アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ping2さん

港浦吾郎

ミウラゴロウ

バクマン。シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

相田班所属の『WJ』編集者。服部の後を引き継いだ亜城木夢叶の2代目担当、および高浜昇陽の担当編集者。1987年5月14日生、大分県出身。若いながらも口が達者で、サイコー達が考えるよりも先に色々な話をテキパキと進めてくれるが、時折配慮に欠ける言動もある。経験が少なく未熟であることは本人も自覚しているが、亜城木夢叶にも積極的なアドバイスを行っており、時に感情的になることもある。「疑探偵TRAP」に関して、前担当の服部が真面目に念入りな構成を考えていたのに対し、彼はストーリーにもう少し遊びがあってもいいと意見をしており、アンケートで上位に伸びない「疑探偵TRAP」も、「セリフを磨く・笑いのセンス」の指摘をし、推理が浸透し始めた「疑探偵TRAP」のアンケートも上昇していった。個人的には“笑い”が多い作品を好み、担当している漫画家にも自分の好きな“笑い”の要素を強引にすすめようとする傾向が見られる。そのため、リアルでシリアスな話を得意とする亜城木や高浜との相性は決して良好とは言えない。また、自分が担当していても実績が出せない漫画家に対しては、悪気がないとはいえ早々に諦めてしまうという一面も持つ。ただし、亜城木の2人が考えつかない事や戦略を提示できるので、編集者としては決して無能ではない。“笑い”を強く提示するのは、好みも有るが、現在『WJ』誌上でギャグ漫画が少ないからであり、その掘起し提案の為。港浦自身としては、自分の担当する連載がなかなか成功しないため、亜城木や高浜の連載を何とか成功させて自分の立場を上げなければならないと焦っていた。しかし、「タント」の終了から「PCP」の連載権獲得までの一連の経験を経て「連載を成功させることだけではいけない」ということに気付くといった成長も見せており、亜城木夢叶を引きずり下ろすことに躍起になる岩瀬を諭したこともある。「PCP」の連載が決まり喜んでいたが、担当替えの時に亜城木夢叶の担当から外され、服部と交代する形で岩瀬の担当にされた。

出典:wikipedia

誕生日:5月14日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

春告魚さん
0 pt
happyさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【港浦吾郎】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


港浦吾郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>バクマン。シリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!