アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:シロンさん

マ・クベ

マクベ

機動戦士ガンダム

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

キシリア・ザビ配下のジオン公国突撃機動軍大佐。副官はウラガン、部下にはクリンク、バイス、ラング、ヘイブなど。ジオン軍の地球侵攻作戦では資源採掘地帯オデッサの基地司令となり、資源採掘・輸送、基地防衛などを統轄していた。また占領地では、任務の傍ら骨董品蒐集に努めており、特に北宋期と推定される白磁の壺は彼に寵愛され執務室に多数並んでいる。また基地の防衛に努める一方、地球連邦軍の副将エルランに内通を促すなど優れた策謀家としても活躍した。このように軍人としての功績はあるが、計算高い性格の上に情が薄く、官僚的で政治的な駆け引きには長けるものの、任務達成のためなら手段を選ばない狡猾な印象が強い。ただしその策はしばしば詰めが甘く、また失敗した際の備えもおろそかであった。ガルマ・ザビの仇討ちのため地球に降下したランバ・ラル隊にも、一旦は十分な補給を保証するものの、政治的な理由(ランバ・ラルはキシリアと対立するドズル・ザビの部下)からその約束を反故にしたり、ソロモンから脱出して来た兵士たちを見捨てようとするなど、黒い三連星やバロム大佐から「前線に立つ兵士たちの気持ちが分かっていない」と批判を受けていた。また、独自の軍服に赤いスカーフを着けたものを常用していることからも、その気質がジオン軍に数多い武人よりは文人的であることがうかがわれる。だが、TVシリーズの後半では自ら新型モビルスーツ・ギャンに搭乗し、策を弄したとはいえニュータイプとして覚醒しつつあったアムロ・レイを相手に戦い、モビルスーツパイロットとして一般的な兵を凌ぐ技量をみせた。マ・クベの登場内容については各作品で多少異なっている。第16話・18話・20話・22話~25話・36話・37話に登場。第16話の初登場シーンで、壺を指で弾き音色を楽しむ姿が描かれ、骨董マニアぶりを見せつける。第18話では鉱山基地の一つを督励に訪れたキシリアと共に試作型モビルアーマー・アッザムを操縦してガンダムとの交戦を経験。特殊兵器アッザム・リーダーで高周波攻撃をかける。一旦はガンダムを出力低下に追い込むも、リーダーが破壊されるとあっさり敗退、キシリアの命で基地を将兵ごと爆破処分し(この時は基地の将兵を心配こそするものの、やむなく命令に応じていたように見える)、その隙に逃走した。第22話では、特殊部隊による「故意にレーダーだけを残した」破壊工作、ついでグフとドップの時間差攻撃でガンダム、ガンキャノンとホワイトベースを分断しての各個撃破作戦、さらにホワイトベースに「わざと無傷にしていたレーダー索敵によるドップからの避退」を許してメガ粒子砲陣地の射線上に誘い込み砲撃を浴びせる、という三段構えの周到かつ執拗な策で、ホワイトベースを大破着底させる知略を見せた。しかし、ホワイトベース隊の苦し紛れの偽装工作に引っかかり、止めを刺すのを怠っている。続く第23話ではグフ+ドダイYS、ドップで編成されたクリンク隊に命じてマチルダ・アジャン中尉のミデア隊によるホワイトベースの救援阻止を謀り、空中からの猛攻でミデア隊だけでなくガンダムまで窮地に立たせる。しかし、ミデア隊が運んできたGファイター+ガンダム、ガンキャノンの反撃でクリンク隊は全滅、結局ホワイトベース隊は救援を受けて立ち直ってしまった。さらに、ドズル・ザビ配下のランバ・ラル隊には鉱山採掘の実態を知られないよう非協力的な態度で通し、第24話でキシリアが派遣してきた黒い三連星とも全く反りが合わず、結局彼らは独走の果てに撃破され、あたら優秀な人材と貴重なモビルスーツ戦力を浪費するに到った。地球連邦軍がオデッサ作戦を決行した第25話では、事前に内通していた連邦軍のエルラン将軍を裏切らせようとしたが、直前に内通は露呈、エルランの造反を頼って兵力を割いていなかった方面から防衛線を突破されてしまった。最後の切り札として、南極条約で禁止された核による攻撃を示唆し連邦軍を恫喝。レビル将軍が脅しに乗らないと見るや迷わず水爆ミサイルを発射したが、これはガンダムによって空中で弾頭部分を斬り落とされ、失敗に終わった。マ・クベ本人は将兵の大半を置き去りにして、マダカスカルで宇宙へと脱出した。その敗退の中にあって、マ・クベは本国に送った十分な鉱物資源を根拠として、「ジオンはあと10年は戦える」と豪語するも、この後2か月足らずでジオンは敗北している。また、一年戦争の最終決戦となったア・バオア・クー攻防戦では、パイロットが不足して新兵を用いていたような状況であり人的資源の重要性に対する認識が欠如しており、将兵よりも鉱物資源を送ったマ・クベの行動は、皮肉な結果となって表れる事となった。なお異説もあり、本国に送った鉱物資源はわずかな数量であり、残りはキシリアの突撃機動軍の拠点グラナダに隠蔽していたとも、彼が送った鉱物資源はデラーズ・フリートやアクシズひいてはネオ・ジオンが抗争を行うときに用いた(という事は、結果的にジオンが10年戦う原資となった事になる)とも言われている。その後、地球連邦軍によるチェンバロ作戦によって陥落の危機に陥ったソロモンに対する救援艦隊の司令となり、グラナダを発する。救援の途上、脱出してきたゼナ夫人(ソロモン基地司令ドズル・ザビの正妻)、ミネバ・ラオ・ザビ(同長女)の脱出ポッドを見捨てようとして、同乗していたバロムの諫言で渋々救出するも、ソロモンの救援という本来の目的はタイミングを逸して果たせずに終わる。しかしこのときすでにホワイトベースが掃討作戦に参加することを見越していたのか、バロムをグラナダへ戻るグワジンに残して自らはチベに移り、ソロモン撤退兵力の吸収任務に就く。そこには後述されるシャア・アズナブルへの対抗意識と、中央アジア以来のガンダムとの因縁にケリをつけんとする彼なりの意地もあった。そして第37話にて、テキサスコロニー近辺でホワイトベース隊を発見。これまでは官僚であり司令官であり続けたマ・クベだったが、自分用に開発させたモビルスーツ・ギャンに自ら搭乗。ニュータイプの片鱗を見せ始めていたアムロ・レイの搭乗するガンダムとの一騎打ちをした。この時マ・クベは小惑星を爆破したり、ガンダムを誘い込んだコロニーのエアロックに爆弾を仕掛けたり、コロニー内に浮遊機雷をばらまいたりといつも通りさまざまな策を弄した。これはガンダムやその武装を確実に消耗させる理にかなう行為であったが、例によって詰めが甘く、かえってアムロを怒らせて闘志を高めてしまった。このとき、ゲルググに搭乗したシャアから加勢の申し出もあったが、キシリアに重用され始めていた彼を快く思っていなかったことから、これを断っている。マ・クベはギャンでシャアの予想を超えるほどに善戦したが、やはり決め手を欠くままに徐々にガンダムにパワー負けし始め、ついにビームサーベル二刀流で左右から機体を切り裂かれ、戦死した。その際、「いいもの」だと偏愛していた白磁の壷をキシリアへ献上するようウラガンに託す。しかし、その後行われた周辺宙域での戦闘によってウラガンがデラミン艦隊の全滅に伴い戦死したため、この望みすらも果たされなかった(そもそも絶叫が通信として届いていたかも不明)。シャアはマ・クベの戦死を「付け焼き刃(のパイロット)に何ができると言うのだ」と侮蔑し、またキシリアも、重用した彼の死を少しでも気に掛けたような描写はなかった。なお漫画『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』ではキシリアが座乗するグワリブ艦内の彼女の個室には、初登場時に彼が音色を楽しんだ壺が置かれている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
マ・クベとは?(機動戦士ガンダム)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

キシリアの忠実なる部下!オデッサ鉱山基地司令官「マ・クベ」の魅力とは?『機動戦士ガンダム』
【画像】マ・クベ(機動戦士ガンダム)
 恐らくホワイトベースを最も苦しめたであろう敵軍司令官こそ、骨董大好き「マ・クベ」大佐ではないでしょうか。冷静を通り越して冷徹、智謀に長け狡猾。勝つ事よりも負かす事を第一に考える鋼鉄の指揮官。「シャア」が武力なら策謀は「マ・クベ」。宇宙世紀一の知恵者の姿がそこにはあります。
迸る謀略、目的の為に手段は選ばない
 マ・クベと言えば、彼が仕掛けた様々な謀がまず浮かぶでしょう。破壊工作、機雷設置、補給妨害、核による恫喝・・・枚挙を挙げれば暇がありません。卑怯?いやいや、これは実に理にかなった行為なのです。相手を消耗させ抵抗力を削ぎ、確実にトドメを刺す為に最も効果的な方法を考案し、採択しているに過ぎません。何よりこれは戦争です。卑怯もへったくれもありません。

 宇宙世紀の生ける司馬仲達とも言うべき知略の数々には驚嘆です。マ大佐は実に頭の良いお方。武力に優れた武官も良いですが、知略に優れた文官もまた別の良さがあるのです。
マ・クベはドジっ子なのか?
 様々な策を弄し、ホワイトベースを苦しめるマ大佐。しかしどうも詰めが甘く、毎度毎度惜しいところで取り逃がす。それが積み重なって、最終的にはホワイトベース隊に敗れ去ってしまいます。

 ホワイトベースを大破させるも偽装工作に引っかかりトドメを刺さなかったり、内通を視野に入れ一部防衛線に兵力を置かずに内通が露見して突破されたり、水爆ミサイルを発射するも空中解体されたり。失敗した際の構えも、それはそれは疎かなものです。負けた時に強がりを言ったりする姿も可愛らしいものです。

 しかしその慢心も、自分の策への自信から来るものなのです。いや、策士は慢心したら駄目ですね。それに失敗する方がどこか人間らしくて親しみを持てませんか?全部成功するなどそれこそ神様です。
骨董品大好き!大佐の確かな眼
 宇宙世紀一の骨董マニア・・・かどうかは知りませんが、彼の骨董好きは劇中でも度々描かれます。初登場シーンでも壷、司令室にも壷、今際の際にも壷。壷、壷、壷。

 皆さんご存知の通り骨董品には偽物も多く、それを掴まされるかもしれないという点で非常にリスキーな趣味だと言わざるを得ません。しかし、その趣味が持つ高貴さは他の趣味とは一線を画しています。実にマ大佐に似合いの趣味であると言えましょう。

 自分の敬愛する上司であるキシリア様にその壷を献上するとも発言しており、そこからは自信が伺えます。彼が上司に贈ろうとするほどの『いいもの』が偽物であるはずがないのです。彼は確かな審美眼を持っていた事は疑うべくもありません。戦争の中にありながら、実に教養人としても輝いています。
モビルスーツも操縦できる。専用機だってある!
 武人が多いジオン公国内で割と珍しい文人であるマ大佐。しかし彼だって軍人です、やる時はやります。テキサスコロニーでホワイトベースを発見した際、専用モビルスーツで自ら出撃したのです。どちらかと言えば文官な大佐。アムロとガンダムを相手にどれほどの戦いができるものか、とシャアも思っていましたが、得意の策でガンダムの武装を消耗させなんと予想を遥かに超える善戦をします。

 結局は敗北してしまうのですが、その際にシャアは『付け焼刃に何が出来ると言うのだ』と発言しています。つまりマ・クベは付け焼刃と言われる程に短い期間で身に着けた技量で、物語終盤の十分に成長したアムロと互角に渡り合ったのです。それだけの才能があったと言う事です。せめて十分な期間があれば・・・もしかしたら、アムロを倒していたのかもしれません。最高の文官は、最高の武官でもあったのですね。文武両道、なんと素晴らしい人材でしょう。

 主人公を苦しめたり策を弄したりと、あまり良い印象が無い方も多いと思いますが、冷徹で淡々と目的を遂行する姿にはまた別次元なカッコよさがあるのです。
(C)創通・サンライズ

記者(諸葛均【公式】さん)

関連画像

シロンさん
0 pt
シロンさん
0 pt
シロンさん
0 pt
シロンさん
0 pt
シロンさん
0 pt
シロンさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



マ・クベについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダムのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!