アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

田村ゆかり

タムラユカリ

声優

0

pt

キャラクター紹介

田村 ゆかり(たむら ゆかり、1976年2月27日[2] - )は、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティ。アイムエンタープライズ(事務所)所属。
福岡県出身[2]。公式ファンクラブは「Mellow Pretty」。

声優としては、幅広い声質で様々なタイプのキャラクターの声を演じた[2]。『ひぐらしのなく頃に』での古手梨花では二面性のある役の声を演じ、『極上生徒会』では主人公の蘭堂りのと、人形(パペット)のプッチャンの1人2役を一度の収録でこなした[3](ランス・ビーン登場時は1人3役)。『勇者シリーズ』では唯一、女性勇者ロボの声も担当した。『R.O.D -THE CD-』では、西園はるひ、西園なつめ、西園あきえ、西園ふゆひこの1人4役をこなす。『ねこだもん。』では、全13話すべて違うキャラクターの声を演じた。
歌手活動では、恋愛を「永遠のテーマ」としている[4]。元気で明るい曲調を定番とする[5]が、ジャズ風の曲やラップの入った曲があるなど、曲調は多彩である[6]。声優である自身の声を活用することが重要との考えから、バックコーラスには自身の声を使用している[5][7]。コンサートでは衣装・ぬいぐるみなどによる視覚効果の高い演出がなされており[7]、観客との一体感が強い[8]。
声優・歌手双方に関連する活動として、『魔法少女リリカルなのは』シリーズなどのアニメでは声優として主演するとともに、テーマソングを担当した。また、テレビアニメ『のうりん』作中では、自身のコンサートの様子をパロディ化したシーンを演じた[9]。
ラジオパーソナリティとしても活動しており、「田村ゆかりのいたずら黒うさぎ」は2003年4月から2016年3月までつづく長寿番組となった。2006年には、文化放送A&Gゾーンにおいて聴取率1位を獲得した[10]。

幼少時は松田聖子や『魔法の天使クリィミーマミ』といった、アイドルに憧れていた[11]。小学校時代は高い声がコンプレックスで、わざと低い声をだして友達と話していた時期があったという。声優になったのは、小学校4年生の時に国語の授業の朗読を褒められたのが影響[11]。
商業高校に進学した後は、演劇部と漫画研究部に所属し、またアイドルの養成所にも1年半通っていた[12]。
高校卒業後、地元の一般企業で働きながら代々木アニメーション学院福岡校に通う。その頃、KBCラジオの深夜番組「中島浩二アワー THE3P」のアシスタントを担当していた時期もあった。代々木アニメーション学院では課程を修了するもデビューはできず、勤めていた会社を退職し上京。日本ナレーション演技研究所に入所し、のちにアーツビジョン所属となる。養成所の先生が音響監督を務めたPCゲームに、端役のウェイトレス役の声で出演させてもらったのが声優デビューだったという。
デビュー時は声優としての仕事が少なく、歌手としての仕事の方が多かったため、声優としてのあり方に悩んだ時期もあったという[11]。高い声がコンプレックスで友人関係がうまくいかず[11]、養成所でのいじめ[13]、長い下積み生活[14]といった様々な苦労を乗り越えたという[11]。
1996年に文化放送『SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン』内で結成された「ドリカンクラブ」の一員となる。1999年には、その中から堀江由衣とユニット「やまとなでしこ」を結成した。
1997年、シングル「勇気をください」でCDデビュー。これを含め、1999年までに4枚のシングルとミニアルバム『WHAT'S NEW PUSSYCAT?』をポリグラムから発売した。ただし公式サイト内の分類では、ミニアルバムはオリジナルCDとされているが、シングルに関してはオリジナルCDとはされず、キャラクターCDとなっていた[注 1]。
2001年4月、公式ファンクラブ「Mellow Pretty」(運営は株式会社モストカンパニー、東京都新宿区[15])を設立。
2007年1月1日付でアーツビジョンからアイムエンタープライズに移籍[16]。同年4月に、所属レコード会社をコナミデジタルエンタテインメントからキングレコード(第三クリエイティブ本部→キング アミューズメント クリエイティブ本部担当)に移籍。
2008年3月、声優としては椎名へきる、水樹奈々に次いで3人目の日本武道館コンサートを開催[17]。8月30日にさいたまスーパーアリーナで、アニメソング最大規模のライブ・アニメロサマーライブ2008に出場。
2010年1月16日に自身初の横浜アリーナでのコンサートを開催。ランキングの経緯としては、2005年に発売したシングル「Spiritual Garden」がオリコン・週間シングルチャートで10位[18]となり、初のオリコントップ10入りとなる。その後も、「Princess Rose」が第6位[19]、「星空のSpica」が7位[20]、「Tomorrow」が第6位[21]、「You & Me」が7位[22]、「My wish My love」が5位[23]を記録。アルバムでは「シトロンの雨」「螺旋の果実」がともに自己最高の第6位[24]を記録した。
2013年5月20日に、「田村ゆかり LOVE♥LIVE *Fall in Love* 2012.10.18 at YOKOHAMA ARENA」のBlu-ray版ジャケットの猫耳姿をモチーフとしたねんどろいどが、6月22、23日に埼玉スーパーアリーナで開催される2DAYSライブ「田村ゆかり LOVE♥LIVE 2013 *Cute'n♥Cute'n Heart*」にて販売された[25]。
2016年2月10日にアイム・キング両者名義で「田村ゆかりのいたずら黒うさぎを3月いっぱいで終了」「FC運営会社変更」などの発表を行った。当初その理由に関しては明らかにされなかったが、2月13日に「本人の意向から、3月20日をもってキングレコードとの専属契約を終了」によるもの、とされた[26]。
2016年8月1日より、所属事務所をアイムエンタープライズからアミュレートに移籍する予定[27][28]。

取得資格は県商珠算検定2級・全商簿記実務検定2級・全商商業経済検定3級・全商情報処理検定2級・日本損害保険普通資格がある[29]。
ラジオなど、音声メディアの前では「ゆかり」という一人称を使っている。親しい間柄の人物と会話する場合は「あたし」を使う。雑誌等の活字メディアで使われる一人称は「私」。光GENJIの佐藤寛之のファンであり、2009年に札幌で行われた田村のコンサートにはゲストとして登場した[30]。2013年ごろからは蘭寿とむ[31]や柚希礼音[32]を中心に、宝塚歌劇団に興味を持つ。
趣味・特技はリボン結び、猫寄せ、お菓子作りなど。料理は苦手としており、自炊をしても飽きることが多いというが自分で料理をすることが増えている。また、世間で流行っているものを苦手としているが、マック・ネット知識については詳しい。主にロリータ・ファッションを好む。ゲーム好きであり、『ファンタシースターオンライン』、『モンスターハンターシリーズ』、『ファイナルファンタジーXI』、『ファンタシースターシリーズ』、など多岐に渡り、近年では様々な人と通信をして親交を深めている。他にも『桃太郎電鉄』、『ドラゴンクエストII』、『ドラゴンクエストIX』にハマり、『火の鳥 鳳凰編 我王の冒険』と『テトリス』を得意とする。
人見知りな性格で、植田佳奈から麻雀に誘われたときも、植田とは仲が良くても他の参加者に知らない人がいるかもしれないために行けなかった。打ち解けた仲の相手をからかうことはよくあり、『D.C. 〜ダ・カーポ〜 初音島放送局』では松来未祐を「まつらいさん」と呼び続け、『かしましらじお』では事あるごとにゲストの浅野真澄を、堀江由衣・植田佳奈と共に弄り倒していた。しかし、本人の性格は「ドM」であると発言している[33]。
愛称についてはいろいろな呼称がある。ファンの間で一般的に用いられるのはゆかりん(同業者では伊月ゆい・三瓶由布子・中原麻衣他)だが、同業者の間でも呼び方が様々でたかはし智秋や浅川悠などは「ゆかり」と呼び捨てしたり、水樹奈々・小清水亜美・広橋涼・釘宮理恵からは「ゆかりさん」と呼ばれたりしている。この他にも堀江由衣からは「ゆかりたん」、生天目仁美と新谷良子からは「ゆかりちゃん」などと呼ばれている。また、自身はゆかり王国の姫と言う設定があるため、沢城みゆきからは「姫」[34]、喜多村英梨からは「(田村)ゆかり姫」[注 2]、新谷良子は本人がいない所では稀に「隣国の姫」[注 3]と呼んでいる。
ラジオのアシスタント時期にお世話になった中島浩二に感謝の意を述べており、「声優」としてではなく「歌手」として中島のラジオにゲスト出演することを望んでいる[13]。
2015年J2の終盤戦頃から地元福岡のクラブチーム「アビスパ福岡」の応援を始めた。元々家族がサポーターだったことも影響している。J1昇格プレーオフも視聴し、アビスパのJ1昇格を見届けた。2016年も継続して視聴・応援。スカパー!で配信されたアビスパスペシャルムービーでは「スカパー!アビスパ福岡公認サポーター」となり、出演が決まった際には「私、声優でよかった」と発言している。

出典:wikipedia

誕生日:2月27日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【田村ゆかり】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



田村ゆかりについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>声優のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!