アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:moma親爺さん

白鳥シュン

シラトリシュン

バクマン。シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

「PCP」連載開始時に亜城木のアシスタントを務めていた漫画家。女性的な風貌の優男といった青年。1996年3月21日生、東京都出身、身長173cm、体重60kg、血液型A型。画家になるために美大を志望していたが落ち、アシスタントをするようになったという。絵の実力はアシスタントの中でも随一で、「PCP」では背景の担当に選ばれた。見かけによらず思ったことをはっきりと、しかも皮肉交じりに言うことが多い。始めは漫画家になるつもりはなかったが、アシスタントを務める内に亜城木夢叶に触発され、漫画を描くようになる。祖父の代から続く化粧品会社社長の息子。ただし一人息子であるにも関わらず親の会社を継ぐ意思はないため、家族の中では肩身の狭い思いをしており、愛犬のピースにだけ心を許している。金持ちの家庭で何不自由のない生活を送っていたためか、洗濯や炊飯など1人ではほとんど何もできずかなりの世間知らずだったが、「恋太&ピース」の連載を機にサイコーらの元を去ったのを境に、次第にしっかり者な一面を見せるようになっていく。漫画を下らない低俗なものとしか見なさず、父親の会社を継ぐかパリへ留学するかの二者択一を迫る高慢な母親に見切りを付けて家出し、それを察知して追ってきたピースと共に数日間公園で寝起きしていたが、事情を知った香耶とその父親(不動産屋)の計らいでアパートを借り、ピースと共に新しい生活を始める。一度母親に連れ戻されそうになるが、亜城木やアシスタント仲間、そして漫画について少々の理解があった父親と姉のおかげで説得に成功し、曲がりなりにも漫画家の道を認めてもらえたと語っている。その後シュージンと協力し「恋太&ピース」を書き上げ、連載権を獲得する。連載は半年程度で打ち切りとなったものの、「連載を経験し自信がついた」として今後は独力で作品を作っていくと前向きな姿勢を服部に語った。アニメ版最終話では新作を編集部へ持ち込み、新しく担当になったキムに見てもらっている様子が描かれている。

出典:wikipedia

誕生日:3月21日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

allyさん
0 pt
naongさん
0 pt
t.k.lさん
0 pt
くうかいさん
0 pt
oharuchanさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【白鳥シュン】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


白鳥シュンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>バクマン。シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!