アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:branさん

言峰綺礼

コトミネキレイ

Fate/stay ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

身長:193cm / 体重:82kg / 誕生日:12月28日 / 血液型:B型 / イメージカラー:黒 / 特技:特になし / 好きなもの:悲運 / 苦手なもの:信頼 冬木の言峰教会の神父。今回の聖杯戦争の監督役を務め、神秘の隠匿や退場者の保護などを行い聖杯戦争を円滑に進める役目を持つ。聖堂教会の人間でありながら魔術師でもあり、凛の兄弟子かつ第二の師にしてその後見人である。不遜かつ余裕ぶった態度で、他人の心の傷を炙り出し、いたぶることを好む。心霊医術と八極拳の達人であり、以前は代行者として活動していた。故に代行者を象徴する概念武装「黒鍵」と呼ばれる魔力で編まれたレイピア状の退魔の投擲剣を愛用する。近所の中華料理店、「紅洲宴歳館・泰山」の激辛麻婆豆腐が好物。 教会の思惑を受けて10年前の第四次聖杯戦争に参加しており、その最中に監督役の父から保有していた預託令呪と監督役を受け継いだ後、自らの師であり共闘関係にあった凛の父・遠坂時臣を裏切って殺害している。衛宮切嗣と最後まで争い、彼に心臓を撃たれるも、契約していたサーヴァントを通して流れ込んだ聖杯の中身を心臓代わりに蘇生した(心臓自体はもはや機能しておらず、損傷を受けても致命傷とはならない)。当時の出来事に関しては『Fate/Zero』を参照のこと。生まれつき善より悪を好み、万人が美しいと感じるモノを愛せず、万人が醜いと感じることにしか“幸福”を感じられない欠陥者であり、表に出ない部分では様々な悪行を行っている。欠陥者でありながら道徳を信じ、善であることが正しいとする良識を持っていたため、かつては常識から外れた自分を正し、人並みの幸福を得ようとひたすら苦行や試みを繰り返していたが結局どうあっても正すことはできず、第四次聖杯戦争を機に悪しか愛せない自身を受け入れ、悪を行い快楽を求めながら、同時に悪である自身が生まれた理由を探すようになる。表向きは真っ当な監督役を装っているが、前回の聖杯戦争でサーヴァントとなったギルガメッシュを今も現界させており、今回の聖杯戦争ではランサーのマスターは知人であり魔術協会所属の魔術師バゼット・フラガ・マクレミッツ(Fate/hollow ataraxiaを参照)と知り、魔術協会に聖杯の真実を知られるのが厄介という理由で騙し討ち令呪を奪い、2体のサーヴァントを使役して暗躍する。彼自身は聖杯にかけるべき願いを特に持ち合わせないので、自分の嗜好にあった願望者が聖杯を使うことを望んでいるが、悪として生まれついた自身と「この世全ての悪(アンリマユ)」とを重ねて見ており、"Heaven's Feel"シナリオにおいては、自身や聖杯では出せない「答え」を「この世全ての悪」が出すことを願ってその誕生を見届けようとする。アーチャーとは違った方向から衛宮士郎の歪みを暴く人物である。命は上述のとおり聖杯で繋ぎ止めているためか、次回の聖杯の体現によりその効力は消えて絶命する。その状態は"Heaven's Feel"のラストで現れ、ファンディスクのhollowでどんなことをしても逃れられない絶対の事柄だと語られている。詳しくは『Fate/hollow ataraxia』を参照。

出典:wikipedia

誕生日:12月28日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
言峰綺礼とは?(Fate/stay night)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

神父でありながら悪を愛し、他者の苦痛を喜ぶ鬼畜神父。幼少期はそんな自分に悩み自殺を考えていた。心は歪んでいるが信仰心は本物である。独自の人体破壊術を持つ。

年齢

28 歳

誕生日

12月28日

性別

特技

鍛練

好きな食べ物

紅洲宴歳館・泰山特製の激辛麻婆豆腐

嫌いな食べ物

独り酒

声優

中田譲治

星座

山羊座

身長

185 cm

体重

82 kg

血液型

B 型

髪の色

こげ茶

職業

神父

配偶者

クラウディア

子供

カレン
物語の影の主人公!?戦いの果てに答えを得た男「言峰綺礼」とは?『Fate/シリーズ』
【画像】言峰綺礼(Fate/stay night)
 大人気ノベルゲーム『Fate/stay night』(以下、SN)。その前日談として創られたのが『Fate/Zero』です。SNの主人公・衛宮士郎の義父である衛宮切嗣をメインに、聖杯戦争へと身を投じる者たちの死闘と悲劇を描いたこの作品。SNで重要な人物として登場した、「言峰綺礼」の過去を描いた物語でもあります。Zero時点での綺礼は道徳の大切さを頭で理解しながらも、心では感じ取ることが出来ない人物でした。そんな彼でしたが、勝者の願いを叶える聖杯戦争に参加することとなり、戦いを通じて己の本質に気づきます。 自身の在り方に悩む青年が、戦いを経て自分の道を見つける。この過程を見るに、切嗣と並ぶもう一人の主人公と言えるのではないでしょうか。
道徳を学び修練に励む破綻者
 天邪鬼などという可愛らしいものではありません。言峰綺礼という男は価値観が絶望的なまでに乖離しています。人が美しいと思うものを同じように感じとることが出来ない、目的を持たずどんな理念にも娯楽にも興味を持てない、そんな人物です。

 父・璃正と同じく聖堂教会に属し、幼い頃から修練に励んでいました。その為、道徳、人徳の大切さを頭では十分すぎるほどに理解しています。それにも関わらず、心では一般人と同じように美しい・尊いと感じる事はできない。人間として非常に破綻しています。

 当人も己の異常性には悩まされており、数多くの修練をこなし、危険な任務につくことで解決できないかと考え、様々な厳しい修行・任務に取り組んでいきました。その激しさたるや聖堂協会の面々からも一目おかれるほど。璃正曰く、あんなにもよくできた息子を授かったことが畏れ多いとのこと。実父は、彼が信仰心から試練に挑み続けているとみていますが、それは違います。いかなる試練・修練をもってしても悟れず、自分がまともな人間ではないと嫌と言うほど思い知らされてきました。

 更に彼への追い討ちとなるのが周囲の無理解。誰もが信心深い、優秀で真面目な男としか見ない。本人からすれば、父や亡き妻にさえ「己の空虚な本質」を分かってもらえないという状況に、忸怩たる思いが渦巻いていました。その状況下で、彼は聖杯にマスターとして選ばれ、同じくマスターである遠坂時臣を勝利させるために、聖杯戦争へ参加することとなり、自身の人生に多大な影響を与える衛宮切嗣とサーヴァント・アーチャーに出会う事となります。

 もし仮に、綺礼が人間として異常で無ければ、切嗣を自分と同類の人間だと興味を持たなければ、人の業を愛でるアーチャーの目に留まらなければ・・・『Fate/Zero』の物語で発生した悲劇の大半は避けられたことでしょう。しかし、彼が破綻していたからこそ、Zero、そしてSNの物語は生まれたのです。
驚異的な戦闘能力。本当に人間か?
 言峰綺礼の特徴は内面の異常性に加えてもう一つ。総合的な戦闘能力の高さです。自身の異常性を矯正するために多くの試練を己に課してきた綺礼。その過程で、異端の魔術師を葬る「代行者」にまでなり、死線を何度も潜り抜けてきました。結果として培われた彼の戦術判断・身体能力は常人のそれをはるかに上回っています。

 切嗣の仲間・久宇舞弥の銃弾を袖口で防ぎきる防御力。代行者が使う武器「黒鍵」による強烈な攻撃。アイリの策で樹木に拘束されても樹木そのものを破壊して窮地を脱する荒業。挙句、時間操作魔術により2倍の速さで動く切嗣に対し、それに合わせて動けば対等に戦えるという超理論を展開した上、見事にやってのける化け物じみた芸当。魔術師としての技量は時臣や切嗣に劣りますが、劇中では、それを補って余りある戦闘能力を発揮します。

 サーヴァントにこそ及びませんが、対人戦闘なら十分すぎるほどの力を備えている綺礼。彼の人間離れした戦闘技術は、物語のバトルを盛り上げるのに一役も二役もかっています。特に切嗣との勝負は見ものです。切嗣の戦い方は、魔術師らしからぬ方法で相手の裏をかき、魔術師であるが故の弱点を突いていくものです。つまり、これまでの魔術師とは異なる戦闘スタイルで攻めてくる綺礼は一筋縄ではいきません。その為、綺礼は切嗣にとって、まさしく天敵とも言える存在です。物語終盤で魅せる両者の激闘は、『Fate/Zero』のラストを飾るに相応しい名勝負です。
道を外した先にあるもの
 先述の戦闘技術をもって聖杯戦争に参加した綺礼。戦いが激化する中、彼はこの戦争を通じ、己の本質を理解します。原因は、師匠・時臣が召喚したサーヴァント・アーチャーにあります。アーチャーは、退屈なマスターである時臣から、歪んだ本性と理性の狭間で苦しむ綺礼へと、興味の対象を移していきます。人の業を愛でるアーチャーは、自分が楽しむためにも綺礼が己の業と向き合い受け入れるのを待っていました。

 修練の過程で、道徳を学んできた綺礼。頭で理解することは出来ているので、愉悦の為に生きるのは『悪』だと断じますが、それは違う、愉悦そのものは悪ではないと諭すアーチャー。では何が己の愉悦なのかと考えているうちに、切嗣だけでなく雁夜のバックボーンに興味を示していきます。時臣のために本来なら手を貸すべきではない相手である間桐雁夜の窮地を救い、己の愉悦の為にも利用していきます。

 一方で、聖杯戦争が進むにつれ、お互いの利害が一致した綺礼とアーチャーは契約を交わします。これにより、今回の聖杯戦争において、そしてSNの時代でも猛威を振るう最凶のコンビが誕生しました。アーチャーの助言で、自身の本質を理解し受け入れた綺礼。その勢いは止まるところを知りません。雁夜、時臣、葵、凛、数多くの人々が「愉悦の為」の犠牲となっていきます。そして彼の異常なる本質が、ついに最悪の事態を引き起こすこととなります。沢山の犠牲を払ったことで、言峰綺礼という男はいよいよ完成を迎えます。悪の主人公として。

 己の歪んだ本質に悩み続けていた青年は戦いを通じて、本当の自分を見つけました。そして多くの人が犠牲となりました。Zeroの悲劇を生み出した元凶は、SNにおいて、衛宮士郎最大の壁となります。SN以後の作品でも多大な影響を与えている綺礼。このことから、Fateの物語は、ある意味で「言峰綺礼の物語」とも言えるのではないでしょうか。
(C)Nitroplus/TYPE-MOON・ufotable・FZPC

記者(羽野源一郎【公式】さん)

関連画像

ping2さん
0 pt
ジャーニーみやじさん
0 pt
takaさん
0 pt
初期モノさん
0 pt
新撰組さん
0 pt
アラマサさん
0 pt
シロンさん
0 pt
竹井さん
0 pt
スヌーピーさん
0 pt
しづきさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



言峰綺礼についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>Fate/stay nightのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!