アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ma!さん

鷹城唯子

タカシロユイコ

とらいあんぐるハート...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

誕生日 - 12月19日(いて座)、身長 - 174cm、スリーサイズ - 86/60/89。2年A組。真一郎と小鳥の幼馴染で、3人一緒に行動する事が多い(また、『とらハ2』の岡本みなみとも高校入学以来の親友で、彼女も加わることがしばしばある)。天真爛漫かつ極度の天然ボケで、性格や独特な言動から受ける印象は子供っぽい。その社交的な性格から友人が多く、また意外にも物事のコツと要領をつかむのが上手いので学業成績も優秀。一方で二人と対照的に家事は苦手で、しかもとてつもない食いしん坊。同じく大食漢のみなみと共に逸話がたびたび描かれている。真一郎とは小学2年の際に空手道場で知り合い、天狗になっていた真一郎をコテンパンにしてしまう。翌年に引っ越してきた小鳥と知り合い3人の関係が始まるが、小学4年の時に真一郎の彼女の座をめぐって小鳥と大喧嘩となったのを機に二人は無二の親友となる。今の髪型はやや特徴的なポニーテールであるが、これは喧嘩から和解した時に伸ばし始めたもので、子供時代はショートカットである。以来、真一郎への思いを胸のうちに秘めながらも三角関係的な幼馴染づきあいが続いているが、ガサツで女性としてはかなりの長身なのが密かにコンプレックスとなっており、真一郎よりも背の高い自分よりも、女の子らしい小鳥の方が真一郎には似合うとのあきらめにも似た複雑な感情も併せ持つ。中学2年に護身道に転向し、空手の素地と天性の運動神経で急成長するが、道場を出るととたんに気弱になってしまう。そのため部長の瞳曰く、性格的な問題から実力を出し切れていないと評される。唯子にとって瞳は超えなければならぬ壁と認識していたが、結局、最後まで勝つことが出来ず、大会でも瞳が居ない最終学年以外は常に準優勝に終わったことから“無冠の女王”とすら呼ばれた。大学へは真一郎や小鳥と別れ、推薦で体育大学に進学するが、そこでアスリートとしての限界を感じて教員志望に転向。『とらハ3』の前年に私立海鳴中央に体育教師として赴任し、保健資格があったことから先天疾患を持つ鳳蓮飛(レン)の担任を3年間務める。この頃には独特な口調は影を潜め、教員としてふさわしい性格に成長しているが、生徒の自由意志を尊重する教育方針もあって友達感覚で慕われているなど、気さくな人柄は健在である。なお、ゲーム6編9作品すべてに登場した唯一の人物でもある。

出典:wikipedia

誕生日:12月19日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

かえるさん
0 pt
ごはんさん
0 pt
houmiさん
0 pt
てかさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【鷹城唯子】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

鷹城唯子についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>とらいあんぐるハートシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!