アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:よしむらさん

セイラ・マス

セイラマス

機動戦士ガンダム

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

宇宙世紀0062年9月12日生まれ。ジオニズムの提唱者ジオン・ズム・ダイクンの娘であり、シャア・アズナブルことキャスバル・レム・ダイクンの実妹である。幼少の頃に父ジオンが死去し、当時ダイクン派だったジンバ・ラルの元へ兄と共に引き取られる。それと同時に、ジオン共和国の独裁化を目論むザビ家の迫害から逃れるべくマス家の養女となり、アルテイシア・ソム・ダイクンからセイラ・マスに名を改め、素性を隠しながら地球で過ごすこととなる。その後、兄がサイド3(ジオン公国)へ向けて旅立ったと同時に、自らはサイド7へ移住していった。父の死に際しては、幼少で未だよく事情を理解できなかったことに加え、目的のため立ち去った兄とは違い、マス家で健やかに優しく成長した経緯もあって、「ザビ家への復讐」といった負の感情は全く持ち合わせていなかった。医学を志しており、サイド7には医療ボランティアとして滞在していた。第2話で、ホワイトベースの避難民の1人として登場。避難民の収容に手を貸そうともせず自分勝手な言動しかしないカイ・シデンをいきなり平手打ちし、「軟弱者!」と叱責した。サイド7に潜入していたジオン将兵(シャア)には毅然と拳銃を突き付けるが、マスクを外した彼の素顔に生き別れの兄キャスバルの面影を見出し、動揺する。この際、シャアもまた相手が妹アルテイシアであることを悟っており、以後ホワイトベースへの攻撃時にその面影を思い浮かべては、「あの優しいアルテイシアが連邦軍の軍艦に乗っているはずがない」と弁解めいた独白をする場面が度々見られた。ホワイトベースでは、ブライト・ノアから「さん」付けで呼ばれた唯一の乗員。元は医者の卵であったことから、人手不足の中、医療スタッフの補助や通信士(オペレーター)の役を任される。特に後者については、臨時担当であるにもかかわらずパイロットのプライドをくすぐって一気にモチベーションを高める巧みな面を見せており、第23話ではカイから「おだてのセイラさん」などと揶揄されていた。また、ミライ・ヤシマとは年齢や立場が近いことから、しばしば行動を共にしている。第16話では、兄と思われるシャアの動向を知りたい一心でガンダムに勝手に乗り、ジオン兵と接触しようと目論む。しかし、戦闘経験の無いセイラはノーマルスーツを着用していなかったために加速Gの凄さで嘔吐した上、敵モビルスーツに翻弄されて危うくガンダムを捕獲されそうになってしまう失態を演じ、独房入りとなった。この際、逆に捕虜となったコズンからシャアが左遷の身で生きて戦場を離れていたことを聞き、兄を想いながら自室で涙していた(『THE ORIGIN』では、この件の露呈によりスパイの嫌疑を受けて拘禁されるが、直後にランバ・ラル隊が侵攻してきたため、うやむやとなった)。第20話では、ランバ・ラル隊がホワイトベースに白兵戦を挑んできた際、第2ブリッジ付近でランバと偶然出会ってしまう。ランバは父の忠臣ジンバ・ラルの息子であり、幼少時によく可愛がってもらった仲だった。お互いに素性を知った2人が気を取られていた隙に、リュウが銃撃。負傷したランバに、セイラは退却するよう叫ぶことしかできなかった。しかし、その後ランバはセイラの眼前で第2ブリッジから飛び降り、自爆する。セイラは、ジオン・ダイクンの遺児としての重責を再確認させられることとなった。その後、中盤ではパイロットとして第24話からGファイター(劇場版ではコア・ブースター)に搭乗し、戦場へ出撃していくようになる。当初は慣れずにとまどう面もあったが、ガンダム(アムロ)との連係プレーなどで、次々と戦果を上げていく。ホワイトベースがジャブローに寄港した第30話では、潜入工作を行っていたシャアと再会。兄キャスバルが今も復讐に生きていることを察して諭すが、彼はセイラに地球連邦軍を辞めるよう言い残して立ち去る。また、ホワイトベースがテキサスコロニー近くに移動した第38話でも、シャアと再会。しかし歩み寄ることはなく、決別が決定的になり、泣き崩れる。その後、シャアからセイラへの手紙を添えた金塊がホワイトベースに回収された際、ブライトに尋ねられた彼女は自らの素性を明かし、ホワイトベースのクルーで分けるようにと金塊を差し出している(『THE ORIGIN』では、テキサスコロニーでのシャアとの一部始終を目撃したカイがブライトに報告したため、セイラがシャアの妹だった事実はクルー全員に知れ渡り、直後のソロモン戦では謹慎扱いとなっている)。最終話(第43話)では、ア・バオア・クー戦にて生身で決闘を繰り広げるアムロとシャアを制止に入った際に爆発に巻き込まれるが、シャアに助けられる。その後、キシリア・ザビへの復讐を遂げに向かうシャアと別れ、アムロの誘導を受けてホワイトベースのクルーと共にア・バオア・クーより脱出。生還を果たしたが、これが兄との今生の別れとなった(『THE ORIGIN』では、ア・バオア・クー戦時に増加装甲型ジムに搭乗。シムス中尉のブラウ・ブロと相撃ちになり乗機から脱出、そのまま兄を追い要塞に侵入して捕虜となる。しかしアルテイシアと公言したことで、時を同じくしてギレンを誅殺したキシリアに対する反乱部隊の象徴として担ぎ上げられる)。セイラもニュータイプの片鱗を見せてはいたが、最後までアムロのような意識面での覚醒や高い洞察力は見られなかった。明確に描写された最初のシーンは第39話と遅く、それもララァ・スンの乗るエルメスのサイコミュに、微かに反応した程度のものである。なお、アムロとは小説版での男女関係とは異なり、アニメ版では戦闘でのパートナーシップ以上の親密な恋愛感情を匂わせる描写は無い。しかし、セイラ役の井上はアムロ役の古谷徹と、「あの2人は絶対に陰で付き合っているはず」と話し合っていたという。セイラはアムロの事をどう思っていたかは不明だが、フラウ・ボゥとの関係を「友達同士の関係って大事よ」と窘めており、フラウの存在がセイラをアムロに対して一歩引かせてたのが窺える。また、ララァを殺したアムロに対して憎悪を剥き出しにするシャアに対し、「それはお互い様」とも発言している。一方で周囲からも、シャアがア・バオア・クーでの別れ際にセイラに対し「アムロ君が呼んでいる」と発言したり、『機動戦士Ζガンダム』にてフラウがアムロに「まだセイラさんのこと好きなんでしょう? ウジウジしてるんだから」とからかっている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
セイラ・マスとは?(機動戦士ガンダム)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

赤い彗星の妹、アルテイシアこと「セイラ・マス」の魅力とは!?『機動戦士ガンダム』
【画像】セイラ・マス(機動戦士ガンダム)
 『機動戦士ガンダム』で最も有名であろうキャラクター『シャア・アズナブル』の妹であり、ガンダムにおけるヒロインポジションのひとり。サラサラの金髪を持つ気高き美女。綺麗なお姉さんは好きですか?因みに妹属性と姉属性を併せ持つキャラクターなのでそっち方面の方々にも安心です。今回はそんなセイラさんこと「セイラ・マス」の魅力を紐解いていきましょう。
溢れる気品は王家の証!
 兄とは違い優しく健やかな家庭で育ったセイラさん。さぞおっとりぽやぽやなお嬢様に育つと思いきや、カイに『軟弱者!』とビンタをかますような、気の強いお嬢様に育ちました。いや、気が強いというよりは気丈と言うべきですか。責務を果たさない人や品の無い人に対してはガンガン行きます。王の血筋の成せる技なのでしょうか。ブライトさんもクルーで唯一“さん付け”で呼んでしまうのも納得です。

 しかしそれは理不尽なキツさや暴力でなく、教育的指導であり愛の鞭なのです。戦乱真っ只中、言いたい事も言えないPOISONな世の中に、こういった女性はとても魅力的なのではないでしょうか。尚、筆者は別に叩かれたいわけではありません。
「貴方ならできるわ」煽て上手に気を付けろ
 ホワイトベースでは主にオペレーターを務めるセイラさん。発進の際にはパイロットのモチベーションを高めようとあのテこのテで様々な言葉を投げ掛けて来ます。

「貴方ならできるわ」

 こう言われたらもうお手上げですよね。セイラさんに出来ると評価されている、それに応えねば男がすたる。実際の効率や行動には役にも立たない筈のクズみたいなプライドに火がついてしまう。結果、実力以上の物を発揮するという寸法です。

 とはいえ精神って偉大な物なんですよね、時に肉体を凌駕する。セイラさんみたいな人がいれば、私も通常以上の実力を発揮できるのかもしれません。
女戦士セイラ
 女性の社会進出が顕著になって幾年、今や女性パイロットなど珍しくもありませんが、当時にしてみれば女性兵士というカテゴリは割とレアケースでした。ましてや、巨大ロボットに乗るなど・・・。

 Gファイターに乗ってアムロのサポートをしたりガンダムに乗った事も(但しノーマルスーツ非着用だった為大惨事に)ありました。今や時代は戦う美少女、強い美少女の時代なのです。最初こそ戸惑ってはいましたが、慣れていくにつれて戦果は上がっていきました。強く気高く美しく、戦場の薔薇とはまさに彼女の事でしょう。しかも決して散らないので安心して見ていられます。
サービスカットも忘れずに
 見目麗しいセイラさん。劇中でも入浴シーンやらサービスカットが幾つか存在していました。劇場版の入浴シーンに至っては、カメラのフラッシュを焚いて撮影していた人がいたそうです。すごいですよね。露出度がTV版より上がっていたので当然と言えば当然ですが。また、彼女のヌード姿が雑誌に掲載されたりもしました。ナイスバディと言うには少々足りないものの、均整の取れたスタイルに多くの男性が魅了された事でしょう。いつの世も、男性はエロスには素直なものなのです。

 余談ですが、二次元にもそういった需要があるという認識を世の中に与えたきっかけとも言われていますので、今の成人向けアニメがあるのは彼女のお陰とも言えるかもしれません。感謝を込めつつお宝シーンを拝みましょう。ありがたや。どうでもいいですけど普段のノーマルスーツもぴったりフィットでかなりステキな感じですよね。


 ガンダムの初代ヒロイン。今尚輝きを失わないその姿を今日も目にする事が出来る。こんなに嬉しいことはありません・・・。
©創通・サンライズ

記者(諸葛均【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


セイラ・マスについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダムのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!