アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:konkonさん

相良宗介

サガラソウスケ

フルメタル・パニック...

0

pt

キャラクター紹介

ミスリル作戦部西太平洋戦隊“トゥアハー・デ・ダナン”陸戦ユニットSRT(特別対応班)所属。階級は軍曹。コールサインは"ウルズ7"。認識番号はB-3128。幼い頃からゲリラや傭兵として世界各地の戦場を廻ってきた凄腕の兵士。兵士としての才能や特殊な力は無いものの、長年の経験から兵士としての技能やマインドセットは非常に高く、若いながらミスリルのSRT(特別対応班)に選抜されるほどである。専門分野は偵察作戦とサボタージュ、ASの操縦。この内、ASの操縦にかけては自ら「専門家(スペシャリスト)」を名乗り、それに違わぬ実力を持っている。幼少期から戦場で生き抜いてきたため、人を殺した数は軽く3桁を超え息をするように人を殺せる。命乞いする捕虜を射殺した経験や、背中を見せ泣いて逃げる敵兵を殺した経験もなどあり、作中で目的のために非人道的行動を取る事も少なくない。ガウルンからは、少年時代の名前である「カシム」と呼ばれている。ミスリルの傭兵スカウト訓練キャンプにおいて、宗介と初めて出会った際に、マオは「ソウスキー・セガール」と誤って読んでいた。また、ミスリルに入る前まで(傭兵時代)の知り合いも「セガール」と呼ぶ。彼自身、短編「約束のヴァーチャル」においてMMORPGの自キャラの名を「Seagal(セガール)」としており、呼び名にはさほど頓着しないようである。年齢、人種、両親、本名など不明な点が多い(後述)。無表情で無愛想ではあるが基本的に口数は少なくなく、仲間想いでもあるため信頼できる戦友が多い。陣代高校に通っていた時期もそれなりに友人がいた。基本的には善良であり優しい性格をしているが、「どんな手段を使ってでも殺す、銃が無ければナイフで殺す、ナイフが無ければ素手で殺す、両手が切り落とされれば喉笛を噛み千切る、死んだとしても尖った骨となり敵が踏むのを待つ様な男」と称される。その性格は、同僚のクルツやマオ曰く「ネクラ・朴念仁・唐変木」。野性的な本能に忠実で、直感によって行動する。従って、彼の行動はむしろ野生動物(特にイヌ科)のそれに近いところがある(故に、後述する犬ソースケが誕生した)。常時臨戦態勢で生活し、東京にあってもそれは変わらず、基本的に寝る時はナイフを握り目を開けたままベッドの下で寝る。また、2時間ごとに目を覚ます。ささいな日常の出来事に対して、物騒な発言や行動などが目立つ。これは、カリーニンに言わせると「幼いころの彼は限りなく善に近い存在として生まれてきたように見える」とのことである(その様子についてはサイドアームズ2「極北からの声」にて語られている)。また「彼は争いや戦いを恐れている節があった」とも語っており、作者も日本で普通に育っていたら善良な人間(ちょっと善良なオタクと発言した事もある)になっていただろうと語っている。短編で宗介が暴走を繰り返すことが多かったのは、かなめを監視しているレイスが狙撃銃の照準を合わせる「遊び」をした際に、その殺気に敏感に反応していたからである。偶然とは考えられないほどウィスパードと関わる機会が多い。ただしナミは、彼を「どこまでも普通の人」と語っている。忍耐強い性格をしており、かなめに理不尽な振る舞いをされても基本的に怒る事は無いが、内心鬱憤が溜まっていた時にかなめに向かって今までの不満を一気にぶつけた事がある。幼年期はソ連の暗殺者養成機関「ナージャ」で、その後少年期の大半をアフガニスタンという多民族地帯で過ごし、さらに世界各地の戦場を転戦したため、話せる言語は確認できたうちでも日本語、英語、ロシア語、アフガン方言でのペルシャ語、ウルドゥー語と幅広い(しかし読み書きは全く出来ない)。簡単な会話程度ならスペイン語も扱える。逆に日本文化との接点に欠けるため古文・日本史が苦手で、日本語自体も相手の質問に「肯定だ(アファーマティブ)」と答えるなど、軍用語の直訳を多用し、若干肩肘を張った感がある。ただしこれは、彼に日本語を教えた若き日のカリーニンの影響によるところが大きい。上記の通り、アフガニスタンで育ったこともあって、彼はイスラム教徒である。しかし、断食月のことを気にしてはいるが、豚肉を何の抵抗も無く食べるなど、ほとんど戒律は守っていない(ただしイスラム教では、他教徒の支配地ではタブーにはならず、それ以前に戒律に対する態度そのものが本人次第という一面もある)。なお、本人曰く「コーランの暗誦は出来る」らしい。そもそも彼の場合は宗教に関する意識自体が希薄であり、クリスマスも「敵兵の警戒が弱まってくる境目の時期」という認識でしかない。ちなみにこれは、アフガニスタン時代にソ連兵と戦っていた経験から。左頬に十字の傷跡があるが、これがいつ付いたものであるかは不明。ただし、原作においてはアフガニスタン時代のイラストでは傷が付いていない(アニメ版『フルメタル・パニック! The Second Raid』では、ガウルンの回想で初めて宗介と出会った時には既に十字傷が付いていた)。髪は普段、自分でナイフを使って適当に切っているためボサボサ。床屋や美容院では「他人に刃物を突き付けられる」状況が耐え難いらしく、かなめに薦められて床屋を初体験した際は、理容師を本能的に組み伏せてしまった。軍人らしく身体は引き締まっており、黙っていれば女性からも、それなりに「格好良い」と思われる顔立ちをしている。服装は基本的に野戦服である。幼少期は少女の様にも見えたため、男に夜這いされかける事も多々あった。武器商人との個人的なコネクションを持っており、武器弾薬や怪しげなアイテム(使途不明の電子回路など)を購入している。また、短編では量産型ボン太くんの開発を共同で行い、警察など各種団体に売り込むといった副業も手がけている。主な取引相手は「ブリリアント・セーフテック社」など。ありとあらゆる武器に精通しており、どのような武器でも兵器でも使いこなすことができるが、信頼性の高い武器や兵器を好み、逆にラムダ・ドライバのような必要な時に確実に動作しない兵器は毛嫌いしている。また通学時はグロック19を携行しているが、ほぼ短編でしか発砲していない。長編では主にアサルトライフルやサブマシンガンを使用している。AS搭乗時の主武装は機種を問わず、多種多様な弾頭をセレクトできるOTOメララ社の「ボクサー」57mm散弾砲および76㎜散弾砲。護衛任務(実質的には囮任務)で陣代高校に通っていた頃は「安全保障問題担当・生徒会長補佐官」、同2年4組では「ゴミ係」(アニメではゴミ係兼傘係)を任されていた。傭兵やゲリラとしての経験が長いため、平和な社会での常識は皆無で、常に拳銃を所持しており、その他にも手榴弾やプラスチック爆弾などを所持している時があり、常に戦場の常識に則り行動していた(ただし物語が進むにつれ常識が身につき暴走することも少なくなっていった)。かなめ曰く、「戦争ボケ男」。理数系科目を得意としているが、日本文化に触れる機会が殆ど無かったことから古文が大の苦手で、俳句の内容を軍事的に解釈するなど、教師から見れば悪ふざけとしか思えないような珍回答をすることも。その生い立ち故に、これまで受けることができなかった一般的な中等教育を受ける良い機会として授業は真面目に取り組んでおり、苦手科目を克服するために、かなめのノートを借りることも多い。なお、本作を扱った各種パロディ作品では、よく犬に例えられる(一巻でかなめが宗介を「野良犬」に喩えたため)。一例として作者である賀東招二と親交のある漫画家井上よしひさの漫画作品『おじいちゃんは少年探偵』に出て来る傭兵犬「ソース」のモデル。また、本作のイラストを担当する四季童子自身によるキャラクター「犬ソースケ」も存在する。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
相良宗介とは?(フルメタル・パニック!シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ミスリル作戦部西太平洋戦隊陸戦ユニットSRT(特別対応班)に所属する兵士。幼いころから軍人として戦場に行っていた為、戦闘知識や経験が豊富だが、それ故一般的な感性や知識に欠けている。性格自体は真面目。

性別

通り名

コッペパン/戦争ボケ

声優

関智一

学校・会社

陣代高校/ミスリル作戦部西太平洋戦隊陸戦ユニットSRT(特別対応班)

部活・委員会

生徒会

職業

兵士

役職

生徒会長補佐
不器用だけど気持ちは真っ直ぐ!「相良宗介」の魅力とは?『フルメタル・パニック!』
【画像】相良宗介(フルメタル・パニック!シリーズ)
 「相良宗介」は、幼少期より戦争の絶えない地域で育ち、戦争の世界しか知らずに過ごしてきました。生まれは日本ですが、赤ん坊の時に乗っていた船が沈没し、「カリーニン」によって救出されます。この時に宗介の母親は深手を負い、幼い宗介をカリーニンに託すと、自らは沈んでいく船に身を投げます。

 そうして保護された宗介は、日本に送還されることはなく中東の戦闘地域へ送られ、ゲリラとして訓練を受けた後に敵側としてカリーニンの前に現れます。数年後に強襲潜水艦「トゥワハー・デ・ダナン」の隊員として再会を果たし、徐々に普通の人間としての見聞と常識を学び、成長していく宗介。今回はそんな「相良宗介」の魅力を追ってみたいと思います。
幼少から実践を経験したプロフェッショナル
 彼は、物心が着いた頃から常に過酷な環境に身を置いていました。そのため、生き残る術として戦争のノウハウを学び、同年代では並ぶもののないほどの実力を身につけます。特にAS(アームスレイブ)と呼ばれるロボットの操作は他に類を見ないほどの腕前で、その実力は世界中の名だたるASの実力者の中でも飛び抜けています。

 しかし、一方で普通の世界にはなかなか適応できずに、常に周りを警戒している様子は普通の高校生としては異様で、度々要に注意されています。これもひとえに戦争しか知らなかった彼の境遇のせいでしょう。
度重なる心労と葛藤
 宗介は「千鳥要」と出会うことで、普通の高校生としての生活に徐々に溶け込んでいきます。ぎこちなさは残るものの、それは宗介自身にもいい影響を与えています。しかし、用心のためにおこなっている突飛な行動(爆弾や催涙ガスの使用)が、なぜ周りから注意されるかわからない・・・という心労も相当なものだったでしょう。

 物語の中で、宗介は自身に課せられた重圧に負けそうになり、任務を放棄してしまいます。そんな姿を見かねた要から激を飛ばされ、宗介はなんとか自信を取り戻します。そして、それまで以上の大きな成果を上げることに成功するのです。葛藤や苦しみを乗り越えて、彼の心が人間として成長していく様こそ、この作品の魅力であり、「相良宗介」の魅力(のひとつ)であるといえるのはないでしょうか。
一人の人間として成長していく様
 要は宗介のことを「ヘタレ」「弱虫」と言う一方で、「とっても強い」「やさしい」とも評価しています。それは彼女自身も宗介を必要としているからこそ。宗介も要に対して信頼を置いています。ちなみに、次第に宗介も要のことを想うようになっていくのですが、あからさまにそうした仕草を出すことはありません。そうした中で宗介の成長は、要の学校への潜入任務からわずか半年の間に大きく現れます。上官であるカリーニンからも「予想以上の効果」と言わしめたほど。

 宗介のかつての仇敵である「ガウルン」が宗介と再開した時に、彼は「随分不抜けた」と吐き捨て、「あの頃のお前は実に魅力的な目をしていた」と、幼少の頃の宗介(戦争に染まりきっていた宗介)の心が今では見る影もないと酷評します。しかし、裏を返せばそれは、宗介自身の人間としての成長の証でもあります。そんな大きな成長を魅せてくれる「相良宗介」の魅力、ぜひご自身の目でお確かめ下さい。
(C)賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners

記者(もんきち【公式】さん)

関連画像

branさん
0 pt
チョコさん
0 pt
coupeさん
0 pt
ちのなっぱさん
0 pt
zashikiさん
0 pt
まつださん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



相良宗介についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>フルメタル・パニック!シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!