アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:じゅんじゅんさん

塔矢行洋

トウヤコウヨウ

ヒカルの碁

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

アキラの父で囲碁界の頂点に君臨する棋士。名人をはじめとする多くのタイトルを持ち、一時は五冠(名人・十段・碁聖・天元・王座)を持っていた(引退時は四冠)。現世で神の一手に一番近い人物と謳われ、佐為と並ぶ作中最強の打ち手。佐為に並々ならぬライバル心を向けられている。棋士業の他に碁会所の経営も行っている。アキラに勝ったヒカルに非常に強い関心を寄せていて、いつも多忙で断っていた新初段シリーズにヒカルを指名して参加する。その際はヒカル(佐為)が自らハンデをしょっていたこともあって中押し勝ちするが、佐為の気迫を感じとり、ヒカルの評価を下げずに次は互戦で打つことを約束した。緒方との十段防衛戦のシーズン中、ヒカルがアキラと対局するはずだった大手合の日に心筋梗塞で入院。その際に緒方に勧められ、手慰みでネット碁を打つようになる。それを知ったヒカルに、「sai」と対局するよう頼まれる。最初は正体を隠している「sai」を胡散臭い輩と思いつつも十段戦の気休め感覚で打つことを承諾したが、ヒカルが「行洋が負けるかもしれない」と思ってることを悟り、「負けたら引退、勝ったら「sai」の正体を明かす」という条件で本気で打つことを決める。そして一進一退の攻防を繰り広げたが、自身の半目負けを確信し投了。対局の最中に新初段シリーズの時と同じ空気を感じたことからヒカルが「sai」であると疑ったが、深くは追求せず、ヒカルにもう一度「sai」と打たせてもらうよう嘆願した。この時行洋は引退を引き留めようとしたヒカルに「プロでなくとも、この身があれば本気の碁が打てる。」と諭し、十段戦後に宣言通り引退する。引退後は後進の育成と新人の発掘のため各国を飛び回っているが強さは衰えを見せることがなく、新しい自分の碁を打つようになった。現在は最善の一手の追求を目標とし、自分の碁の新たな可能性を示してくれた「ある相手(sai)」との再対局を望んでいる。息子のアキラが通う海王中学の校長は、塔矢行洋の海王中学時代の担任教師。7月29日生まれ、B型。

出典:wikipedia

誕生日:7月29日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

さるすべりさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【塔矢行洋】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


塔矢行洋についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ヒカルの碁のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!