アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:す~さん

園崎詩音

ソノザキシオン

ひぐらしのなく頃にシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

魅音の双子の妹。ヘアースタイルはロングにリボンをあしらったハーフアップで、髪の色は緑。髪型や服装は違うものの、それも入れ替えてしまえば外見は魅音に瓜二つで、基本的には両親ですら見分けることができない。そのため魅音と一緒に暮らしていた頃は度々入れ替わるイタズラもしていたようである。雛見沢の麓の街である興宮(おきのみや)に住んでおり、ファミレス「エンジェルモート」でウェイトレスのアルバイトをしている。興宮の学校に通っているが、サボっていることが多い。入江が監督を務める草野球チーム「雛見沢ファイターズ」のマネージャーだが事実上「幽霊マネージャー」になっている。自衛用にスタンガンを常備していて、葛西の協力により出力の上がる改造を施している。彼女自身、ダム戦争の時にアメリカで銃火器などの技術を学んだと語っており、祭囃し編で山狗との戦闘際、機関銃で応戦したり、葛西のスナイパーの援護をしたりと見た目以上の戦闘能力がある。厄醒し編と皆殺し編の世界では部活メンバーに加わっている(祭囃し編では途中から合流して行動する)。【性格】:双子の魅音とは対照的に、髪飾りやスカート・敬語口調など女の子らしさを前面に出している。魅音が一見ガサツだが臆病な面を持つのに対し、詩音は一見お嬢様風だが行動派でありかなりしたたかな性格をしている。おしとやかに見えるが主導権を握るタイプで、仲のいい相手をからかっては面白がる。魅音より一枚上手で、よく彼女をからかっているため苦手そうにされているが、魅音の方から悩み事を相談されるなど何だかんだ言って姉妹仲は良い(本人曰く右手と左手のような関係)。面倒見がよく、本質的に姉御気質で我が強い。悟史のようにやや頼りない相手といる時に、彼女のそんな地の性格が垣間見える。普段はクールだが感情的な面もあり、なまじ自分が万能タイプであることを自覚しているためか、独善的思考に陥って性急に事を成そうとしてしまい、結果的に激情に囚われやすい。激情の根底には義侠心や責任感といった部分があるのだが、いったん頭に血が上ると周りが見えなくなってしまうらしく、自分の立場や状況を忘れて行動しがちである。それを後々後悔したりもするが、どうも園崎の女性の血筋と思われる。そのため皆殺し編では梨花に圭一と共に鉄平殺しの新面子として数えられている。幼い頃は怖がりな一面もあったらしく、葛西からイタズラ半分で吹き込まれた人肉缶詰の怪談話がトラウマになり、今でも缶詰が食べられない。悟史の負担であった沙都子に対しては非常に冷たい評価を下していたが、目明し編での学習をきっかけに彼女に対しても積極的に接するようになった。以降は沙都子のためにカボチャ弁当を届けにわざわざ興宮から雛見沢分校に通うなど、妹のように面倒を見るようになる。最終章では突発的とは言え「ねーねー」と呼ばれ、喜ぶほどの仲に進展していた。【家族構成】:興宮にて両親と共に暮らし、本家で修行している魅音とは別居である。興宮のマンションにて一人暮らしを経験しており、現在もマンションに寝泊りしていることがある。【ゲームスタイル】:本編中詩音が部活に参加する姿はほとんどないが、ビジュアルファンブックによれば、面倒な事前準備を好まず状況を瞬時に見破り、出たとこ勝負でその場の大立ち回りだけで勝利を拾うのを得意としているらしい。

出典:wikipedia

誕生日:5月17日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
園崎詩音とは?(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

園崎魅音の双子の妹。魅音とは正反対で女の子らしい性格で、敬語で話す。一見お嬢様風だがかなりしたたかな女の子。行動力があり、世話好き。基本的には冷静だが、激情しやすい。

誕生日

5月17日

性別

声優

雪野五月

髪の色

髪型

ハーフアップ

アクセサリー

リボン

学校・会社

雛見沢分校

兄弟・姉妹

園崎魅音
純粋な想いの強さゆえの惨劇!?双子姉妹「園崎詩音」の魅力とは?『ひぐらしのなく頃に』
【画像】園崎詩音(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
 自然に囲まれた山奥にある村「雛見沢」。そこの権力者である御三家『園崎家』頭首の孫娘であり、次期頭首である「園崎魅音」とは姉妹である「園崎詩音」。詩音は長い間、とある理由から、あまり公には姿を現しませんでした。今回は、そんな少しワケありな「園崎詩音」について語ってみたいと思います。
ちょっぴり意地悪
 一卵性の双子なので、姉妹の魅音とは姿形がそっくりです。髪型や服装の好みが違うので、それほど外見で区別しにくいという訳ではありませんが、それらを統一してしまうと全く同じで区別がつきません。性格を含め、喋り方や声がそれぞれ微妙に違うので、親しい人ならば彼女達を識別することが出来ると思いますが、詩音は魅音の真似が上手なので、その気になれば完全に魅音になりきることも。

 実際、詩音が働いているエンジェルモートへ圭一が客として訪れた時も、詩音と魅音を勘違したまま交友を続け、実際に魅音と鉢合わせになるまで気づきませんでした(むしろ、魅音が照れて双子という設定を作ったとまで勘違いされていました)。そんな圭一をからかうように、あえて魅音のフリでやたらと誘惑したり、魅音の前で圭一といちゃついてみせたり、多少(?)意地悪な面もあります。しかし、圭一もまんざらでもない様子・・・。詩音さんになら騙されてもいいかもしれません(笑)。
悟史との出会い
 園崎家では、将来頭首を決める時に揉め事を起こさないために、双子の子供が生まれたらひとりは殺さなければならないという決まりがありました。しかし、それは結局実行されず、その代わりに詩音は“居なかった子供”として、雛見沢を離れてひっそりと暮らしていました。それを不憫に思っていた魅音は、時々彼女と交代し、詩音が魅音として振る舞うことで詩音を雛見沢で自由に行動できるようにします。

 そんなある時、詩音は不良に絡まれていたところを「北条悟史」という少年に助けられます。実は悟史は魅音の友人で、最初こそ魅音と思い込まれていましたが、とあるきっかけで詩音であることが分かり、魅音と共に仲良くしていました。そして、優しい悟史に詩音はだんだんと惹かれていきます・・・。それはまさに“純愛”といった感じで、今まで窮屈な思いをしてきた詩音が、やっと幸せを堪能できる時間でした。それまでの彼女の境遇を思うと、背中を押して応援したくなりますね。
悟史との約束
 悟史が失踪する直前、詩音に彼の妹である「沙都子」を頼むと言い残します。しかし、詩音はその約束よりも、彼が失踪した原因が妹の沙都子にあると思い込み、彼女への憎悪を燃やしてしまうのです・・・。一度は心の奥底にしまった憎しみの気持ちですが、あることをきっかけにあふれ返り、取り返しの付かない事態を引き起こします・・・。

 最後の最後に詩音は己の過ちに気付き、絶対に悟史との約束を守ろうと固く誓います。その後は、沙都子の優しいお姉ちゃんとして、いつか悟史が帰ってくる時まで一緒に彼の帰りを待つのでした。良くも悪くも詩音は、想いがとても強い子なのだと思います。だからこそ、使い方を誤れば惨劇を生んでしまいますし、逆にそれを良い方向に向かわせることが出来たのなら、きっとこれほどまで一途な女性もいないと思います。

 想いの強さなら誰にも負けない「園崎詩音」。きっと、その想いが悪い方向に向かいすぎたのでしょう。割と器用でしたたかな印象を受ける彼女ですが、実は案外不器用なのかもしれません。またいつか悟史が戻ってきて、圭一やレナ達と一緒に仲良く笑顔で過ごせる日が来たらいいなと願わずにはいられません・・・。
(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通(C)07th Expansion/竜騎士07(C)2007.2008.2009.2011/雛見沢御三家(C)アルケミスト

記者(真夏日【公式】さん)

関連画像

euniceさん
0 pt
よねすけさん
1 pt
なさん
0 pt
花火さん
0 pt
toshiさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



園崎詩音についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ひぐらしのなく頃にシリーズのキャラクター 一覧
154回
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回
145回
144回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!