アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:よしむらさん

高町美由希

タカマチミユキ

とらいあんぐるハート...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

誕生日 - 11月25日(いて座)、身長 - 161cm、体重 - 46kg、スリーサイズ - 84/58/86。恭也の妹、なのはの姉。私立風芽丘学園1年。恭也から御神流を教わっている。御神流正当継承者候補。乱視気味で眼鏡をかけているが剣を握るときは外す。普段はぼんやりとした性格で、似たタイプの神咲那美とは特に仲が良い。暇なときはジャンル問わず多数の本を濫読する文学少女であるとともに刀オタクと言われるほど重度の刀剣マニア。なお、料理は食べられるものが一切作れず、高町家の人間では唯一、厨房に入れない。実は高町家とは直接の血の繋がりはなく、正確には恭也、なのはにとって父方の従姉妹にあたる。剣士としては天賦の才があるものの、もの覚えが悪く『とらハ3』時点では未完成の原石だが、恭也の厳しくも丁寧かつ気の行き届いた鍛錬により徐々に御神の剣士としての階段を上がっていく。旧姓は御神美由希。天才剣士と言われた父・静馬と、不破家の出である母・美沙斗との間の一人娘。3歳の時、高熱を発して母と病院に行った隙に御神宗家が爆弾テロで壊滅してしまい、事情により伯父である士郎の養女となった際、美沙斗は美由希を捨てたと言付けた。これは美由希が母を恋しがらないようにとの美沙斗なりの一定の配慮であったが、結局、士郎は桃子に相当責められた上に美由希自身も長い事、美沙斗を憎む結果に繋がってしまう。 不破姓を経由し高町姓を名乗るようになった頃は(美緒が美由希を輪に引き込む形ではあったが)、たまに『とらハ2』の陣内美緒とも遊んだごく普通の少女だったが、士郎の死を機に御神流の鍛錬を開始。ある時友人に御神の技を見せたとき、通常の剣道とあまりに違いすぎるその技を「卑怯」と罵られたことで友達を作ることにも臆病になり、鍛錬のみに明け暮れる没交渉な生活を送るようになっていった。那美と親友になったのは、素がどこかぽややんとしたところが似ている事のほか、お互いの抱える人には言えない事情を共有できた事が預かって大きい。 「龍」がフィアッセたちを襲撃した事件の際、決死の覚悟で美沙斗を説得して和解、しばらくして恭也から御神流の皆伝が認められた後は、離れていた時間を埋めるが如く母を慕って海鳴と香港を往復する生活を送る。美沙斗も美由希をスピードで恭也を上回る剣士として完成させ、『とらハ3OVA』の頃に独り立ちする。『とらハ3』発売直前に行われた事前人気投票では第6位。

出典:wikipedia

誕生日:11月25日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

ロックフェラー綾さん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【高町美由希】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

高町美由希についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>とらいあんぐるハートシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!