アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ガーゴイル

ガーゴイル

ふしぎの海のナディア

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 清川元夢
ネオアトランティスの首領。尊大にして傲岸不遜、野望達成のためには、自分の部下でさえ平然と殺す非情さと、卑劣な手段すら合理的に事を進めているだけと言い切る冷酷さを持つ男。指示の合図としてフィンガースナップを使うことが多い(ただし、基本的に手袋を着用しているため、どのように音を出しているかは不明)。
自らを「アトランティス人の末裔」「神」と称し、人間を愚かな下等生物と見下してアトランティス人の下僕(本来の位置)に戻そうとしていた。かつてアフリカにあったタルテソス王国の宰相でネモの友人でもあったが、クーデターを起こし王妃(ネモの妻、ナディアとネオの母)を暗殺。王国を乗っ取り、バベルの塔を稼働させるも、ネモの妨害で頓挫。バベルの塔は崩壊し自爆、タルテソス王国は滅亡してしまう。以降、自ら率いる組織ネオアトランティスによる野望達成を目指していた。
最終話において、最後の光を放つブルーウォーターを止めようと「アトランティス人以外その中で生きられない」光に触れたとき、自らの体が塩に変わっていったことで、自分もまた「愚かな下等生物」人間だったことを知り、驚愕と失意の中、ネモに別れを告げながら塩の柱と化していった(その一瞬だけ仮面が割れて素顔が見え、「人間として描かれた」)。「人道主義極右」として知られていたジュール・ヴェルヌ[17]の分身と見る説もある。[要出典]。
ネモの持っていたホログラムでも宰相時のガーゴイルが映っている。 DVD-BOX(2001年版)の箱絵には仮面を外したガーゴイルが描かれている。
派手な赤いダブルの背広がトレードマークであるが、終盤になると別の服(赤いボディスーツ状の服、仮面と一体化した銀色のプロテクターに赤黒いマントを羽織る)に着替える。
メガドライブ版ゲームでは、最初は外の世界に憧れていて、外の世界へ旅をしていたネモの話を聞いて居ても立ってもいられなくなり、家族で世界旅行を決意したが、旅行中不運にも盗賊団に襲われ、妻子を殺害された挙句自身も顔に深い傷を負ったため、悲しみと絶望のあまり人間への復讐を決意したという設定になった。仮面の下の容貌も異なり髭を蓄えている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ガーゴイルとは?(ふしぎの海のナディア)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

圧倒的カリスマを誇るネオ・アトランティスの首領「ガーゴイル」の魅力『ふしぎの海のナディア』
【画像】ガーゴイル(ふしぎの海のナディア)
 1889年のヨーロッパを舞台に、古代アトランティス人の遺産である超科学をもって世界征服を企む秘密組織「ネオ・アトランティス」。組織のトップである「ネオ皇帝」を除いた全メンバーが素顔を仮面で隠し、陸や海上での通商破壊工作による市場操作や組織の科学力によって生み出された兵器群の密売で莫大な資産を築き、劇中でアメリカ連合艦隊に情報を流すなど、強大な影響力を持っています。

 そのネオ・アトランティスを纏める首領「ガーゴイル」は、自らを「アトランティス人の末裔」と自称し、人間を下等生物と見なし、本来の形であったアトランティス人の下僕に戻そうと画策します。そんな非情なイメージの強いキャラクターである「ガーゴイル」の魅力とはいったい何なのでしょうか?
野心に燃える元タルテソス王国の宰相
 ガーゴイルは、かつてアフリカに存在していたタルテソス王国の宰相でした。ナディアの父「ネモ」が国王として治めていたタルテソスでガーゴイルはクーデターを引き起こし、ナディアの母である王妃を暗殺します。その後、一撃で島を吹き飛ばす程の絶大な威力を誇る軍事兵器「バベルの塔」を稼働させますが、ネモの妨害により頓挫しバベルの塔は崩壊し、その影響でタルテソス王国は崩壊してしまいます。リベンジに燃えるガーゴイルは以降、生き残ったナディアの兄ネオを皇帝として祀り上げ、ネオ・アトランティスを組織し、世界を征服するため暗躍していきます。一度の失敗で懲りずにまた世界を征服するという野望を掲げる彼の器の大きさには驚かされます。
命令や攻撃指示はフィンガースナップで
 ネモやナディアに攻撃を仕掛ける際や、作戦を遂行できなかった部下を処刑する時にガーゴイルは、フィンガースナップで合図するのが特徴的です。白い手袋を着用しているにも関わらず、パチンッという高い音をどうやって出しているかは不明ですが、その姿はまさに“冷酷な悪のカリスマ”という雰囲気を醸し出していてとてもカッコいいですよ。
不気味な仮面で隠されているその素顔とは?
 初登場からタルテソス王国時代の回想のシーンまで顔を隠し、詳しい人物像が全く掴めず謎に包まれていたガーゴイルですが、最終回のネモたちとの直接対決の場面でようやくその素顔を露わにします。ネモが乗る発掘戦艦「N・ノーチラス号」の女性クルー「エレクトラ」がピストルをガーゴイルめがけて発砲し、仮面がその時に一部破損します。その時に初めてガーゴイルの素顔が目元の部分だけさらけ出されるのですが、褐色の肌色をした推定40~50代ほどのダンディーな男性でした。
アトランティスの幻想にとり憑かれた者の哀れな最期
 アトランティス人の末裔としてナディア達の前に立ちふさがってきたガーゴイルですが、最後はナディアの持つアトランティス人の遺した石“ブルーウォーター”の光を浴びて塩と化して死亡します。ブルーウォーターの発する光はアトランティス人以外が浴びてしまうと全身が塩となってしまうのですが、この最終局面で、ガーゴイルが実はただの人間だったことが発覚します。今まで人間を下等な生き物と蔑み、アトランティス人の末裔として統治しようとしていた彼自身が実は人間だった・・・。ガーゴイルにとってこれ以上の悲劇はないでしょう。そんな哀れな末路を辿ってしまうガーゴイルですが、完全に塩と化す前に過去に友人の関係でもあったネモに別れの言葉を投げかけます。死を目前にし、人間としての心を取り戻したといえるこのシーンは、悪に徹していた今までのガーゴイルのイメージを覆すとても印象的な場面です。
(C)NHK・総合ビジョン
 >>> ふしぎの海のナディア VOL.02 [DVD]

記者(【公式】ザッキーさん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ガーゴイル】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ガーゴイルについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ふしぎの海のナディアのキャラクター 一覧
170回
169回
168回
167回
166回
165回
164回
163回
162回
161回
160回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!