アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:コモさん

間柴了

マシバリョウ

はじめの一歩シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

東邦ボクシングジム所属のプロボクサー。元日本ジュニアライト級チャンピオン。現OPBF東洋太平洋ライト級チャンピオン。本作のヒロインの間柴久美の兄でもある。身長177cm。生年月日は1971年6月30日。血液型A型。プロテストで幕之内一歩と一緒に受験していた同期合格者。当初はフェザー級でデビューし、東日本新人王準決勝戦で宮田一郎と対戦。足を踏む故意の反則をきっかけに逆転勝利するが、その試合を会場で見ていた一歩と遺恨が生まれた。同決勝戦では得意のフリッカーで一歩を追い込むも、一歩が拳を痛めるのを覚悟で放った肘へのパンチが突破口となり形勢逆転。だが、鴨川や一歩を驚愕させるほどの闘志で一歩を最後まで追い詰めるが最後の最後でKO敗北。その後は減量苦のためジュニアライト級に階級を上げた。日本タイトルマッチ防衛戦「死刑執行」では木村達也と対戦。長身ゆえに顔面を打たれ慣れていないようで、木村との日本タイトルマッチではオーバーハンドのドラゴン・フィッシュ・ブローで顎を狙われ思わぬピンチに陥った。互いに意地をぶつけあう死闘の末に辛勝した。その後は木村の事を「ザコ」呼ばわりしているものの、不甲斐ない試合をした木村に苛立ちを見せるなど、一目置いているような描写が見られる。日本タイトルを6度防衛し、あまりに強すぎたことで国内からの挑戦者が見つからなかったところ、バイクに近づいたことで妹に拳を向けた沢村竜平を自らタイトル防衛戦の次期挑戦者に指名。お互いに超高等技術と度を越したラフファイトの応酬の末、新人時代のような殺意に満ちた凶悪な「鬼」と化す。激闘の末の決着の直前に、レフェリーの再開を待たず沢村竜平を場外に転落するまで殴り倒して反則負けを喫し、ベルトを失うと共に1年間の対外試合禁止・謹慎の重い裁定を受ける。沢村戦時点では世界ジュニアライト級8位にランク。沢村に敗れたことで世界ランキングは失ったものの、復帰戦は1階級上げ、東洋太平洋ライト級タイトル挑戦に挑む。序盤は王者のラフファイトに苦戦し沢村戦同様鬼になりかけるが、最後までクリーンファイトに徹し、一歩に対する一方的な怒りによって10RKO勝ちでタイトルを獲得した。東洋王座獲得時までの戦績は20戦18勝14KO2敗。決して打たれ強い方ではないが、憤怒や情念とも取れる無類の精神力で蓄積したダメージを耐えてしまう。リーチの長さは間柴最大の長所でもあるが、逆に懐に潜り込まれての超接近戦は苦手としていた。最近では、マルコム・ゲドー戦を控えた一歩とのスパーリングで、懐に潜り込まれたところを右アッパーで狙い撃つなど接近戦対策も向上してきている。また、ライト級へ階級を上げたことで適正体重に近づき、パワーとスタミナが増強されている。

出典:wikipedia

誕生日:6月30日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
間柴了とは?(はじめの一歩シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

現OPBF東洋太平洋ライト級チャンピオン。プロテストで幕之内一歩と一緒に受験していた同期合格者。一旦キレると手の付けようの無い暴れっぷりをみせる危険な人物だが、妹思い。

誕生日

6月30日

性別

通り名

死神

特技

フリッカージャブ

声優

田中正彦/石井康嗣

星座

蟹座

身長

177 cm

血液型

A 型

髪の色

髪型

長い襟足

学校・会社

東邦ボクシングジム

職業

プロボクサー

兄弟・姉妹

間柴久美
妹想いの死神ボクサー!ギャップが楽しい「間柴了」の魅力とは?『はじめの一歩』
【画像】間柴了(はじめの一歩シリーズ)
 週刊少年マガジンの看板漫画が原作で、アニメは深夜放送でありながら高視聴率を叩きだし、現在第3期まで放送されている『はじめの一歩』。いじめられっ子だった少年「幕之内一歩」が、ボクシングを通じて「強さとは何か」を追い求めていくスポーツ青春ドラマです。今回は、死神の異名をとるプロボクサー「間柴了(ましばりょう)」の恐ろしくも面白い、その魅力に迫ります。
見た目に反して妹想い
 長身に長い手足、眉毛が太く眼光だけでも人が殺せそうな「間柴了」。何人もの対戦相手を再起不能にし、“死神”と呼ばれて恐れられるボクサーです。しかし、全く似ていない4歳下の妹「久美」を溺愛する良き兄でもあり、そのギャップがとても魅力的なのです。

 久美に思いを寄せる主人公の一歩は、久美と会ってもことごとく間柴に首を突っ込まれ、いつも顔を青くして恐怖におののいています。もはやお約束になっている光景ですが、しかし毎回笑ってしまいます。
強烈な怖キャラ
 登場シーンで火の玉を背負い、足音はどんな場所でも「かつーんかつーん」、嬉しい時も眉間に皺を寄せて笑いを堪え、その形相は憤怒の如し・・・。その風貌と相まって、怖キャラとして強烈な個性を発揮する間柴。普段周りを戦々恐々とさせている彼ですが、それ故、妹に対しては弱かったり戸惑ったり、時に暴力を振るわれたり・・・、そんなギャップのある日常が、とても新鮮でクスッとしてしまいます。また、鴨川ジムの板垣とも何故か気が合い、ちょくちょく会っている模様。そうした彼の意外な面が現れるたびに、そのギャップに萌えてしまうのです。

 ちなみに、アニメではまだ出ていないものの、勤め先で作られたファンクラブがあり、その名も「地獄会」。間柴にピッタリなネーミングに思わず笑ってしまいますが、このセンスから察するに、職場の皆さんも間柴のキャラを(楽しく?)受け入れているのかな?と嬉しくなります。
勝利への執念
 そんな間柴は、実は17歳の時に事故で両親を亡くし、身寄りもなく久美と二人で支え合って生きてきた苦労人です。ボクシングも生活の為に始め、技術も強さもありながら反則も辞さないファイトスタイルで、その勝利への執念は尋常ではありません。口から出る言葉も、見た目に違わず暴言が多いのですが、しかしボクシングの真実をついている時もあり、苦労してきた彼だからこその、重みがある言葉です。

 昔は素行が悪かった事もあり、理不尽な仕打ちを受けてきた彼は、どうせ「負けたら人は潮が引くようにいなくなる」と考え、周りに対して頑なな態度をとってきました。しかし、一歩との対戦や周囲の人々の理解から、少しづつ意識に変化が出てきます。ベルトを失ってもなお応援してくれる人々の存在に、その価値観は揺らぎ、ラフファイトにも応じないクリーンなボクシングへと変わっていくのです。と言っても、普段の態度に変わりはありませんが。
強敵ゆえに物語のキーとなる
 間柴は、一歩や宮田そして木村と、主要キャラとの対戦が多く、彼らの運命を大きく変えてきました。ある意味、木村を男にしたのも間柴だと言えるでしょう。また原作では、久美に手を上げた沢村との死闘も描かれ、本作品の中では異色の試合となりました。

 強く恐ろしく、しかし憎めない間柴。個性的な人物の多い『はじめの一歩』の中でも、特に異彩を放ち、なくてはならないスパイシーなキャラとなっています。作品内で、人間的に成長したキャラとしては1、2を争うと思われる「間柴了」。兄としてボクサーとして、彼が今後どうなっていくのか、まだまだ目が離せません。
(C)森川ジョージ/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ

記者(moto11【公式】さん)

関連画像

ごはんさん
0 pt
みるくさん
0 pt
パドメさん
0 pt
猫太さん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



間柴了についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>はじめの一歩シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!