipedia

誕生日:9月9日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【島耕作】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



島耕作についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>課長島耕作のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!