アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

巽幸太郎

タツミコウタロウ

ゾンビランドサガ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 宮野真守[8]
アイドルプロデューサーを名乗る謎の青年。存在が風前の灯火となっている佐賀県を救うべく、さくら達をゾンビとして復活させ、アイドルとして活動させる。
性格は非常に破天荒かつ適当で、ミーティングでは毎度のようにさくら達に挑発的な態度で絡み、ときにサキや愛から制裁を食らっている。また、グループ名が「フランシュシュ」と決定するまでライブ毎に「デス娘(仮)」や「グリーンフェイス」と変えたり、初めてのライブで何の準備もなくヘヴィメタルを歌わせたりと、方向性や趣旨が定まっておらず、それでも認知度が上がればいいかと全く気にしていない。このため、さくらを除くメンバーからの評価は悪い。
一方で、プロデューサーとしての実務については真摯かつ万能。佐賀県内の宿泊施設や商工会などに働きかけたり、企業にタイアップなどを呼び込んだりと裏ではしっかりと営業活動をしている。ときにはアイドル経験者の純子や愛に自身のコンセプトを語ったり、暴走族の抗争に乱入したサキに「暴力沙汰のような非行はアイドルにとって致命的」と叱責し諭すなど、真面目な態度でメンバーと接することもある[注釈 61]。
芸術面でも多彩な才能を持つ。作中に登場する楽曲の作詞・作曲[注釈 62]を自ら手掛けており、ラップバトルではボイスパーカッションで場を盛り上げた。またハリウッド直伝の特殊メイク技術を持ち、ライブなどの活動ではさくら達がゾンビだとバレないようにメイクを施している。ダンスについてもベースは彼が考えるが、アレンジに関してはフランシュシュのメンバーに任せている。
一方で、第5話のガタチャリに個人出場した際には緊張からか「…がんばります…」と小さな声で話すだけでインタビューを終えたり、グッズのデザインやホームページのセンスが壊滅的にダサい[注釈 63]など、ポンコツな一面を晒すこともある。
常にサングラスをかけ、スーツの上着をマントのように羽織っており、ロメロの餌兼ゾンビ達を落ち着かせる為のスルメ[注釈 64]をカーディガンの胸ポケットに常備している。
普段は標準語で喋るが、気分が高ぶると佐賀弁になる。ゆうぎりには「さくらには特別やさしい」と言われており、彼女を化物として殺害しようとした警察官Aを躊躇なくスコップで殴り倒している。
さくらからは「幸太郎さん」、サキからは「グラサン」と呼ばれている。
コミカライズ版では彼視点での物語としてプロデュースに悩む姿も描写されている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【巽幸太郎】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事

巽幸太郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ゾンビランドサガのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!