アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:chiezoさん

ダイゴウジ・ガイ

ダイゴウジガイ

機動戦艦ナデシコ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

エステバリスのパイロット。パーソナルカラーは青。18歳。北海道出身。本名は「山田二郎(ヤマダ・ジロウ)」なのだが、本人曰くヤマダ・ジロウは仮の名前で、「ダイゴウジ・ガイ」は魂の名前、真実の名前とのこと。ゲキ・ガンガー3を信奉する重度のゲキガンガーオタクである。その為、エステバリスの操縦席にお宝(ゲキガンガーの超合金)を持ち込んだり、攻撃にゲキ・ガンガーの技名を付けたり、自機を「俺のロボット」「スペースガンガー」などと呼んだりしていた(実際、「エステバリス」と呼んだ事など殆ど無い)。とにかく自信過剰で自分勝手。人の話をこれっぽっちも聞かない。自分自身やシチュエーションに酔いやすく、独断専行からピンチに陥りながら辻褄を合わせるように活躍する(それが出来る腕前はあるということ)。しかし、ブリッジクルーからは呆れられ、整備班からは無視される。唯一の理解者であるアキトでさえ、彼の行動には呆れていた。しかしながらパイロットとしての能力、技量自体は高レベルであり後述の通り第2話では咄嗟の機転と作戦でアキトを救い出しルリからも「お手柄」と言われている。第3話のデルフィニウム部隊との戦闘では射撃武器も持たずに突っ込みデルフィニウムを撃墜、その後も複数を破壊し最後はミサイルの雨の中で一発も被弾していなかったりする。第1話でエステバリスに乗り必殺技を披露したときにバランスを崩し転倒、左足を骨折してしまう。エステバリスの初陣で艦を救うという「オイシイ場面」を持って行かれた上、ユリカに慕われているという嫉妬からアキトを嫌いバカにしていたが、第2話で“合体”によりアキトの窮地を救った。アキトにゲキガンガーのビデオを見せ、すっかり“その道”に引きずり込む。だが、感動の余韻に浸るアキトを部屋に置き去りにして出し抜くなど自分勝手振りは相変わらずであった。第3話のラストでムネタケ達の脱走を目撃した際に撃たれ、第4話の冒頭で呆気無くその人生を終える事になった(3~4話で死ぬ事はキャラメイク時より既に確定していた)。アキトを除く他のクルーたちの反応は冷淡そのものだったがこれはそもそも交流期間が短かったためで彼が全員に嫌われていたと言う訳ではないと思われる。しかし、死後に至ってもアキトに与えた精神的影響は大きく、死亡後も回想シーンや幻などで度々登場した。作中語られる事はないが元軍人で正規の軍訓練を受けたと言う設定がある(エリナが彼を「ヤマダ少尉」と呼んでいたのはこのため)。漫画版では、宇宙風邪にかかりながらも出撃し、ナデシコを守るため戦死。その後、彼のエステバリスの頭部は形見としてアキトのエグザバイトに使用された。なお大和の彼は宇宙海賊キャプテン・ガヴァメントとして宇宙戦艦スペース・ヴァグラントで宇宙を巡り、機動兵器デススカルを駆る。また大和での彼は魂の名であるダイゴウジ・ガイが本名になっている(名前は漢字で「大豪寺 凱」と表記されていた)。ドラマCD『お洒落倶楽部』では、70年代の特撮ヒーローにはまり、巨大化したコウイチロウに潰されている。ナデシコ単独のゲーム作品では時系列的に彼の死後が多い為、登場できない場合が多いが、ニンテンドーDS用ゲーム『スーパーロボット大戦W』では死亡する設定がカットされ無条件で生存(ただし長期離脱する)、オリジナル要素として劇場版設定のグラフィックが用意され、劇場版アキトとの合体攻撃の際には顔のアップ絵も見る事が出来る。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ダイゴウジ・ガイとは?(機動戦艦ナデシコ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

本名は山田二郎!?熱いハートを持つ男「ダイゴウジ・ガイ」の魅力とは?『機動戦艦ナデシコ』
【画像】ダイゴウジ・ガイ(機動戦艦ナデシコ)
 常に暑苦しく周りを振り回し、独断専行してしまうトラブルメーカー。しかし、不思議と憎めない人型機動兵器エステバリスのパイロット。それが今回ご紹介させて頂く「ダイゴウジ・ガイ」です。
スーパーロボットアニメ「ゲキ・ガンガー3」の熱狂的なファン
 劇中におけるスーパーロボットアニメ「ゲキ・ガンガー3」が大好きなガイ。アニメ全話をナデシコに持参してきます(「ゲキ・ガンガー3」は物語開始時において、100年前の作品であり、旧式のビデオデッキを持ち込むなど、ロボットアニメオタクというよりは純粋に「ゲキ・ガンガー3」が大好きなのだということがわかります)。プラモデルを持ち歩き、実際の人型機動兵器エステバリスを「ゲキ・ガンガー」と呼んだり、戦闘中においても「ゲキ・ガンガー3」の技名や台詞を連呼するなど、偽名を「魂の名前だ!」と堂々と宣言している時点でお察しですが、行き過ぎた言動、行動から、他のクルーからは呆れられるような描写が多いです。その中で主人公の「アキト」とは「ゲキ・ガンガー3」繋がりで親しくなり、男同士でアニメを観賞しながら号泣し、抱き合うシーンはなかなかの笑いどころです。
パイロットとしては非常に優秀
 第1話において、実際のロボットに乗れる喜びから、ナデシコの格納庫で制止も聞かずにエステバリスを狂喜しながら乗り回します。しまいには転倒させて自身も足を骨折するなど、人の言うことに全く耳を傾けずにやりたい放題・・・。最初からお騒がせ3枚目の役回りのガイ。しかし、「性格に問題ありでも実力は一流」の他のナデシコクルーと同じく、機動兵器の操縦技術は大したものであり、ピンチに陥ったアキトを救う、複数の敵機相手にまともに被弾することなく立ち回るなど、口だけではない優秀さはガイの魅力です。特にアキトとは戦闘においても助け合う間柄で、主人公の相方ポジションとして、活躍することを期待されたガイでした・・・。が・・・。
悔やんでも悔やみきれない退場
 以降、ネタバレとなります。ガイの更なる活躍を期待した矢先、第3話終盤にてナデシコからの脱走を図る「ムネタケ」に銃撃され、第4話冒頭で手術の甲斐なく死亡してしまいます・・・。

 あまりにもあっけないガイの死。出会って間もなかった事、これからの航海にナデシコクルー全員に不安があったこともありますが、アキトを除き、ガイの死に対し冷めた態度のナデシコの面々。全26話の作品において、早々に物語から退場したガイですが、強烈なキャラクターのあまり、その早すぎる死が我々視聴者に与えた影響は相当大きなものがありました。

 アキトにとって、ガイの死は「ゲキ・ガンガー3」のような勧善懲悪。ご都合主義の展開など現実にはあるはずがないと改めて思い知らされるものの、ガイの憧れた正義はアキトにも感じるものがあるようで、度々アキトの回想にガイが登場します。やはり、ガイの存在は想像以上に大きく、物語が進むに連れて何よりもガイが誰よりも愛した「ゲキ・ガンガー3」が重要な鍵となっていく事からも、話を重ねる度に「ガイが生きていれば・・・」とその死を悼み、涙しながら思う方も多かったのではないでしょうか。

 戦争を題材とする作品において、味方や敵の「死」は必ず描かれるものであり、仲間のために一人で奮戦し、重層なBGMをお供に非常に格好良く散る人物の多い中、ガイの死に様はあまりにもあんまりな描写ではありますが、対立により脱走を図る者に撃たれるという展開は決して不自然ではないため、そのあっけない死に様が逆にリアルであり、ロボットアニメで散った人物達の中でも異彩を放っています。
ガイの見所=出番全て
 個性的な人物が集うナデシコクルーの中にあり、埋没しない濃い個性を持ち、わずかな出番でありながらも、笑いと「ゲキ・ガンガー3」のアニメ全話を遺して退場した「ダイゴウジ・ガイ」。ガイの退場の後に「スバル・リョーコ」「アマノ・ヒカル」「マキ・イズミ」などの魅力的な人物達が続々と登場。物語を盛り上げていくとともに、ナデシコを含め、地球人と戦っている者達の正体など、驚きと感動の連続で最終話まで一気に突っ走る『機動戦艦ナデシコ』。続編である劇場版「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」も制作され、どんどん過去の存在となっていくガイではありますが、その存在は唯一無二であり、主人公アキトに与えた影響を含め、同作を語る上では決して外せない人物でもあります。

 『機動戦艦ナデシコ』を初めて観る方は、ガイの暑苦しさに辟易してしまうかもしれませんが、是非最後まで優しくガイを見守ってあげてください。
(C)ジーベック/1998 NADESICO製作委員会
傭兵(バンタンゲームアカデミー ゲームライター専攻)

記者(傭兵【公式】さん)

関連画像

ジオンさん
0 pt
mappyさん
0 pt
kjoさん
0 pt
湘南のおねえさんさん
0 pt
間者猫さん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ダイゴウジ・ガイについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦艦ナデシコのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!