アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:マッシュさん

伊織・フェイト・刹那

イオリフェイトセツナ

俺の妹がこんなに可愛...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

第3巻から登場。20代半ばくらいの年齢の女性。クォーターで、この一風変わった名前は両親によって名づけられた本名である。周囲からはミドルネームで呼ばれているが、本人は自分の名前を恥ずかしく思っており、本名で呼ばれることを嫌がっている。中性的な背格好の美人であり、男装をすると一見して女性とは分からない。昔、一人称が僕だった。原作とアニメ版では異なる立場や役回りで登場する。 【原作版】原作では雷撃文庫の作家志願者。10年間の下積みを経てようやく担当編集者の熊谷から作品を評価され、「理乃」の筆名でデビューを予定していたが、実はデビュー作の『妹空』は桐乃が書いたケータイ小説の盗作。投稿サイトで頭角を現しつつあった桐乃に編集者を装って近づき発表前に盗み出したもので、そのため初登場時には京介や黒猫らと敵対する。後日盗作を認めて和解し、桐乃の口添えで『妹空』『妹空2』の編集作業に協力するものの、その後の生活は困窮しており、一度はメディアスキー・ワークスへの就職を志すものの面接で失敗し、外国為替証拠金取引で大損するなど借金を重ねている。一方で黒猫との出会いを通して初心を取り戻し、前向きな姿勢を貫こうともしている。売れ筋を見極め他人に助言をするようなことは得意だが、自身の作家としての才能は評価されていない。以前は黒猫が書く同人誌と似たような傾向の小説を書いており、性格も似ている部分があり、泣きぼくろの位置まで同じ。作者によれば、彼女は黒猫の「上手くいかなかった未来像」をイメージした人物であるという。【アニメ版】アニメ版第8話に登場。アニメ版ではメディアスキー・ワークスに勤務する本物の編集者となっており、「理乃」の筆名で雷撃文庫からライトノベルを出版した桐乃を担当している。第8話では桐乃が執筆した『妹都市』のアニメ化に関する会議に出席するが、内容の大幅な改編が行われようとしていることについて、それは『妹都市』である意味がないのではないかという苦言を述べた。原作における京介と黒猫と対立するフェイトの役割は、アニメオリジナルキャラクターである三津野が背負っている。【【ゲーム『俺の妹P』】ゲーム『俺の妹P』では、桐乃の小説『妹都市』は盗作騒動を経てアニメ化が行われたとされ、原作の出来事とアニメ版の出来事はどちらも起こったことであるという設定がされている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

ジオンさん
0 pt
ひろこさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【伊織・フェイト・刹那】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


伊織・フェイト・刹那についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>俺の妹がこんなに可愛いわけがない。のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!