アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:もぐりんさん

塔矢アキラ

トウヤアキラ

ヒカルの碁

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ヒカルと同い年の天才少年棋士。父に名人の塔矢行洋を持ち、二歳の頃から直々に囲碁の教育を受けてきたエリート中のエリート。誰よりも囲碁を心から愛している。同じ年頃のライバルの不在に漠然とした不満を持っていた頃にヒカル(佐為)に敗れ、ヒカルを猛烈にライバル視して追いかける。同年代とは次元の強さを誇ることから、海王中囲碁部では先輩部員から反感を持たれたり嫌がらせをされたりしたこともある。中学囲碁部の大会では顧問から大将に指名されていたがヒカルと対局するために、大会後の退部を条件に三将として出場した。中学囲碁部の大会での対局でヒカルの棋力の低さに失望し、その後彼に二度と会わないと決心する。そしてプロ試験に合格するが、目標が無くなり消沈する彼を見かねた緒方の計らいで、院生となったヒカルと再会。ヒカルに眼中が無いという態度を装いつつも内心では強く意識するようになり、特にプロ試験本選で勝ち星積み重ねるようになってからその様子は顕著になり、ヒカルと秀英の棋譜を見た後は彼をしっかり評価し直し、自身の息が掛かった越智との戦いでヒカルが勝利したことを知ると、ヒカルの力は自分でしか測れないと確信する。ヒカルが囲碁から離れた時には苛立ちを募らせ、「決して顔を合わせない」という不文律を破って学校にまで押しかけ、彼の説得にかかった。ヒカルが復帰した際には「追ってこい!」と力強く後押しした。第二部ではヒカルを生涯のライバルと認めているが、小学生並みの口喧嘩ばかりしている。しかし忌憚なく素直な気持ちで話せる所から、ヒカルを一人の友としても、共に棋道を極める仲間としても信頼していることが窺える。おかっぱ頭がトレードマーク。碁を侮辱されたり、ヒカルを意識したりすると周りが見えなくなり、他人に対して無礼な行動を取ってしまうことがある。後に北斗杯の代表メンバーに選ばれ(しかもシード枠)、これからの国際戦を見据えて、北斗杯編の頃から中国語と韓国語を勉強し始めた。当初は2つの言語を同時に習っていたため混乱していたらしいが、終盤では洪秀英などと通訳無しで会話できるほどに上達する。1986年12月14日生まれ、AB型。

出典:wikipedia

誕生日:12月14日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

えんぞさん
0 pt
ピアノ・フォルテさん
0 pt
ウルトラqの母さん
0 pt
ぷーさんさん
0 pt
ブラックジャックさん
0 pt
ぱふぱふさん
0 pt
てるまえろまえろまえさん
0 pt
ゆきんこさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【塔矢アキラ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


塔矢アキラについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ヒカルの碁のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!