アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:シンジ14さん

北条沙都子

ホウジョウサトコ

ひぐらしのなく頃にシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

6月24日生まれ。圭一の下級生の女の子。相手の動きを予測して巧みにトラップを仕掛けるという、とんでもない趣味を持ち、その腕前に関しては、子どもの仕業とは到底思えないようなレベルに到達しているため、「トラップマスター」「トラップ魔人」「世界一のトラップ名人」などの名で呼ばれる。その種類はイタズラから本格的なものまで様々で、到る所にトラップの散りばめられた裏山は彼女のテリトリーとなっており祭囃し編で鷹野の部下の山狗が痛い目にあっている。髪の色は金色であるが他のキャラ同様アニメ的な配色の結果であり、金髪というわけではない、ショートカットでカチューシャをつけている。運動神経が大変良く、兄の悟史がやっていた野球は大得意。家事はどちらかといえば苦手で、特に料理の腕はブロッコリーとカリフラワーの区別が付かないほど(それでも悟史よりはマシで、目下修行中)。得意料理は野菜炒め(圭一にも好評であった)。ちなみに嫌いな野菜はカボチャを始めとしてかなり多い。食べ物の好き嫌いは多いが、他部活メンバーの話などでは身体的発育は同年代の女の子と比べてもかなり進んでいる模様。厄醒し編では、大災害を生き延びている。しかし、精神的ショックで廃人となってしまった。その後、レナの帽子で意識を取り戻し、大災害の真相に気付き大石たちに話そうとしたものの、その直後に急性心不全で死亡してしまう。最期まで薄幸の人生を送った人物であった。一人称は「私」(わたくし)。【性格】:「?ですわ」などといったお嬢様口調で話すが、その口調には間違いが多く、喋っている本人は上品なつもりでも周囲には挑発的に聞こえる。その口調や特技のせいで一見無茶苦茶な性格に見えるが、実際は仲間内で一番の常識人で周りの行動についていくことが出来ず、冷静にツッコミを入れることもある。生意気盛りで、ことあるごとに圭一に対抗意識を燃やしてちょっかいを出すが、まだ幼いため逆に魅音や圭一にからかわれて泣いてしまうことも。しかし負けず嫌いな上に懲りないので、決してめげることはない。圭一にツンデレであると分類され、ツンとデレの段差がストーリーの前半、後半の落差が激しい本作を象徴するヒロインとして「ミスひぐらし」の称号を与えられる。なお、独特の口調やトラップを仕掛ける趣味は、誰かに構ってもらいたい気持ちと自立しようとする心の表れである。【家族構成】:両親は共に他界しており、両親の死後は叔父夫婦に引き取られ、兄・悟史と共に生活していた。だが、叔父夫婦と悟史がいなくなってからは梨花と共に集会場の裏にある倉庫で生活している。そのため、梨花と行動することが多い。兄の悟史のことを、「にーにー」と呼ぶ。両親は連続怪死事件の2年目の被害者。父親(声:岩崎征実(アニメ)・宝亀克寿(祭)・ 鶴岡聡(ドラマCD))(実父ではない)は鉄平の兄であり彼をさらに強くした感じで、母親(声:かないみか(PS2))は沙都子を大人にした感じの女性だったらしい。苗字の北条は母親の最後の再婚相手の苗字であり、両親の離婚と再婚の繰り返しにより過去に畠、吉澤、松浦であった時があり、虐待を受けていた。【ゲームスタイル】:部活でのゲームスタイルは、言うまでもなくトラップを用いる戦いを得意としている(どのような状況でもトラップを使える。綿流し編では、神経衰弱のカードを入れ替えるという荒業をこなしている)。また、トラップ設置の際、「相手の心理を読み取り、そこからとる行動を予測する」という手順が必要なため、それを生かすことで相手の行動を予測、裏をかいて欺くなどの戦術立案も得意としている(罪滅し編など)。本人にもトラッパーのプライドがあるらしく、「仕掛ける罠は一つ」「相手が勝利を確信したとき使用」と決めているらしい。

出典:wikipedia

誕生日:6月24日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
北条沙都子とは?(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

相手の動きを予測して巧みにトラップを仕掛けるというとんでもない趣味を持っている。運動神経がとてもいい。一見めちゃくちゃな性格に見えるが仲間内では一番の常識人。

誕生日

6月24日

性別

声優

かないみか

俳優

小野恵令奈

髪の色

髪型

ショート

アクセサリー

カチューシャ

学校・会社

雛見沢分校

兄弟・姉妹

悟史
トラップならおまかせあれ!雛見沢のトラップマスター「北条沙都子」の魅力『ひぐらしのなく頃に』
【画像】北条沙都子(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
 季節を感じられる自然に囲まれた田舎町「雛見沢」。「北条沙都子」は、そこでずっと暮らしている北条家の娘で圭一達の友人。しっかりモノの彼女ですが心には、とある後悔と決意が・・・。今回は、そんな沙都子ちゃんについて語ってみたいと思います。
世話やき
 両親は他界しており、兄は家出して行方不明・・・。現在は、雛見沢御三家のひとつ『古手家』頭首の「古手梨花」と一緒に暮らしています。炊事や家事が得意で、とてもきちんとした性格。圭一が食事に困っていた時も、彼女が料理を振る舞いまいました。ちなみに兄の悟史も同じく生活力皆無で圭一とそっくりだそう。こんなしっかりものの妹がいたら良いですよね(笑)。
兄(にいにい)のため
 今はしっかりモノの沙都子ですが、実は昔はそうではありませんでした。沙都子には悟史という兄がいます。当時は悟史にべったりで、今では考えられないほどの甘えん坊でした。しかし、悟史がある時失踪(家出だと言われています)してしまい、それが自分が頼りないせいだと思った沙都子。いつかにいにい(悟史)が帰ってきた時のために、しっかりモノの妹になろうと誓ったのです。

 兄の悟史が失踪してから、そんなに長い時間は経過していないと思うのですが、その短期間でここまで様変わりすることを思うと、彼女の兄を想う強さを感じます。そんな彼女を不憫に思う、村で唯一の診療所「入江診療所」の入江先生(監督)も、一度は養子に迎えようと思ったことがあったそうです。
トラップマスター
 トラップの扱いでは雛見沢イチ。部活内でもその熟練ぶりを発揮し、圭一らを翻弄しています。水鉄砲を使ったサバイバルゲームでは、しぶとく生き残り「レナ」と一騎打ちをしました。その時、レナが「非常時に」とあらかじめ隠し持っていた予備の水鉄砲を、細工して使えなくするなど、トラップ使いの意地を見せました(結果はレナの奇策に敗れてしまいましたが・・・)。

 また、そのトラップは“本物の訓練”を受けた人間にも効果絶大。リカを狙おうと企む謎の男らを、次々とトラップにはめて葬りました。実際の専門家を相手に渡り合えるほどの能力を、いち少女が持っているのも凄いですよね。沙都子ちゃんには逆らわないほうが良いかもしれないです(笑)。

 仲間内ではしっかりモノの女の子。しかし、その内では失踪した兄の悟史の為に一生懸命に努力しているのです。アニメでは、悟史が沙都子の元へ帰ってくるというようなお話はありませんでしたが、いつか帰ってきて仲良く笑って欲しいですね。
(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通(C)07th Expansion/竜騎士07(C)2007.2008.2009.2011/雛見沢御三家(C)アルケミスト

記者(真夏日【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


北条沙都子についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ひぐらしのなく頃にシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!