アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

ルシール・ベルヌイユ

ルシールベルヌイユ

からくりサーカス

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

「最古のしろがね」として、多くの戦いを生き抜いてきた女性。
懸糸傀儡「ムジンニィ」を操るが「しろがね」としても高齢であり、極度に集中力を要する人形を使っての長時間の戦闘は出来ない。そのためか、ムジンニィを失って以降は新しい人形は使わず、大口径のSAWや仕込み刀、サーベル、ドリル等を振り回して戦っていた。
目的のためなら人間的な感情を捨て去り非情に徹する。永い時を生きてきたこともあり、感情の起伏に欠ける。しかし、その根本は母としての優しさに溢れた女性であり、かつては自分の娘であるアンジェリーナに幸せになってほしいと、あえて冷たく突き放し、「しろがね」の前線から外した。実は血縁上フランシーヌの姪にあたるが、本人はアルメンドラ(イヴォンヌ)に知らされるまでは知らなかった模様。エレオノール(しろがね)に人形繰りを教えたが、彼女が自分の孫だとは最後まで気づかなかった。
フラーヴィオにさらわれたタニアを助けるために後を追い、タニアが作り出した隙を見て襲撃するが、逆に追い詰められ、鳴海の援護によって助かる。その後はギイ、鳴海と共に世界を巡る旅に加わることになる。
鳴海らと共に旅をするようになってからは、どこか鳴海とミンシアを我が子のように思っていた節があり、「しろがね」と自動人形との最終決戦において、ミンシアがゾナハ病に罹らぬよう、強引に自分の血を飲ませるなど、不器用ながらも彼らを心配する行動が見られる。
最終決戦にて、自らの永きに渡る戦いに終止符を打つ。彼女が望んだ復讐は、実は真夜中のサーカスでもなければフランシーヌ人形でもなく、息子を殺したドットーレただ一体を完全に破壊することだった。最終決戦ではアンジェリーナ人形の命令によって動けなくなったドットーレに「フランシーヌ人形なんて関係ないと言えば動けるようになる」と教え、命を奪われてしまう。しかしこれこそがルシールの復讐であり、「フランシーヌを笑わせる」という存在意義を自ら否定したドットーレは肉体が崩壊しブラックボックスそのものが破損したため二度と生き返ることはなかった。
なお、フェイスレスに関してはそのやり方自体を嫌っており、彼の素性を疑っていたようだが、裏の顔までは見抜けなかった。またアンジェリーナの体内に「柔らかい石」を隠し囮として利用したことについては「自分が命令してやった」と主張していたが、実際は仲間の二人が勝手に行った作戦であり全てを知ったときには手遅れとなっていた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ルシール・ベルヌイユ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事

ルシール・ベルヌイユについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>からくりサーカスのキャラクター 一覧
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!