アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:スライダーさん

真城信弘

マシロノブヒロ

バクマン。シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

サイコーの叔父(サイコーの父の弟)で、漫画家。ペンネームは川口 たろう(かわぐち たろう)。1966年4月15日生、2005年没(享年39)。埼玉県出身。中学生の時に一目惚れした美雪との結婚を望み、少しでも彼女と釣り合う人間になりたいと考え、漫画家になる道を選んだ。その関係はサイコーと亜豆に似たようなものだったが、彼が漫画家として有名になる前に彼女は別の男性と結婚してしまった。代表作は、アニメ化もされた「超ヒーロー伝説」。しかし、その後はヒット作が出ず、7年間で連載を2作発表したもののすぐに打ち切りとなり、編集部からも戦力外通告(事実上の解雇)を言い渡されていた。自分を「漫画家」とは言わずあくまで「博打打ち」と名乗り、サイコーの絵の腕を認めながらも決して「漫画家になれ」とは言わなかった(だが実際はサイコーが漫画家を目指していることを喜んでいた。)。ちなみに彼は「天才じゃない漫画家の三大原則」として「うぬぼれ」「努力」「運」を挙げている。谷草のマンションの一室に仕事場を持っており、現在はその部屋を亜城木夢叶が使用している。仕事場中にヤニの臭いが染み付いている程のヘビースモーカーだった。甥のサイコーとは異なり「画力は低かったが、描いていたのはギャグ系漫画だったため何とか通用していた」と語る。ただし、これは謙遜と作品にあわせた画風による誤解で、実際は画力が高かったと同級生は語っている。『WJ』のアンケートハガキの人気順位では、2位から20位までの順位を全て取ったことがあるが、1位だけは1度も取ることができず、彼はそのことが最後まで心残りだった様子である。かつて彼の担当だった佐々木編集長の話によると、戦力外通告を言い渡された後も、『WJ』の編集部に、ネームではなく原稿を持ち込んで来ていたらしい。しかし最後に原稿を持ち込んだ5日後、過労のためサイコーが小学6年生の時に他界した。サイコーは「叔父さんは自殺したのではないか」と思っていたが、3年ぶりに信弘の仕事場を訪れ、彼の凄まじい仕事ぶりの跡を目の当たりにしてからは、その考えを改めた。モデルの姿は大場つぐみ自身。

出典:wikipedia

誕生日:4月15日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

け~ちさん
0 pt
natteiruさん
0 pt
chocoponさん
0 pt
チャッピーさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【真城信弘】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


真城信弘についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>バクマン。シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!