アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ヨクサルさん

国見比呂

クニミヒロ

H2

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

千川高校3年(開始当時:千川高校1年)。投手・中堅手。右投げ・右打ち。物語の主人公。ひかりと野田は幼馴染で、英雄・ひかり・野田とは同じ中学校。中学時代から豪速球で名を馳せた投手だったが、上武医師の「3ヵ月で確実に肘が壊れる」という言葉を受け、野球への未練を断ち切るため野球部のない千川高校へ進学し、サッカー部に所属。サッカー部と野球愛好会との野球の試合で、サッカー部の野球を侮辱するような言動に耐え兼ね、試合中に退部して野球愛好会に入会した。その後上武医師の無免許が発覚、診断が間違ったものだと知る。それを受けて本格的に野球を再開する。152km/h(高校3年時の夏の北東京予選で計測)のストレート、成功率の低い140km/hのフォークや、スローカーブやチェンジアップなど切れのよい変化球を持ち球とする。さらに対英雄対策として高速スライダーも覚えた。併せて構えまま動かさないミットへ投げる事のできる抜群のコントロール、無尽蔵のスタミナ、「ピッチャー返しを取らせたら右に出るものはいない」と自ら豪語するフィールディングも兼ね備える超高校級投手。ただ、気持ちにブレーキを掛けるのは苦手で、打たせて取るピッチングを指示されても1試合すべては我慢できない。バッティングも非凡で足も速く、中・高を通して3番を打つ。特に打撃に集中する状況での打撃は卓越しており、中学時代のサヨナラ安打数は英雄のものよりも多かった。木根が登板した時は、センターを守っている。明和一監督・稲川曰く、「どんなピンチも野球の楽しみに変えてしまう」野球大好き少年。また、稲川監督は英雄よりも比呂の方が欲しかったと明かしている。春華に好意を寄せ、また、英雄とひかりの仲を気にかけている。2年夏の北東京大会でノーヒットノーランを達成後、アクシデントで春華とキスしてしまう。後に相思相愛の仲になる。1981年1月16日生まれ。名前の由来は誕生日の語呂合わせだと比呂自身は語っている。(しかし物語当初の誕生日は1月28日だった。後に作者がフォロー)単行本最終巻終盤において、メジャーリーグ挑戦をうかがわせる発言をする。国内やメジャーに特に入団を希望する球団はない。

出典:wikipedia

誕生日:1月16日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

まりりんさん
0 pt
sakigoroさん
0 pt
湘南のおねえさんさん
0 pt
えりたんさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



国見比呂についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>H2のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!