アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:leoさん

進藤ヒカル

シンドウヒカル

ヒカルの碁

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作の主人公。性格はやんちゃで無鉄砲、思ったことをすぐ言ってしまうトラブルメーカー。佐為と邂逅したばかりの頃は、場所を考えず声を出して佐為と会話するため、他人に変な目で見られることもしばしばだったが、途中から言葉を交わさず心で会話することが出来るようになった。敬語が少し苦手で、篠田院生師範などに注意されることが多い。囲碁に興味を持つ以前から、「5」や「GO」の文字が入った服を着ていた。連載開始時は丸顔だったが、成長するごとにシャープな顔つきになっていった。小学生時代は社会科が苦手でテストで低い点数を取るほどだったが、佐為と出会ってからは彼の霊魂となった後の長い人生経験からの知恵を貰うことで徐々に克服していく。小学6年の冬に祖父の蔵で見つけた古い碁盤に宿っていた佐為に取り憑かれる。最初の頃は佐為に言われるがままに仕方なく碁を打っていたが、ライバル・アキラとの出会いや中学囲碁部への参加などで囲碁の楽しさに目覚め、以降佐為を師として自らの手で打つようになっていく。当初は嗜み程度で満足していたがアキラに刺激され奮起、プロを目指すため院生(日本棋院のプロ養成機関の生徒)になり、自身の素質・努力と佐為の指導によって著しく棋力を伸ばす。院生2組、院生1組、プロ予選へ何とか進み、プロ試験では大島、福井、本田に負けるも伊角、和谷、越智など上位陣に勝って、24勝3敗でプロ試験に合格。院生入りして1年でプロ入りした。憑いた佐為により時折類稀な棋力を見せていたため、塔矢名人や緒方、桑原などのトップ棋士から注目されるようになる。囲碁界の常識については無知であり、プロのタイトルをも知ろうとしないなど、周りを呆れさせることも多い。佐為が消えた後は彼に自由に碁を打たせなかったことへの自責の念から一時碁から離れたが、家に訪ねてきた伊角と対局することにより自分の碁の中に佐為がいると知り、立ち直った。その後はさらなる成長を重ね、塔矢アキラとの直接対決では彼に「生涯のライバル」と認めさせている。佐為が消えた後は彼(本因坊秀策)へのこだわりが強くなり、後に北斗杯の代表を勝ちとった後、ヒカルを挑発するために秀策を侮辱した発言をした高永夏への敵愾心から、周囲からの評価では格上である彼と互角に渡り合い、敗北したもののその名を知らしめる。1986年9月20日生まれ、O型。

出典:wikipedia

誕生日:9月20日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

かおりんさん
0 pt
williamさん
0 pt
針魚さん
0 pt
samatsさん
0 pt
まんぼうさん
0 pt
malaikaさん
0 pt
メリーベルさん
0 pt
chocoponさん
0 pt

キャラクター関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



進藤ヒカルについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ヒカルの碁のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!