アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:bearさん

古手梨花

フルデリカ

ひぐらしのなく頃にシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

圭一の下級生で沙都子と同学年。古手神社の一人娘で、雛見沢村御三家・古手家の最後の1人。毎年6月に行われる「綿流し」では巫女役を務める。「オヤシロさま」の生まれ変わりだと言われており、冷静さと神秘性を兼ね備えた少女で、村中の人間から可愛がられたり崇められている。「梨花ちゃま」と呼ばれることもある。また、友人や御三家の人間を呼ぶときは名前を呼び捨てにし、その他の人間に対しては名字を呼び捨てにしている。髪の色は青で、長さは腰にかかるほどである。年齢は小学6年生程度(昭和53年が舞台の暇潰し編の描写では、既に小学校に入学している様子。そのため昭和58年では6年生と推定)。誕生日は8月25日。年少ながら家事全般が得意で、特に料理のレパートリーは豊富。ちなみに小柄で背が低いことと胸が無いことを、密かに気にしている。そのため部活メンバーの中では一番巨乳である魅音に少々嫉妬をすることもある。趣味として沙都子には隠れてワイン(Bernkastel産)を飲んでいる(『祭』『絆』では未成年の飲酒に問題があるとして「ブドウジュース」になっている)。【性格】:子猫のような愛くるしさで周囲をいつも和ませているのだが、その振る舞いはなかなか狡猾で、猫というよりは狸。人の不幸や失敗が大好きで、そんな人を見つけては頭を撫でて慰めてあげることに無上の喜びを感じている。一人称が「ボク」であり、口数は少ないが「 - なのです」「みぃ」「にぱ?☆」などの口癖を持ち、不思議な存在感をかもし出している。普段の可愛い性格の梨花は「その世界の古手梨花」としての性格(年相応を意識しているときの性格)であり、その時の一人称や「 - なのです」といった口調は、彼女に色々教えていた羽入の真似である。そして、時折現れる「黒梨花(作者談)」と呼ばれる大人びた性格が「100年の魔女」である彼女の本来の性格である。その意味では、長い時間を経て精神だけの存在として「各世界の古手梨花」から独立化したと言っても過言ではない。「100年の魔女」として非情な言葉を発することがあるが(このときの一人称は「私」)、本来は心優しく仲間思いの性格。沙都子とは本当に親友だと思っており、北条家という理由だけで村から迫害されていることに胸を痛めている。また、自分が死ぬことを「運命」として受け入れきっている節があり、自分が死ぬ結末を回避するために他の人間達の辿る道程を操作し干渉させて自身の運命を覆そうと試行錯誤するも、そのたびの世界の流れに身を任せて一喜一憂するばかりで「自分自身が辿る道を、自分自身で捻じ曲げる」という観点が欠落してしまっており、本質的に梨花自身が一番「惨劇は回避できる」という希望を信じていないことを羽入によって指摘されている(澪尽し編)。実際に仲間として慕っている部活メンバーを過小評価してしまう場面も多い。彼女の名台詞である「もう、決まっている事なのです…」という言葉も、取り返しのつかない惨劇へのフラグが立ってしまった時に多く見られ、度重なる失敗において心が擦り切れて「精神の死」が近い彼女の深い諦観の心象が垣間見える。また、表の人格で誤解されがちだが、年相応の女の子らしい感情もあり、祭囃し編で赤坂を自分の家で寝泊りしてもらう発言を羽入がした時、顔を赤らめながらそれを拒む場面もある。ちなみに沙都子や羽入をからかったりすることが好きで、「古手梨花」として沙都子をからかう時はほとんど故意でやっている。ただし、羽入や沙都子に依存している節もある。ループする前の最初の梨花は、沙都子と同じように悪戯好きで明るい性格だった。斜に構えた性格になったのは、ループから抜け出せないことや自分ではどうしようもないなどといった諦めが原因である。【家族構成】:両親は共に他界しており、神社の集会所の裏手にある倉庫小屋にて親友の沙都子と二人暮らしをしている。一応両親がまだいた頃に使っていた家は残っているが、過去のことを思い出すという理由でめったなことがない限り帰ることがない。外出先でも沙都子と一緒にいることが多い。両親は連続怪死事件の3年目の被害者。出題編にて夫は入江診療所で急死したと病院関係者の関与が暗示されているが、実際この事件は唯一鷹野の「山狗」によって行われた偽装殺人である。妻は「鬼ヶ淵沼に身を沈めた」となっているが、実際は入江診療所の地下で鷹野によって生きたまま麻酔なしの頭部切開が行われ(コミック版のみの描写。原作においては具体的な記述はない)、梨花も母の死の真相をある程度知っているようである。しかし、梨花自身何度も世界を繰り返し惨劇を回避できなかったため、死という事実を受けいれている。だが、両親のことを決して嫌っているわけではない。両親の死が絶対的なものだと思い込み何百年も拒絶してきた。また、両親に羽入の存在を語ったり、母親よりも料理をうまく作ってしまい気味悪がられていて不仲のように描かれているが、本当は普通の女の子として生活してほしいという願いだったようだ。 ひぐらしのなく頃に礼では母のぬくもりと優しさ、そして家族のぬくもりを理解することができた。【ゲームスタイル】:部活でのゲームスタイルは、強い個性を持った他の4人に比べて余り目立たないものの、堅実に、そしてしたたかに漁夫の利を目指すタイプである。また、自分の可愛らしい振る舞いを生かして相手を骨抜きにすることもできる。

出典:wikipedia

誕生日:8月25日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
古手梨花とは?(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

子猫のような愛くるしさで周が囲をいつも和ませているが、その振る舞いは狡猾で猫というよりは狸。人の不幸や失敗が大好きで、そんな人を見つけて慰めることに無上の喜びを感じる。

誕生日

8月25日

性別

声優

田村ゆかり

俳優

あいか

髪の色

藤色

学校・会社

雛見沢分校
愛くるしい見た目や言動!雛見沢村のマスコットキャラ「古手梨花」の魅力『ひぐらしのなく頃に』
【画像】古手梨花(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
 同人ゲームから人気になったサスペンスアニメ『ひぐらしのなく頃に』。その暇潰し編のヒロインであり皆殺し編、祭囃し編の主人公が「古手梨花」です。魅力的なキャラクターの多い『ひぐらしのなく頃に』において、欠かすことのできないキーパーソンであり、マスコットキャラである「古手梨花」の魅力を余すことなくお伝えしたいと思います。
かわいい口癖!
 『ひぐらしのなく頃に』の舞台である、雛見沢村のマスコットキャラとして有名な梨花ちゃまですが、彼女にはかわいい口癖があります。作中にも頻繁に登場するこのセリフが好きだという人は多いはず。ひとつめは、「にぱー☆」です。笑う時によく使われるもので、ファンの間では“梨花の鳴き声”と呼ばれています。そしてふたつめは、「なのですよ☆」です。語尾によく使われるもので、独特な口癖や言い回しの多い「古手梨花」のこういった台詞は“鳴き声”と表されることが多いです。
幼いのに多大な影響力がある。
 「古手梨花」は幼いですが、村に多大な影響力があります。というのも、「古手梨花」は雛見沢村御三家の筆頭である古手家の現頭首なのです。まだ幼い子供ですが、自分が影響力のある立場だということを理解しており、立ち回る狡猾さも持ち合わせています。彼女は“100年を生きる魔女”で精神年齢はとても高く、実は非常に狡猾で腹黒いのです(そのギャップが素敵です)。
ずる賢さナンバーワン!愛くるしい姿は猫というより狸?
 とても愛くるしい見た目と口調で相手を骨抜きにしてしまう梨花ちゃんですが、自分が可愛いことをとてもよく理解しており、わざと相手に媚を売って骨抜きにして、勝負を勝ち抜こうとする場面も・・・。わざとだったにしても、その姿はとても可愛く、何でもしてあげたくなってしまうほどの愛嬌なので、誰からも咎められることはありません。しかし、そういった狡猾さを知っている部活メンバーからは時折厳しくされることもあります(とても微笑ましい光景で眼福です)。
とってもキュートな巫女姿!
 「古手梨花」は、雛見沢村御三家筆頭の古手家の頭首で、現役の巫女さんです。冷静で神秘性も兼ね備えた申し分ない美少女で、毎年おこなわれる「綿流し」のお祭りでは、巫女装束に身を包み、奉納の演舞を披露します。雛見沢村に伝わる守り神「オヤシロ様」の生まれ変わりだとされており、村人のほとんどから神聖視されています。ちなみにお祭りで披露する巫女姿は、部活仲間である「竜宮レナ」の“かぁいいモード”が全開になるほどにかわいいです。

 魅力的なキャラクター、深いストーリー性。まだ観ていないという方は、ぜひ一度ご自身の目で「古手梨花」そして『ひぐらしのなく頃に』シリーズの魅力に酔いしれて下さい。
(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通(C)07th Expansion/竜騎士07(C)2007.2008.2009.2011/雛見沢御三家(C)アルケミスト

記者(ゆかさん【公式】さん)

関連画像

タルタランさん
0 pt
がまくんさん
0 pt
あすなろさん
0 pt
しゅっぽさん
0 pt
bansuiさん
0 pt
てっちんさん
0 pt
keiさん
1 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



古手梨花についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ひぐらしのなく頃にシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!