アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:永遠のアマさん

服部雄二郎

ハットリユウジロウ

バクマン。シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

中野班所属の『WJ』の編集者。新妻エイジと福田真太の担当編集者。初登場時の年齢は26歳。サイコー達の担当である服部哲とは同姓で、編集部では哲と区別され「雄二郎」と呼ばれている。1982年4月3日生、神奈川県出身。名前のモデルは実際の『WJ』編集者・服部雄二郎で、髪型も実際の雄二郎と同じくアフロヘアーである。新妻エイジを始め福田組を中心に担当しており、彼らの突拍子もない要求に頭を悩ませているが、福田らが「TRAP」休載の撤回のためにボイコットを言い出した際には立場上阻止を試みるも本心では賛同するなど、彼らの行動には一定の理解を示している。また、時折福田の臨時アシスタントとして駆り出されることもあるが、「ロードレーサー淵切」の読切を手伝った頃には違和感なく作業を行うまでに慣れていた。なお、担当作家や同僚達の前では見吉と並ぶ口の軽さを見せ、この件に関しては哲のみならず福田のアシスタント、安岡からも呆れられている。ちなみに新妻の担当になったのは、彼が投稿してきた作品をたまたま最初に手に取ったという偶然から。当初は新妻の常人離れした漫画の才能には全幅の信頼を置きながらも、亜城木夢叶という新たな才能の出現には少なからず脅威を感じていた。しかし、亜城木の人気が予想外に伸び悩み、新妻と大きく差を開けられてからは、むしろ亜城木の不調を気遣っている様子が見られた。ちなみに、新妻と亜城木が『WJ』編集部で初顔合わせをした時、哲はタメ口で雄二郎と会話をしていたが、その後、新妻が本誌で連載を開始してからは雄二郎に敬語を使うようになった。作者によれば「(実際の)上下関係はわからないから雄二郎が上として会話させている」との事。哲を誘って休憩所でコーヒーを飲みつつ、『WJ』の現在や今後について議論することが多い。2017年3月、班長の中野が『必勝ジャンプ』編集部へ異動となり、その後任として班長に昇格した。また、これと同時に相田が副編集長に昇格し、相田班に所属していた哲、港浦、小杉は雄二郎の班へ異動することになった。

出典:wikipedia

誕生日:4月3日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

marchさん
0 pt
まはさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【服部雄二郎】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


服部雄二郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>バクマン。シリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!