アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

鍵村葉月

カギムラハヅキ

メルヘン・メドヘン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 楠木ともり
本作の主人公。『ヘクセンナハト』日本校メンバーの一人で妄想過多なぼっち少女。幼い頃に母親を亡くしており、父親は海外へ単身赴任中のため、現在は継母・冴子と継姉・美沙と3人で暮らしているが、家族仲はあまり良好ではない。状況を問わず空想・妄想にふける癖があるが、これは亡くなった母親がよく言っていた「自分の『物語』を見つけなさい」という言葉を考え抜いて辿り着いた結果である。普段は辛い状況・苦しい状況を空想で紛らわせているが、それでも処理しきれなくなったときは本を読むことで物語の世界に逃げ込み現状を逃避する悪癖があり、葉月はこの悪癖を『物語症候群』と呼んでいる。
土御門静と出会い彼女の後を尾行したことで『クズノハ女子魔法学園』へと迷い込み、そこで学園長から自分が『シンデレラ』の『原書』と契約したメドヘンであると知らされる。自分が求めてた非日常、そして静と友達になりたいという思いから学園へと仮編入(原作2巻で転校)する。メドヘンが最初に覚える魔法である『ブーフ・ヒュレ』は使えないのに大量のカボチャを召喚したり(召喚の際に用いた杖はオモチャであり、本来は「光と音が出るだけ」代物)、カボチャに意思を持たせるなどの高等魔法を使いメドヘン三強の一人である静をして「異常」と身震いさせている。
1巻中盤でカザンから『ヘクセンナハト』について知らされ、静が「戦力としての自分に期待している」と落ち込む。その後、温泉でのアーサーとの会話、カザンの襲撃、静から突き放されたなどの理由から『シンデレラ』との契約を破棄し学園を去るが、学園長から自分より前に『シンデレラ』と契約していたメドヘンの話を聞き、自分だけの『物語』を見つけるために日本校と諸国連合で行われていた『ヘクセンナハト』の予選に乱入。封印状態にあった『シンデレラ』と再契約し「誰も傷つけず、不幸にしない、飛び切り優しい結末」を迎えるために『シンデレラは振り向かない』に『原書』を書き換え、固有魔法『ガラスの心(グラスハート)』でカザンと和解し『ヘクセンナハト』予選を突破。その後、改めて静と友達になる。
ややネガティブな思考回路の持ち主であるものの、その心優しさなどから作中の登場人物のほぼ全員から好感を抱かれていおり、また物語が進むごとに静とは友情を深めている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



鍵村葉月についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>メルヘン・メドヘンのキャラクター 一覧
180回
179回
178回
177回
176回
175回
174回
173回
172回
171回
170回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!