アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:かみーゆさん

カミーユ・ビダン

カミーユビダン

機動戦士Zガンダム

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

宇宙世紀0087年3月2日、ホワイトベースのキャプテンだったブライト・ノアが指揮する旅客用小型シャトルであるテンプテーションが入港したため、彼に会いに行くべく空手部をサボって幼馴染のファと共にグリーン・ノアの宇宙港へ向かったところで、同僚であるカクリコン・カクーラーを迎えに来ていたティターンズの将校ジェリド・メサに「女性的な名前」を馬鹿にされたために激昂し、ジェリドを殴りつけたためMPに逮捕される。ジェリドの操縦するガンダムMk-IIの墜落事故のどさくさに紛れて脱走し、偶然始まったエゥーゴによる同機の強奪作戦に個人的なティターンズとMPへの復讐心から加担し、そのままエゥーゴのクワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)らと共にグリーン・ノアを脱出する。両親との死別しかし、その後の個人的私怨に任せた迂闊な行動が、ティターンズに協力していた両親をバスク・オムによって人質にされる事態を招いてしまい、簡易カプセルに閉じ込められた母ヒルダはジェリドに殺害される。父のフランクリンは一度は救出されるが、彼はアーガマからリック・ディアスを盗み出し、そこをエゥーゴとティターンズの戦闘に巻き込まれ、流れ弾で乗機が撃墜されてしまい(脱出には成功したが直後の爆発に巻き込まれ宇宙空間へ放り出されてしまった)、結果的に両親を失う結果となる。小説版では、フランクリンはリック・ディアスを奪って逃走しようとしたところを、レコア・ロンドにより射殺される。これによりティターンズの本質を知ったカミーユは、ティターンズと戦う決意を固めていく。ガンダムMk-IIの専属パイロットエゥーゴの指導者であるブレックス・フォーラや、ヘンケン・ベッケナー、クワトロらからニュータイプとして天賦の資質があると見込まれ、エゥーゴの正規パイロットになることを薦められる中、MSの訓練を受けていない民間人でありながら、連邦軍のベテランパイロットライラ・ミラ・ライラを撃墜するという戦果を挙げ、アーガマのクルーからはアムロ・レイの再来と称される(ただし、カミーユとしてはアムロと重ねられるのは迷惑だったらしく、アムロ本人に出会ったときにそれを打ち明けている)。それ以来カミーユは、ガンダムMk-IIの専属パイロットとなり、宇宙世紀の歴史上で最も優れたニュータイプの資質を開花させていく。また同じ時期に、ティターンズより転向したエマ・シーンの窮地を察知し、それを救うという活躍を見せる。だがその一方で、エゥーゴのスポンサーであるアナハイム・エレクトロニクス社から社長の意向を伝えに来たウォン・リーにミーティングに遅れたことをとがめられ、それに対し謝ろうとせずに反論して殴打による「修正」を受けたり、しばらくの間そのことからふてくされた態度をとって、エマに殴打と叱責をされるなど精神的に未熟な面も多々あった(テレビ版のみ)。地球への降下同年5月、ジャブロー基地への攻撃作戦のため地球に降下し、地球連邦軍の守備隊やジェリドらティターンズと戦うが、ジャブローの地下に核爆弾が設置されていることがわかると地上での支援組織「カラバ」と合流して脱出する。この戦いでもニュータイプの力により、先に地上に降下したものの囚われの身となっていたレコアと、フリーのジャーナリストになっていたカイ・シデンの居場所を感知して救出する活躍を見せている。その後、宇宙への離脱を図る中で一年戦争の英雄達であるアムロ・レイやカツ・コバヤシらと出会う。その出会いの中で、カラバのリーダーであるハヤト・コバヤシがクワトロをシャアではないかと問い詰めるが、クワトロにはうまくはぐらかされてしまう。あくまで自分の正体を明かそうとしないクワトロの、逃げ隠れするような姿勢に苛立ちを隠せないカミーユは、「修正」と称して殴りかかる。なお、小説版では正体を察した上で陰で笑い話の種にし、劇場版ではハヤトとカイとの会話から正体がシャアであることを察し、殴りかかってはいない。フォウとの出会いその後、ニューホンコンでブライト・ノアの家族とも出会い、カラバのアウドムラ追撃の指揮を執っていた連邦軍のベン・ウッダーにより彼らとアムロが人質になった際には、水中用ザクと交戦し、これを撃破して人質奪還のきっかけを作るという活躍を見せるが、敵側の強化人間・フォウ・ムラサメとの運命的な出会いは、地球に降りたカミーユにとって大きな出来事となった。彼女と出会い、淡い恋に落ち短いデートの中で口付けを交わすほどの仲となるも、結局敵同士として戦うことになる。しかし、互いに名前へのコンプレックスを持っていたことからカミーユはフォウとの交戦中、彼女に心中を打ち明けた。それに応えたフォウの捨て身の行動と、アムロ達アウドムラのクルーの援護によって宇宙へ離脱。フォウと別れる直前カミーユは、彼女に対して初めて、今までコンプレックスだった自分の名前が好きだと告げた。宇宙に戻ると彼自身の意見も設計に反映されたΖガンダムが新たに配備され、カミーユの愛機となる。フォウとの再会~死同年11月、エゥーゴの勝利の鍵を握る作戦のためクワトロと共に地球へ降下し、キリマンジャロ基地への攻撃作戦を開始するが、そこで死んだものと思っていたフォウと再会。以前より洗脳が強化されていたが、必死の説得で心を取り戻した矢先ジェリドの攻撃からカミーユをかばい、フォウは絶命する。彼女の死はカミーユの心に大きな傷を残すことになり、一部始終を見ていたシャアとアムロに、7年前と同じ過ち(ララァ・スンの死)を繰り返してしまったと悲劇を予感しながら防げなかったことを後悔させた。そしてカミーユは、彼女の死をきっかけにニュータイプとして自分に与えられた役割を意識するようになる。ハマーンとの戦闘宇宙世紀0088年2月2日、再び宇宙へあがったカミーユは、「アクシズ」からグリプス2(コロニーレーザー)を奪取するためのメールシュトローム作戦において、ハマーン・カーンの駆るキュベレイと交戦。戦闘中、精神邂逅を起こすが、ニュータイプ同士で解り合える直前にハマーンに拒絶されてしまう。その後、小惑星基地アクシズ周辺空域で、一度はカミーユを兄と慕ってきた強化人間のロザミア・バダムと交戦。精神が崩壊したロザミアの姿にフォウの幻影を見る中で、アーガマを守るため止むなく撃墜する。グリプス戦役の最終決戦2月21日、グリプス戦役の最終決戦。カツやヘンケン、エマなど親しい人間だけでなく、ジェリドやレコアといった敵味方問わず生命が次々と散っていく激戦の中で、ますます進化したカミーユのニュータイプ能力は人々の死の思いや叫びを受け止め続け、もともと繊細で不安定だったその心は苦悩と怒りの限界に達しようとしていた。その苦悩と怒りは、グリプス2内でのクワトロ、パプテマス・シロッコ、ハマーンらの身勝手な言い争いを聞かされ、バスクたち身勝手な大人たちに反抗した彼らもまた身勝手な大人と化してしまったことを目の当たりにして幻滅することで、さらに高まった。そしてついにカミーユは、死闘の末に一番許せない相手であったシロッコを撃破するが、同時にシロッコの断末魔と共に発せられた青い光(シロッコのニュータイプの力と言われている)を浴びる。己の能力が強大になりすぎると共に宇宙に満ちる多くの人の死の思念を感じ、真空状態でヘルメットのバイザーを上げてしまうなど、既に危険な兆候が見られていたカミーユは、シロッコの断末魔の悪意まで自分の精神に取り込んでしまい、ついに精神疾患を発症する。ファ・ユイリィの呼びかけも聞こえず、モビルスーツの爆発を宇宙空間の星々と見間違えて無邪気に喜ぶその姿は常軌を逸していたが、同時にそれまでの苦悩すべてから解き放たれて安らかでもあった。本作の最終回で主人公が精神疾患を発症して終わるという結末は、視聴者に衝撃を与えた。なお、2006年3月に公開された劇場版『機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-』では、無限にニュータイプ能力を拡大させても精神疾患を発症せずに戦いを終え、無事に帰還する。なお、漫画『機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―』では、帰還後はティターンズの残存勢力の掃討を行ったとされるが、この作品自体は公式設定というわけではない。

出典:wikipedia

誕生日:11月11日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
カミーユ・ビダンとは?(機動戦士Zガンダム)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

自分の女性的な名前がコンプレックスである高いニュータイプ能力を持った少年。戦いの中で感情的になることが多く、意中となる女性を目の前で亡くし、話の最後には精神疾患となってしまう。

年齢

16 歳

誕生日

11月11日

性別

声優

飛田展男

身長

168 cm

体重

59.5 kg

血液型

AB 型

髪の色

髪型

短髪

学校・会社

エゥーゴ

職業

パイロット

役職

中尉待遇

父親

フランクリン・ビダン

母親

ヒルダ・ビダン
精神が崩壊した主人公カミーユ・ビダン『機動戦士Ζガンダム』
今回は『機動戦士Ζガンダム』の主人公カミーユ・ビダンの紹介です。
初期のガンダムシリーズにおいて、カミーユはアムロやシャアに続いて有名な人物でしょう。
【画像】カミーユ・ビダン(機動戦士Zガンダム)
私怨で軍に加担
カミーユは自分の名前が女性っぽいことに劣等感をもっている少年です。
両親は共働きの仕事人間であるため、幼い頃から孤独な生活を過ごしていました。
この劣等感と家庭環境のせいで、繊細で感情の起伏の激しい性格に育ったのでした。

ある日、カミーユは名前をからかわれたことが原因で、地球連邦軍の将校ジェリドと喧嘩になります。
そのころ軍では軍閥争いが起きており、カミーユは喧嘩の恨みから、ジェリドと逆サイドの軍閥に加担しました。民間人とは思えない行動ですが、彼はジュニア・モビルスーツの大会で優勝した実績もあり、パイロット技術を有していたのです。
しかし、私怨によるこの行動は、彼に悲劇をもたらしました。
敵側の軍閥に両親を殺されてしまうのです。
精神崩壊
カミーユは「最高のニュータイプ」と評され、卓越した空間把握能力の持ち主です。
具体的にいうと、戦場で飛び交っているモビルスーツやミサイルなどの位置関係を、誰よりもすばやく正確に把握できるのです。
そのため、合戦に参加するたびに、彼の功績は増えていきます。

しかし、カミーユの活躍は長く続きませんでした。
軍閥争いが激化するにしたがい、両親のみならず、恋仲の女性や親しい仲間まで失い、その結果、カミーユは精神疾患を発症させてしまうのです。
物語の最終回、精神疾患で記憶や知能を失った彼は、幼なじみの少女ファ・ユイリィの呼びかけにも応じず、戦場で起きている爆発を美しい星々と思い込み、無邪気に喜んでみせるのでした。
続編で明かされた後日談
・・・何とも救われない結末です。
その後、カミーユはどうなったのでしょうか?

答は本作の続編『機動戦士ガンダムΖΖ』にあります。
幸い精神疾患からは回復し、彼は地球でファと幸せに過ごしたのでした。
めでたし、めでたし。

© 創通・サンライズ
関連リンク
 >>> 赤い彗星って誰??-「シャア・アズナブル」-『機動戦士ガンダム』
 >>> 男に生まれたからには一度は見るべき-『機動戦士ガンダム』
 >>> 生きてる間に何度も見たくなる!『機動戦士Zガンダム』の魅力
 >>> 一年戦争の英雄アムロ・レイ『機動戦士ガンダム』
記事提供元:あにぶ
 >>> 精神が崩壊した主人公カミーユ・ビダン『機動戦士Ζガンダム』

記者(あにぶ公式さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


カミーユ・ビダンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士Zガンダムのキャラクター 一覧
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!