アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:周平さん

イワーノ・ゲペルニッ...

イワーノゲペルニッチ

マクロス7

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

プロトカルチャーによって製造された生体兵器エビルシリーズ中最大・最強の個体を器とするプロトデビルンの頭目格。プロトカルチャー暦2872年に「アニマスピリチア」の力によって他のプロトデビルンと共にバロータ3198XE第4惑星に封印されるが、約50万年後の西暦2043年、第4惑星を訪れた地球人の特務調査部隊が封印のフィールド中和作業を行い、意識のみが覚醒する。封印チャンバーを最初に発見した調査船団の指揮官である地球統合軍本部幕僚イワーノ・ギュンター参謀と意思疎通した後、その肉体に精神のみ憑依、「イワーノ・ゲペルニッチ」となり、調査船団のメンバーを精神制御して配下とする。自らはゴーグルで素顔を隠し、艦隊旗艦宇宙空母のブリッジにおいて自ら様々な作戦を立て、配下に実行させる。常に詩的で謎めいた言葉を使うのが特徴で、敵方とモニター越しで会話する際は必ず最初に自分の名を名乗る。数々の特殊能力を有し、仮の肉体であってもスピリチア吸収、他者の空間転移、掌からスピリチアエネルギーを放出する「スピリチアストリーム」などといった様々な能力を使用することができる。2045年に移民船団マクロス7を発見、自らの「夢」に基きスピリチアを無限に供給することを目的とした「スピリチアファームプロジェクト」を提唱する。マクロス7船団に対し調査・実験を行った後、計画の完成を目指す。その際、熱気バサラが「アニマスピリチア」であることを確認し、吸収対象のスピリチア自己再生の手段として捕獲を命じる。また自身の指揮を離れ、アニマスピリチアの影響を受けつつあったシビルを危険視し、抹殺命令を出す。その本体は青色と紫色の突起などが八方に広がった形状で、通常の状態では波紋状の黒い物体に覆われている。サイズはスピリチアを吸収することにより増大し、最大で主系列星の星系半径以上となる。スピリチアが減少すると自らの意思に反して暴走を始め、周囲の黒い部分が吹き飛び、強力なエネルギー波や光線を発しながら無数の触手と暗黒色のエネルギーで全銀河のスピリチアを無限に吸収し続ける「スピリチアのブラックホール」と化す。2046年2月、他の全てのプロトデビルンが覚醒し、シビルを封じた後に自らの本体も覚醒、ギュンターの肉体を取り込みその中枢とするが、マクロス7側の反撃を受けて暴走を始め、計画は完全に頓挫する。一度は絶望するものの、目の前で歌うバサラに触発されて自ら歌い、スピリチア自己再生種族へと進化を遂げる。2003年の井上の死去により、プレイステーション2用ソフト『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』では早間京子が演じた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

vitaminmさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【イワーノ・ゲペルニッチ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


イワーノ・ゲペルニッチについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>マクロス7のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!