アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:あっきーさん

間桐雁夜

マトウカリヤ

Fate/Zero

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

身長:173cm、体重:55kg、血液型:AB型、誕生日:3月22日バーサーカーのマスター。『Fate/stay night』の間桐慎二の叔父にあたる。魔術の素養に関しては兄・鶴野より上でありながら、臓硯の支配する間桐の家と間桐家固有の魔術を嫌って11年前に出奔、以来フリージャーナリストとして海外を飛び回り一般人として生きてきた。幼馴染であった禅城葵に好意を寄せていたが、彼女を幸せにできるのは自分ではなく遠坂時臣だと信じたため、思いを告げることもなく身を引いた。偶然、時臣が下の娘・桜を間桐の家に養女として出したことを葵から知るや否や激昂、桜を救いだすことを目的に間桐の魔術師として聖杯戦争に参加。葵の悲しみと桜の惨状をもたらした時臣を憎悪する。今まで魔術の鍛錬を積んでこなかったため、体内に「刻印虫」を宿すという処置によって即席の魔術師となる。その代償はあまりに大きく、命を大幅に削られて死人のような容貌となってしまい、半身不随で食物の嚥下も不可能という状態。魔術を使うだけで文字通り血を吐くほどの苦痛を伴い余命もせいぜい数週間しかないと宣告されている。キャスター掃討戦の裏で時臣に戦いを挑むも惨敗し、重度のヤケドを負い瀕死になるも綺礼によって蘇生され、間桐邸の前に運ばれて放置され、臓硯から、桜の精を吸った虫を飲まされる。終盤、綺礼によって時臣殺害の犯人に仕立て上げられ、それを葵に痛罵されて暴走し、葵の首を絞め昏倒させ、彼女を再起不能に追いやる事となった。その後、バーサーカーの宝具発動によって魔力を全て吸い上げられたあげく、刻印虫も食い尽くされる。戦後は奇跡的に生還するものの体が持つはずがなく、最後の執念と贖罪で桜の下まで辿り着くが間桐邸の蟲蔵で桜を救出し、葵と凛のもとに返し彼自身も家族へと迎えられる幻想を見ながら横死。その骸は桜の目の前で魂もろとも蟲に喰われ、その凄惨を極める様を目の当たりにした桜の精神を、更に深い闇へと導く事となる。

出典:wikipedia

誕生日:3月22日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
間桐雁夜とは?(Fate/Zero)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

魔術師の生まれでありながら平凡な生活を好む。魔術を嫌い、フリージャーナリストをしていた。遠坂葵に昔から想いを寄せていたが、伝える事が出来ず、時臣に譲ってしまう。

誕生日

3月22日

性別

特技

文書作成

声優

新垣樽助

星座

牡羊座

身長

173 cm

体重

55 kg

血液型

AB 型

髪の色

黒→白

職業

フリージャーナリスト

兄弟・姉妹

間桐鶴野
全ては愛する者の為に!蟲に蝕まれる男「間桐雁夜」の魅力とは?『Fate/Zero』
【画像】間桐雁夜(Fate/Zero)
 大人気ノベルゲーム『Fate/stay night』のスピンオフ作品である『Fate/Zero』。それは破滅の物語です。7人の魔術師がマスターとなり、それぞれがサーヴァントを召喚して争う聖杯戦争。勝者が願いを叶えられるこの戦いへと身を投じた者たちの死闘と悲劇が描かれています。

 この悲劇に巻き込まれた一人であり、マスターでもある人物が今回ご紹介する「間桐雁夜」。彼は魔術の名門、間桐家の人間として登場します。一度は魔術の世界に背を向け、生家を飛び出した彼。しかし愛する者・大切な者を救う為、聖杯戦争に参戦した「間桐雁夜」とは、一体どんな人物なのでしょうか?
間桐家らしからぬ人柄。優しい雁夜おじさん
 人を人とも思わぬ非道な間桐の魔術を嫌い、魔道から背を向けた人物。それが間桐雁夜です。家督を継がず、家を出てからは一般人として生きてきました。そこに、幼馴染である遠坂葵の娘、桜が間桐家へ養女に出された事を聞いた雁夜は気が気ではありません。「魔術師の妻となったときから一般的な家庭の幸せなど諦めていた」、そう語りながら目じりに涙を溜めている葵の姿を見て、雁夜は決意します。自分が聖杯を勝ち取り、引き換えに桜を解放させる事を。そして、当主であり父であり、人の領域を超えた存在である間桐臓硯に取引を持ちかけます。

 一応は親子でありながら、父親を吸血鬼と吐き捨てる息子と、その息子を落伍者と罵る父。この緊迫した雰囲気は『Fate/Zero』の世界観によく合っています。死ぬ気かと問う臓硯に対し「まさか心配だとは言うまいな?お父さん」と皮肉めいた言葉を投げ返す雁夜。その姿には、幼馴染の娘を救おうという決意が見て取れ、非常に格好良いです。
捨て身の覚悟。葵への哀しき宣言
 刻印虫と呼ばれる、間桐特有の魔術で産まれた虫が存在します。この虫を体内に導入することで、雁夜は即席の魔術師と成りました。しかし短期間で行われた無茶な措置により、雁夜の肉体はボロボロに。体は一部麻痺しており、黒髪は白髪に、顔面は苦痛に歪んだ形で固まってしまいました。その様相たるや死人同然、ゾンビに近いものがあります。

 魔術を行使する度に体内の刻印虫が暴れまわり、激痛が襲いかかります。もはや生きているのが不思議な状態。事実、彼の寿命は極端に短くなってしまいます。その上、サーヴァントとして契約したバーサーカーは雁夜の命を無視して暴れまわり、主たる雁夜から魔力を搾り取ろうとします。それでも苦痛に耐えながら、雁夜は聖杯戦争に挑むのです。それはひとえに桜救出の為、葵と凛の為。聖杯戦争の最中、雁夜は葵と再会します。痛々しく変わり果てた姿で「俺のサーヴァントは最強だ」と語る雁夜のなんと虚しきことでしょうか。
吹き上がる憎悪。サーヴァントに並ぶ狂者
 桜を間桐家に養女に出すことを決め、葵たちを悲しませる原因となった遠坂時臣。物語が進むにつれて、雁夜はこれまで気づくまいとしていた時臣への並々ならぬ怒りを明確にしていきます。故に聖杯を手に入れ彼を出し抜き、失脚させるつもりでした。

 そしてついに対峙した二人。両者は桜の事で意見の食い違いを起こします。桜を養女に出したことを怒る雁夜。魔術に関わる者としての幸せを願えばこそ、と語る時臣。一般人として生きることを「凡俗に落とすこと」と切り捨てる時臣に対し、雁夜はいよいよ怒りを超えた激しい憎悪を抱くのです。

 明確な殺意をもって雁夜は戦いに挑みます。手駒たるバーサーカーの暴走に苦しめられながらも、時臣抹殺、ひいては桜救出のため、雁夜は戦うのです。しかし時臣が殺されたと聞いた時、葵たちがどう思うか、雁夜はそこまで頭が回っていません。バーサーカーもマスターに相応しい暴走ぶりです。皮肉な事に。

 大切な人たちを救う為、という崇高な目的を持って参戦した雁夜。大切な人たちの大切な人を抹殺するという大きな矛盾を抱えた雁夜。その事に気づかず暴走し、戦うたびに消耗していく姿からは目が離せません。『Fate/Zero』が完結する時、雁夜がどうなってしまうのか。様々なキャラクターが登場する本作ですが、彼の行方にも是非注目して下さい。
(C)TYPE-MOON/Fate Project

記者(羽野源一郎【公式】さん)

関連画像

まみリンさん
0 pt
しまさきさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



間桐雁夜についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>Fate/Zeroのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!