アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ぴぽさん

遠坂時臣

トオサカトキオミ

Fate/Zero

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

身長:177cm、体重:68kg、血液型:O型、誕生日:6月16日アーチャーのマスター。聖杯に託す望みは「根源に至る」。遠坂凛と間桐桜の父親。火属性。宝石魔術を体得している。魔術師としての才能は凡庸だが、人より数倍の努力を重ねてきた誇り高い人物であり、魔術師としての実力は第四次聖杯戦争においてはケイネスに次いで優秀である。凄まじい克己心を持つ本物の貴族といえる人物だが、揺るぎない信念ゆえに自らの方針・行動を自省したり他者の心情や状況を考慮することができず、肝心なところで足元を見ない先祖代々の悪癖を持つ。魔道を奉じ、常識的な家族としての幸せを低俗と考える生粋の魔術師。自他ともに厳しく、愛する妻や娘を甘やかす事もない。自身の価値観と間桐家の実情への無知から、魔道に背を向けた旧友・雁夜に対しては激しい侮蔑を露にする。桜を養子に出した事は、魔術の天性の素質を持ちながら魔術師になれない桜の身を怪異や魔術協会から守るための自分なりの苦渋の選択であり、立派な魔術師へ成長させてくれると思い込み、間桐の養子に出した。しかし桜の現状と間桐の醜悪な内情を詳しく知らないまま下したその決断が雁夜との決定的な対立を招くこととなった。聖杯戦争の監督役である璃正と裏で繋がり、万全の準備を持って聖杯戦争に挑んだ。サーヴァントであるアーチャーを「高貴なる者」として敬い、臣下の礼をとって接するが、アーチャーを含めたサーヴァントの規格外の能力や振る舞いに振り回される事になる。キャスター討伐後、聖杯戦争の最後に時臣は令呪を使って自分を殺すと綺礼に聞かされ時臣を見限ったアーチャーと共謀した綺礼の裏切りによって殺害される。アニメ版においては『Fate/stay night』から唯一声優が変更されている(変更前のキャストは同作の音響監督を務めた辻谷耕史でゲスト出演に等しい)。

出典:wikipedia

誕生日:6月16日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
遠坂時臣とは?(Fate/Zero)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

非情の魔術師。しかし父親として、娘たちを想い、悩む一面も。真面目すぎて『ひどく退屈な男』と言われてしまう。物事に忠実な男だが、遠坂家特有の「うっかり」な部分もしっかりある。。

誕生日

6月16日

性別

特技

チェス

声優

速水奨

星座

双子座

身長

177 cm

体重

68 kg

血液型

O 型

髪の色

こげ茶

髪型

センター分け

アクセサリー

ひげ

配偶者

遠坂葵

子供

遠坂凛/間桐桜
良き父にして良き師匠!たゆまぬ努力と自信を持つ魔術師「遠坂時臣」の魅力『Fate/Zero』
【画像】遠坂時臣(Fate/Zero)
 『Fate/Zero』それは破滅の物語です。7人の魔術師がマスターとなり、各々が7つのクラスのサーヴァントを召喚して争う聖杯戦争を軸に物語は展開します。「魔術師殺し」の異名を持つ男「衛宮切嗣」を主人公に、勝者が願いを叶えられる戦いへと身を投じる者たちの、死闘と悲劇が描かれています。

 戦いに参加したマスターの一人が『遠坂時臣』です。彼は魔術の名門、遠坂家の当主として物語に登場します。「常に余裕をもって優雅たれ」という家訓に忠実な時臣は、マスターたちの中でもトップクラスの実力者として聖杯戦争に参戦。全ては、聖杯の力により根源に至るという代々の悲願を達成するため。優れた魔術師たるべく修練を重ね、己に絶対的な自信を持つ時臣。しかし他ならぬこの自信が、彼を貶めることになるのです。
常に余裕をもって優雅たれ。家訓に忠実な男
 「常に余裕をもって優雅たれ」。これは遠坂家の家訓です。『Fate/Zero』における遠坂家当主の時臣は、歴代の遠坂の中で最もこの家訓に忠実であったと描写されています。劇中における時臣は、卓越した魔術師として他のマスターたちからは一目置かれています。歴戦の猛者たる切嗣ですら「手強い」と称する程。

 この様に実力者として描かれる時臣ですが、彼の才能は歴代の中でも実は凡庸なクラス。稀代の天才という訳ではありません。しかし本人は家訓に従い、10の試練には20の修練を重ねた上で挑む、という事をこれまでにおこなってきました。すなわち努力の天才なのです。常に遠坂の人間として恥ずかしくないよう努めてきた彼は、努力、克己心という点において歴代トップだったという訳ですね。
父として魔術師として
 時臣には娘が二人います。凛と桜。二人の娘はどちらも類まれな才能をもっていました。しかし二人のうち、どちらか一方にしか家督を継がせられないという状況は、時臣と葵に苦渋の決断を迫ります。優れた能力を秘めているが故に、迫りくる怪異や魔術協会から狙われるであろう姉妹。彼女たち二人には魔道の加護が必要なのです。

 そして時臣は娘を守る為に、長女・凛に家督を継がせ、次女・桜を養女として間桐家に出すことに決めます。稀有な才能を秘めた娘たちを二人とも「力なき一般人」にさせることなく魔術師の才能を引き出す。それが魔術師の娘としての幸せだと考えたのですね。この様に時臣は彼なりの愛情を娘に注いでいます。特に劇中後半における凜とのやり取りからは、彼の優しさが伺えます。
見抜けぬ闇
 どこまでも自分を律し、常に自分の選択に迷いのない時臣。己に絶対の自信があるからこそ出来ることです。しかし裏を返せば、自分の考え・推測が間違っているかも知れない、そんな仮定の話を持ち出すことが出来ない欠点でもあります。この欠点故に、彼は幾つかの見落としをします。弟子・言峰綺礼の事、自身のサーヴァント・アーチャーの事、対戦相手たる間桐雁夜の事。これらの見落としの一つ一つが重なっていき、遠坂時臣に最大の危機をもたらすのです。知らぬは本人ばかりなり。あずかり知らぬところで着々と進む破滅のシナリオは、『Fate/Zero』のストーリーに、より緊迫感をもたらします。

 『Fate/stay night』の外伝作品として作製された本作。『Fate/zero』における時臣の活躍を見た後に、改めて『Fate/stay night』での凛の活躍を見ると非常に感慨深いものがあります。魅力的なキャラクターが多数登場するFateシリーズは、遠坂親子の物語としても楽しめる作品です。
(C)Nitroplus/TYPE-MOON・ufotable・FZPC

記者(羽野源一郎【公式】さん)

関連画像

ピーナッツさん
0 pt
yugiのママさん
0 pt
旅の途中さん
0 pt
rinさん
0 pt
けんさん
0 pt
ちーべさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



遠坂時臣についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>Fate/Zeroのキャラクター 一覧
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!