アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:blueさん

福田真太

フクダシンタ

バクマン。シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

銀色の長髪で、部屋の中でもニット帽をかぶっている青年。初登場時の年齢は19歳。1990年7月27日生、広島県出身、身長179cm、体重66kg、血液型B型。高校を出た後、漫画家になる夢を抱いて上京し、夢を実現させるかフリーターで終わるかの「一か八か」の生活環境に自らを追い込んだ中で、アルバイトを掛け持ちしながら『WJ』での連載を目指していたらしい。生活費のためにエイジのアシスタントを長く続けていたこともあり、個性の強い新妻と対等に付き合うことのできる数少ない人物の一人。エイジのアシスタント時代は「自分の方が年上だから」という理由でエイジの事を「新妻くん」(時と場合によって「新妻先生」)と呼んでいたが、自身が連載を開始してからは「新妻師匠」と呼んでいる。自分と新妻と亜城木および中井(のちに蒼樹と平丸も)を合わせて、福田組と称し、彼自身はその組長(リーダー)を自負している。短気で怒りっぽく、口も悪いため編集者からは生意気な性格と見られている。初対面のサイコーからも「嫌な人」と思われていたが、度量も大きく面倒見のいい性分のためか、新妻エイジの作品や漫画作成の姿勢を評価・叱責した際は、「いい人」と評した。福田組らの問題に度々首を突っ込んでおり、「TRAP」休載の際は編集長の一方的な主張に腹を立て、自身が先頭に立って福田組や平丸と一緒に連載をボイコットしたり、性格や価値観がほとんど合わない蒼樹にも作画のアドバイスしている。また、「ロードレーサーGIRI」のアニメ化が決まった際には雄二郎に素直に礼を言うなど殊勝な一面も垣間見せた。得意な作風は、過激な描写が多いバイオレンス系のバトル物で、「少年漫画はもっと不健全な作品がいっぱいあってもいい」「PTAを敵に回すくらいの方が面白い」などといった自論を主張している。画力は特別に高い方ではないが、彼の荒々しいストーリーには適している画風らしい。少しエッチな描写のある、いわゆる萌え系美少女漫画が好きという意外な一面があり、『To LOVEる -とらぶる-』を「男の漫画だ」と語っている。自身の作品にもパンチラを取り入れており、「若葉の頃」にてパンチラの書き方に悩む蒼樹の指南役を買って出ている。なお、「広島のロミオ」を自称するが恋愛経験は豊富な方ではない模様。

出典:wikipedia

誕生日:7月27日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


福田真太についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>バクマン。シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!