アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

パプティマス・シロッ...

パプティマスシロッコ

機動戦士Zガンダム

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

地球連邦政府の木星資源採掘船ジュピトリスの責任者。階級はテレビアニメでは大尉、劇場版では大佐。木星船団を統率する指揮官であり、いわゆる「木星帰りの男」。自らを「歴史の立会人」と称して傍観者的立場を決め込むものの、長年に渡る木星圏での生活は彼にある種の悟りを開かせるものだった。ニュータイプの資質を有し、人を惹きつけるカリスマ性を備える一方、他者に対し傲岸な態度をとり、反感を買う面もあった。事態を予見する洞察力、優秀なモビルスーツを独自に開発する知識を備えた天才肌の軍人である。パイロットとしての能力も非常に高く、自ら開発したニュータイプ専用機ジ・Oでファンネルの挙動すら予測し、これを完全に封じている。最終的にバイオセンサーの力を解放したカミーユ・ビダンに操縦を奪われるまで、作中一度も直撃弾を被弾することがなかった。戦闘で発揮されるニュータイプ能力についても、ハマーン・カーンと互角に渡り合い、カミーユの精神を崩壊に追い込むほどの力があり、シャア・アズナブルをニュータイプのなり損ないと断じるシーンも見られた。そうした自らの能力に対する絶対の自信か、劇中ではノーマルスーツを一切着用しなかった。シロッコは劇中で「この戦いが終わった後は恒星間旅行にでも行く」と語るなど、権力そのものには興味がなかったように描かれている。一方で天才が世界を引っ張っていくとした上で、自分はその天才であるとほのめかす発言も多い。シロッコはティターンズに与しながらも、「重力に魂を引かれた人々の解放」という、エゥーゴの理念と同じものを掲げ、また「女性による世界統治」を提唱している。これは、男性的権力、あるいは個人的才能のみで世を治めることはできないとするためであるが、自分の理念を詳しく語ることはなかったため、詳細は不明である。彼はサラ・ザビアロフやレコア・ロンドといった女性を配下に置いており、自らの感性をも研ぎ澄ませていたという。彼女らがシロッコの野望を達成するための尖兵以上の役割を担っていたことは確かであるが、それが彼女らの中に次なる時代を担う異性としての才能を見出したが故の抜擢であったのか、個人的な執着によるものであったのかは明確ではない。ただ、シロッコの方法論はそのものは後にベラ・ロナを偶像としたコスモ貴族主義やマリア主義という形態として一部実現している。これらの実体は男性による傀儡女性権力の擁立である。しかし、シロッコが戦乱に身を投じた真の理由は、木星という僻地で持て余していた己の才能を、戦場という舞台を借りて存分に発揮することであったとする見方もあり、シロッコ自身が戦乱終結後の統治にどの程度の関心を寄せていたかは定かではない。但し、結果としてシロッコは優れた技術的・政治的才能を有する一方、それはさらなる災いの種を呼び込むことに繋がり、「究極的な最高のニュータイプ」と称されるカミーユにとってそれは他者を自分の野心のために道具にする傲慢と映り、彼の怒りと、そして死んでいった者達の「魂の念」によって、その野望に終止符を打たれるに至る。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【パプティマス・シロッコ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【パプティマス・シロッコ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


パプティマス・シロッコについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士Zガンダムのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!