アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

相田マナ

アイダマナ

ドキドキ!プリキュア

0

pt

キャラクター紹介

声 - 生天目仁美
本作品の主人公である14歳の少女[13]。後ろ髪がカールしたマゼンタ色のハーフアップポニーが特徴。8月4日生まれのしし座[注 2]。大貝第一中学校の生徒会長を務めている。
一人称は基本「あたし」。二人称では幼なじみの六花とありすを呼び捨て、亜久里を「亜久里ちゃん」、真琴を愛称の「まこぴー」と呼んでいる。
私服はピンク色のものを着用し、薄紫色のニーソックスに靴を履いている。夏期には黒のスパッツを着け、靴を素足のまま履いている。
活発で、親友の六花から「愛をふりまきすぎ」「しあわせの王子」などと揶揄されているお人好しで、困っている人を放っておけない性格。めんどう見がよく、周囲からも信頼されている。
成績優秀かつ運動神経も抜群だが、型破りで頭で考えるよりも手や足が先に動くタイプなために軽率な行動を取ることがあるため、六花から注意されている[注 3]。また、好奇心が強い[注 4]。
六花とありすに「寝る子も起きる」と評されるほどの音痴で、六花たちとシャルルたちには不評とされている[注 5][注 6]上に、本人は無自覚である[注 7]。
隠しごとをするのが苦手で、ウソをつくと髪をいじる癖がある[17][注 8]。絵も茶道も苦手で、乗り物に酔いやすい体質でもある。
自宅は洋食屋「ぶたのしっぽ亭」を経営しており、自身も料理が得意。祖母のいすずはマナが小学生の頃に病気で他界しており、現在は父の健太郎・母のあゆみ・祖父の宗吉と4人で暮らしている。また、マシュマロというペットがいたが、交通事故で他界している。
レジーナには当初振りまわされていたが、悪意がないレジーナに対して興味を抱いていく。ついにはレジーナに愛情をもつようになり、レジーナがいないと落ち込むほどにまで大切な存在になる。
ジコチューとの戦いが終わったあとは、内閣総理大臣からも頼られている存在になる。
「キュンキュンする」「キュンキュンだよ」が口癖。字幕の色は黄色。
作品上名前は「マナ」とカタカナ表記になっているが、本来は漢字で「愛」と書く[18]。劇場版では小学生時代のノートが出てきた際やマナが生まれたときに五十鈴が命名した際に漢字表記が見受けられる。

出典:wikipedia

誕生日:8月4日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【相田マナ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事

相田マナについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドキドキ!プリキュアのキャラクター 一覧
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!