アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

Dボウイ

ディーボウイ

宇宙の騎士テッカマン...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 森川智之、林原めぐみ(少年時代)
本作の主人公。血液型はAB型。アルゴス号の乗組員だったが、ラダム母艦に遭遇し、テックシステムに取り込まれる。しかし、洗脳される前に父・孝三に救出され、アルゴス号の脱出ポッドに乗せられて地球へ帰還。打倒ラダムとラダムの兵士にされてしまった家族や同胞を自身の手で討つべく、スペースナイツに所属し、ラダムに戦いを挑む。
スペースナイツとの遭遇当初、記憶喪失を装い本名を名乗らず、無茶な行動ばかり取ることから「デンジャラス・ボウイ」略して「Dボウイ」という渾名をノアルに付けられた。妹・ミユキとの再会を機に自らの素性やテッカマンとしての秘密を周囲に明かしたが、その後も仲間からはDボウイと呼ばれている。左目の辺りには、ダガーに付けられた傷痕が縦に走っている。
タカヤであった頃は明朗快活で誰からも好かれ、ミユキ曰く「人一倍寂しがりや」だったが、Dボウイになってからは使命感の重さゆえに無口で無愛想な性格に変化。しかし、スペースナイツの仲間たちとの交流で性格は多少は軟化していった。
不完全なテッカマンながらも戦い続けていくが、不完全のツケが生じて、変身に耐えられなくなってしまう。不完全さを補うべく、余命半年を承知でブラスター化を行い、不完全なテッカマンであったことから短命化は避けられたものの、今度はテッカマンに変身する度に記憶を失うようになってしまった。その為、記憶を失っても打倒ラダムの意志を忘れないために、実家に戻って家族との思い出を辿ったことで、ラダムへの怒りと憎しみを新たにした。
最終決戦ではエビルとの地球全土を駆け巡る激闘を制し、彼のクリスタルを用いて月面に向かう。しかしその途中で作り出したクリスタルフィールドの力の影響で全ての記憶を失ってしまう。それでもラダムへの怒りと憎しみだけで立ち上がり、兄であるオメガを倒し、ラダムとの戦いに終止符を打つ。戦い終えた後、廃人と化し、車椅子に座りながらの療養生活を送るが、肉親殺しという過酷な戦いを終えた彼は共に過ごすアキの支えもあって、穏やかな笑みを浮かべるようになった。
続編の『II』にも登場する(詳細は当該リンクを参照)。
「Dボゥイ」と「ウ」を小文字で表記する場合もある。
担当声優の森川は、ボルテッカのシーンのアフレコで絶叫しすぎてしまい、マイクを壊したことが二度ある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【Dボウイ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



Dボウイについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>宇宙の騎士テッカマンブレードのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!