アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:たこべえさん

ケイネス・エルメロイ...

ケイネスエルメロイア...

Fate/Zero

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

身長:181cm、体重:62kg、血液型:B型、誕生日:4月11日ランサーのマスター。時計塔降霊科の一級講師でロード=エルメロイという敬称で呼ばれる。魔術師としての経歴に「武功」という箔を付けるため、聖杯戦争に参加する。九代を数える魔術の名門アーチボルト家の嫡男であり、様々な功績を作り上げた天才魔術師。優れた魔術師であることが他人への優越であると疑わない典型的な魔術師の一型だが、その自信に違わず魔術師としては第四次聖杯戦争に参加するマスターの中でも最強。失敗を知らないために自分の非を認められず、疑り深くヒステリックな気性の持ち主で、裏切りの伝承を持つランサーとは信頼を作るどころかソラウの事もあり、不信を強めてしまっている。許嫁のソラウには頭が上がらず、政略結婚の一貫である婚約にもかかわらず彼女に入れ込んでいる。聖杯戦争のサーヴァント召喚・契約の仕組みを解析した上で、魔力の供給を婚約者であるソラウが、令呪を自らが受け持つ分担戦術をとる。風と水の二重属性。降霊術、召喚術、錬金術に通じ、切札として魔力の込められた水銀を変幻自在の魔術礼装として扱う「月霊髄液(ヴォールメン・ハイドラグラム)」を駆使する。最初のキャスター討滅戦と並行して切嗣に勝負を挑むものの、起源弾によって魔術師どころか一般人としても再起不能になったうえにマスターの権限と令呪をソラウに奪われてしまう。その後に財を投じて人形遣いに腕の機能を回復させた後は車椅子で移動し、璃正からキャスター討伐の報酬である令呪を受領した後に他者にアドバンテージを渡すまいと、切嗣に濡れ衣を着せるために拳銃を用いてこれを殺害する。しかし切嗣にソラウを人質に取られた後、『全ての令呪とサーヴァントを手放せば衛宮切嗣はケイネスとソラウにいかなる危害も加えられない』という自己強制の魔術的な契約を結び、令呪によってランサーを自害させてマスターとして事実的な敗北を迎える。その直後に切嗣の指示によって魔術契約の対象となっていなかった舞弥にソラウともども銃撃を受け、死にきれずに介錯を求める姿を見かねたセイバーによって命を絶たれた。

出典:wikipedia

誕生日:4月11日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ケイネス・エルメロイ・アーチボルトとは?(Fate/Zero)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

名門の頭首であるため、プライドが高く苛烈な性格。その所為か、挫折する事が無くかったため予期せぬ出来事やイレギュラーな事態が発生すると焦る面を見せる。

誕生日

4月11日

性別

あだ名

ロード

特技

絵画・工芸

声優

山崎たくみ

星座

牡羊座

身長

181 cm

体重

62 kg

血液型

B 型

髪の色

髪型

オールバック

学校・会社

魔術協会

役職

アーチボルト家9代目

恋人

ソラウ
狭心により潰える血統と誇り「ケイネス・エルメロイ・アーチボルト」の魅力『Fate/Zero』
【画像】ケイネス・エルメロイ・アーチボルト(Fate/Zero)
 大人気ノベルゲーム『Fate/stay night』のスピンオフ作品である『Fate/Zero』。それは破滅の物語です。7人の魔術師がマスターとなり、それぞれがサーヴァントを召喚して争う聖杯戦争。勝者が願いを叶えられるこの戦いへと身を投じた者たちの死闘と悲劇が描かれています。

 この死闘と悲劇を更に強調するキャラクターが「ケイネス・エルメロイ・アーチボルト」です。彼は魔術師の名門アーチボルト家の嫡子であり、将来を約束されたエリート中のエリート。自身の経歴に武功をつけ加えるため、聖杯戦争にマスターとして参加します。能力、作戦、共に戦うサーヴァント、その全てに良い材料を揃えたケイネス。しかし、自陣営の人間関係の不破、対戦相手の性質など、様々な悪条件が重なります。そして、一筋縄ではいかないこの状況が、作品内の戦闘を一層盛り上げるのです。
家柄、能力、地位。全てに恵まれた超エリート
 魔術師の能力は代を重ねるごとに強力になり、出自によって優劣が決まってしまうというのがFate世界の一般的な説。ケイネスが生を受けたアーチボルト家は、9代を越えて続く名門です。この持って産まれたポテンシャルに、本人の努力が加わり、魔術師としての力量は非常に高いものとなり、『Fate/Zero』の聖杯戦争に参戦したマスターたちの中でもトップクラス。更に、若くして時計塔の講師を務めています。

 家柄、実力、社会的地位、どれをとっても非の打ちどころの無い、まさしく絵に描いたようなエリート。このバックボーンと血統を何よりも重んじる性格ゆえに、「家柄の歴史の差は、魔術師個人の経験の密度によっていくらでも覆せる」という、教え子・ウェイバーの論文をアッサリ破り捨ててしまいます。これに怒ったウェイバーに、サーヴァントを召喚する為の聖遺物を奪われ、ケイネスは当初の予定とは別のサーヴァントを呼び出すことになります。よもや、教員と学生の対立が、あのウェイバーとライダーのペアを生み出すことになろうとは。人間関係がどう転ぶか分からないということをよく表していますね。
愛するが故に。広がる不協和音
 ケイネスが呼び出したサーヴァントはランサーでした。ランサーは非常に優れた実力を持ち、主君たるケイネスに絶対の忠誠を誓った騎士です。しかし、ケイネスは彼を信用することが出来ません。理由は彼の許嫁にあります。許嫁の名はソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ。時計塔の学部長の娘であり、アーチボルト家と並ぶ名門の出自です。

 ケイネスはランサーの伝説を知っています。その為に、ランサーが彼女を奪うのではないかと心配なのです。ランサーはそんなつもりは一切ないのですが、いかんせんソラウの方はそうもいかないようで・・・。ややこしい三角関係に加え、確実に勝利をもたらすべく策を練るケイネスと、騎士として堂々と勝負を挑みたいランサーは根っこの部分でかみ合いません。この複雑な人間模様がランサー陣営の注目ポイントといえるでしょう。
稀有な才能と努力の証。月霊髄液
 ケイネスは、風と水の属性を持つという珍しい才能を持っています。これを最大限にいかした魔術礼装が「月霊髄液(ヴォールメン・ハイドラグラム)」です。水銀で出来たこの礼装は、攻撃、防御の両面で優れた性能を発揮します。銃弾程度なら軽く防ぎ、壁や床を切り刻む、恐るべき力を持っています。

 さらにケイネスは、サーヴァント召喚のシステムに手を加ており、ランサーへの魔力供給はソラウに任せ、自分の魔術に全ての力を注げるようにしているのです。この魔術礼装と魔力供給パスの変更という強力な武器を引っさげ、切嗣に戦いを挑みます。この戦いでは、彼の魔術師としての実力や魅力が存分に描かれています。

 聖杯戦争の最有力候補として注目される「ケイネス・エルメロイ・アーチボルト」。幾つかの不安要素は在りますが、自身とサーヴァントの実力はそれを補って余りあるもの。強力なライバルとして描かれる彼らに、主人公たる切嗣と、彼のサーヴァントたるセイバーがいかにして戦うのか。『Fate/Zero』の見所のひとつです。
(C)TYPE-MOON/Fate Project

記者(羽野源一郎【公式】さん)

関連画像

木マンさん
0 pt
たぬきさん
0 pt
ぺん太さん
0 pt
masterさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ケイネス・エルメロイ・アーチボルトについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>Fate/Zeroのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!