アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:gzjさん

メロ

メロ

DEATH NOTE

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

1989年(アニメ版では1992年)12月13日生(20歳→21歳) 身長171cm 体重52kg 血液型 A型 好きなもの「チョコ」嫌いなもの「自分より優れたもの」本名はミハエル・ケール(Mihael Keehl)。第二部のメインキャラの一人。ワタリが建てた、Lの後継者を育てるイギリスのウィンチェスターにある孤児院ワイミーズハウスで育った少年。ニアと同じくLの後継者候補の一人で、No.2の位置にいた。ニアには劣るが優秀な頭脳と卓越した行動力を持つ。活動的で大胆な性格。自分より優れた者(ニア)に対しては徹底して対抗心を見せる、負けず嫌いな人物である。目的達成の為なら犯罪行為も厭わず、時には感情的な行動を見せるが、ノートと人質との交換取引の際にはフェアなやり方で進めたり、仲間の犠牲を悔やむなど、良心的な一面も見られる。特徴として黒いエナメル素材の奇抜でスタイリッシュな服装をしている。板チョコを好んで、常にかじっている。行動力、思考、雰囲気など、ニアと比べて対照的な人物である(一人称は「俺」であるが、ワイミーズハウスにいた頃は「僕」で通していた)。L亡き後は、自らの意思でそれ以前から超えられない壁でありコンプレックスを抱いていたニアにLの後継者の座を譲り、ワイミーズハウスを去って行方をくらました。その後、「ニアよりも先にキラを捕まえ、一番になること」すなわち「自分の上に立つものを排除する」目的から、敵対組織のボスの首を持参という大胆な手段でロッド・ロス率いる米国マフィアの上位組織に入る。卓越した実力からロスに気に入られ、その手腕で組織を掌握。ファミリーを従え、世界を牛耳るマフィアの中心人物として暗躍する。キラによるマフィア壊滅後は同じワイミーズハウスの出身者であるマットを仲間に入れ、リドナーとコンタクトをとりながらキラを追い、キラを間接的に追い詰めていく。ちなみに本作のノベライズである『ロサンゼルスBB連続殺人事件』の語り手は彼である。高田清美を拉致したが、事前に月からメロの本名を聞いていた高田によって、長野県の軽井沢町付近の教会にてノートの切れ端に名前を書かれ、2010年(アニメ版では2013年)1月26日に死亡。遺体は自殺した高田と共に身元不明として発見された。実はこの行動は、メロがリドナーからニアの作戦の情報を入手した際月の策に気づき、ニアにそれを気づかせるために行った事で、高田がメロの本名を知らなかった場合最後に勝っていたのは彼であったといえる(尤もニアは「メロがそれに気付いていたかは解らない」と言っている)。彼の行動によって、魅上が動いた事でニア側が本物のデスノートの存在に気付き、月が魅上の独自の行動に気付かなかったため、ニアの勝利に結びつく事になる。最期のメロの行動については、13巻で「後戻りできなくなったメロは暴走し始める」と説明されている。作者の小畑健は「死んでしまったのは、本当に残念でした」とコメントした。実写映画版では登場しない。『バクマン。』の4コマではチョコレート繋がりでゲスト出演している。

出典:wikipedia

誕生日:12月13日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
メロとは?(DEATH NOTE)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ニアと同じくLの後継者の1人。ニアには劣るが優秀な頭脳と、ニア以上に卓越した行動力を持つ。活動的で大胆な性格、自分より優れたものに対して対抗心を見せたりと負けず嫌い。

年齢

19~20 歳

誕生日

12月13日

性別

好きな食べ物

チョコレート

声優

佐々木望

星座

射手座

身長

171 cm

体重

52 kg

血液型

A 型

髪の色

髪型

ボブ

職業

探偵
Lの後継者候補から真のNO.1を目指す者「メロ」の魅力とは?『DEATH NOTE』
【画像】メロ(DEATH NOTE)
 第2部から登場したLに次ぐ探偵。キラによる殺人を止めたいという動機ではなく、Lが果たせなかったキラの確保を代わりに果たすという信念の下に動きます。一見するとマッシュルームカットの幼い坊やですが、内に秘めているものは複雑です。
劣等感の塊
 メロは、Lの後継者を育成する孤児院で育ちました。孤児院ではニアに次ぐNO.2の座におり、目の上のたんこぶともいえるNO.1のニアを毛嫌いしています。後継者を決めないままLが死んでしまったため、ニアと組んでLの後を継ぐよう打診されますが、自ら後継者の椅子をニアに譲り、自分の力で生きて行くと言い残し施設を去ります。この時点で若干14歳。ただし、ニアに比べて活動的であったため、友達と遊ぶのはメロの方が上手だったと思われます。

 キラ確保については「Lの敵を討つ」よりも、「ニアよりも先に捕まえる」という動機の方が強く、その為にアメリカのマフィアに単身乗り込んで組織を掌握するという大胆な手法を使いました。
Lの後継者として
 ニアは、メロのことを「冷静さが足りない」「感情的になりすぎて肝心なところを見落とす」と語っています。実際メロには感情で動くところが多く、Lの死を聞かされた時も動揺したのはメロの方でした。とはいえ、Lの後継者に名前が上がった以上その頭脳は明晰であり、「メロの言うとおりにしていれば間違いない」と部下に言わせるほど信頼は厚く、死神のシドウも簡単に自分の仲間に引き入れてみせたりも。(シドウの考えが浅はかだったというのもありますが・・・)

 格好は黒いパンクファッションが多いですが、大のチョコレート好きでもあるので常にチョコレートを携えている姿が定番です。好物だからというわけではなく、脳のエネルギー源がブドウ糖である事から、手軽な栄養補給源としても好きなのではないかと思われます。Lもよく手元におやつを置いて推理をしていましたね。2人の数少ない共通点です。
最期の最期に・・・
 キラの崇拝者である高田清美によって殺され、しかもその遺体は身元不明扱いとされました。手厚く葬られることは望んでいなかったでしょうが、物語の重要キーパーソンとしてはあっけない最期を遂げる事になります(ちょっと可哀想・・・)。

 しかし、死の間際にメロが起こした行動は、結果的にニアに1つのひらめきを与え、月がキラであるという事実を白日の下に晒す要因となりました。最期までNO.1にはなれませんでしたが、1人ではなく「ニアと一緒に」NO.1になることは出来ました(それでも彼はあの世で1人でNO.1になりたかったと思っているかもしれません)。

 ニアが「静」ならメロは「動」。多少強引な性格も垣間見えますが、決して単なる悪党とは呼べない、魅力あふれるキャラクターだったのではないでしょうか。
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社

記者(あきにゃん【公式】さん)

関連画像

euniceさん
0 pt
まーしゃさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



メロについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>DEATH NOTEのキャラクター 一覧
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!