アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:シンさん

ウェイバー・ベルベッ...

ウェイバーベルベット

Fate/Zero

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

身長:157cm、体重:50kg、血液型:B型、誕生日:10月3日ライダーのマスター。19歳の青年。自身の貧弱な体躯にコンプレックスがある。聖杯に託す望みは「自分を見下した連中に己の沽券を示す」こと。魔術師としては三代目であるがそれも名ばかりで、正式に魔術を学ぶのは彼の代が初めてという、お粗末な魔術回路を継承した落ちこぼれ魔術師。両親の死後、家財一式を売り払い「時計塔」の門を叩く。「時計塔」において自分の講師であるケイネスに他の生徒の前で馬鹿にされたことを根に持って、偶然手に入れたケイネス宛の聖遺物を盗み出し、冬木の地で令呪を授かって無鉄砲に聖杯戦争に参加する。独学で「時計塔」に入学を果たした自信から自らを優秀と信じて憚らないナルシストだが、一般人への催眠暗示すら完璧にはこなせない未熟で非才な少年。魔術師としての常識的な感性を備える一方、現代の技術の便利さを許容する柔軟性も併せ持ち、他の魔術師たちが軽蔑する機械、携帯電話なども使う。一方で栄養ドリンクと使い捨てカイロの値段に衝撃を受け、魔術師としてのプライドをどうしようもなく損ね、魔術師として生まれた時代の悪さについて考え込む一面もある。聖杯戦争の拠点として、宿代をケチるために、無軌道に選んだマッケンジー夫妻に対し、自らが孫であるという暗示をかけてその住居に居候する。本人にはそのつもりがなかったが、このことが他勢力に対しての撹乱、および一般人の家であるということが危機回避の原因となった。順調に戦争を勝ち進むが、ライダーに勝たせてもらうという戦局の動きに自らの未熟さを殊更に自覚。一度は卑屈になって当たり散らすこともあったが、ライダーに認められたこともあり、少しずつ人間的な成長を見せていく。戦争終盤、令呪を全てライダーのために使いマスターの権利を放棄するものの、ライダーが友として臣下としてのウェイバーに同行を求め、これを承諾。「生きて後世に自らの王の伝説を語り継ぐ」という役目を負い、対アーチャー戦においてライダーの消滅を目の当たりにするものの、アーチャーに対しては一歩も怯まなかったことから、彼に忠道に対する賞賛を向けられ、生還した。ライダーやギルガメッシュなど規格外の者からは評価されるが、彼自身が評価して欲しいと願うケイネスや時臣などの普通の魔術師には評価されなかった。本編中にもその片鱗を見せたが、「理論の解釈と再構築」、「他人の才能を見抜き、それを開花させ伸ばす」ことに関しては天才。ライダーとの短くも波瀾万丈な一時は人生への大きな糧となり、本作には書かれていないが後に時計塔の名物講師ロード=エルメロイII世と称されるほどに彼を成長させた。後にケイネスの死亡によって起きたアーチボルト家のお家騒動を自らの責任と感じて、末席の少女を跡取りに担いで再興を果たす。そして本作の20年後、遠坂家の現当主とともに冬木の大聖杯を解体する。『Fate/stay night』より後の時期にも生き残っている唯一の第四次聖杯戦争のマスターである。

出典:wikipedia

誕生日:10月3日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ウェイバー・ベルベットとは?(Fate/Zero)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ベルベット家三代目だが、魔術の経験は浅く相手にもされない。ナルシストである故高飛車だが、実際には未熟で非才。その分努力を惜しまず、一部の人物からは高い評価をもらっている。

年齢

19 歳

誕生日

10月3日

性別

特技

推察

声優

浪川大輔

星座

天秤座

身長

157 cm

体重

50 kg

血液型

B 型

髪の色

髪型

おかっぱ

役職

ベルベット家3代目
真のヒロイン!?少し小さめの自信家「ウェイバー・ベルベット」の魅力とは?『Fate/Zero』
【画像】ウェイバー・ベルベット(Fate/Zero)
 果たして『Fate/Zero』のヒロインは誰なのか?という談義をすると、セイバーやアイリスフィールを挙げる人が多い中、男性である「ウェイバー・ベルベット」の名を挙げる人が一定数存在します。「男がヒロイン?女装でもしてるのか?」と思う方も多いと思いますが、そういうわけではありません。では、どういったところがウェイバーを「ヒロイン」と呼ばせる所以なのでしょうか?
身長157cm、体重50kgの19歳
 まず、ウェイバーのヒロイン性は、女性並みに小柄なその体格です。157cmという身長は『Fate/Zero』の登場人物の中でもトップレベルに小さく、公式にプロフィールが発表されているキャラクターの中で、彼より小柄なのは外見年齢が15歳程度の少女・セイバー、小学生の遠坂凛と間桐桜、そして何百年も生きているという老人の間桐臓硯のみです。しかもウェイバーは生粋のイギリス人。本人も小柄な体格を気にしている節があり、「背丈を30cmほど伸ばせ」とライダーに言われた際にはムキになるシーンも・・・。
実力はないけれど自信はたっぷり
 ウェイバーの魔術師としての実力は、『Fate/Zero』に登場するマスター陣の中でもかなり低めです。これは血筋が重要視される魔術師の中で、ウェイバーの家系がまだ浅い血筋であることも関係しているのですが、本人からすればそんなことは関係ありません。プライドの高いウェイバーは「自分をバカにしてきた連中を見下し返す」という願いのもと、聖杯戦争に参加するのでした。
主従を越えた絆
 ストーリーが進むにつれ、ウェイバーは自分の弱さと自分には有り余るライダーの強さを、否が応にも思い知らされる場面が出てきます。そのつど諦めずに立ち上がり続けてきたウェイバーでしたが、ある時マスターとしての権限を放棄。それまで共に戦ってきたライダーに対して「どこへなりとも行っちまえ」と冷たい態度を取ってしまいます(これは「自分がマスターだとライダーは勝てない」と考え、ライダーに聖杯を取らせたいと思うがゆえの行動でした)。しかし、ライダーはウェイバーをマスターとしてではなく、共に戦う朋友として受け入れます。ここからアーチャーとの最終決戦に臨む一連の流れは、涙なしでは見られません。

 さて、ここまでウェイバーのヒロイン性について触れてきました。しかしながら圧倒的な力を持つアーチャーの前にライダーが敗れ、自身もまた殺されるかもしれないという状況の中で、決して怯まなかったその姿はまさに男でした。「お前が真の忠臣であるなら、亡き王の仇を討つ義務があるはずだが?」と問うアーチャーに、震える声で「お前に挑めば僕は死ぬ。・・・それはできない。僕は生きろと命じられた」と答えるウェイバー。『Fate/Zero』の中で、もっとも精神的に成長したキャラクターなのかも知れません。
(C)TYPE-MOON/Fate Project

記者(氷雨みやこ【公式】さん)

関連画像

花火さん
0 pt
てじおさん
0 pt
egaさん
0 pt
ねこさん
0 pt
はじゃぶーさん
0 pt
booktownさん
0 pt
capricaさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ウェイバー・ベルベットについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>Fate/Zeroのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!