アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ルイス・ハレヴィ

ルイスハレビィ

機動戦士ガンダム00...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

スペイン(AEU)からの留学生で、『1st』では17歳。沙慈のガールフレンドで、ともに宇宙工学を学んでいる。莫大な資産を持つ財閥の出身ということもあり、やや世間知らずで、その我が侭な性格で沙慈を度々振り回していた。沙慈に紹介される形で、日本に潜伏していた刹那とも面識を持っている。当初は日本での平和な生活を謳歌し、母に沙慈のことを気に入ってもらおうと奮闘するなど、CBの登場による世界情勢の変化などにはほとんど関心を持つことは無かった。しかし、従兄弟の結婚式のために一時帰国した際に、ネーナが気まぐれに行なった攻撃に巻き込まれ、両親を含む親族を全て殺された。自身も左手を失う重傷を負い、毒性のあるGN粒子を浴びたことで細胞障害に蝕まれ、再生治療も受けられない身体となってしまった。見舞いに訪れた沙慈から告白を受けたが、失った左手を見せて断り、「夢を叶えて欲しい」と言って別れを告げた。その後も2年ほどは沙慈と連絡を取り合っていたが、以後は音信不通となる。『2nd』では22歳。アロウズのMSパイロットとなっている。階級は准尉。長かった髪は肩に届かないほどに短く切り、失った左手には機械の義手を装着している。また、相続した財閥の資産を投じて、アロウズ最大の出資者ともなっているが、その資産により反抗勢力の虐殺のための兵器が多く生産されている事は知らなかった。二度と自分のような人間を生まないという強い決意の下、CB打倒のために激しい憎悪を燃やした。細胞障害の治療のため、リボンズから与えられたテロメアを修復するナノマシン入りの錠剤を服用しているが、このナノマシンはイノベイド由来のものであり、服用による副次効果によって、微弱ながら脳量子波を使うことができるようになっている。そのため、脳量子波を必要とするスマルトロンの操縦が可能なほか、リヴァイヴ達イノベイドと同様にリボンズの目として使われることもあった。リボンズからは、「人類初のイノベイター」と形容されている。『1st』最終話でリジェネと共に行動しているなど、『2nd』では、ルイスとイノベイター勢力の繋がりを示すような演出が当初から多く見られた。ラグランジュ3での戦いでは、ダブルオーライザーが起こした感応現象によって沙慈との再会を果たした。沙慈がガンダムに乗っていたことから彼がCBのメンバーであると誤解し、それをきっかけに一度は過去を捨て去る決意をするが、心の中では沙慈を信じる気持ちも僅かに残っていた。ブレイク・ピラー事件では、CBに対する敵意を一時的に捨てて破片落下阻止に協力するが、アンドレイがセルゲイを撃墜した瞬間を目の当たりにした事でガンダムだけが敵ではない事を知り、アンドレイからは軍人としての覚悟を問われ、自分が戦う事に対して僅かに疑問を感じるようになる。その後の戦闘で、量子空間において再び沙慈と向き合ったことで誤解は解け、互いの変わらぬ想いとCBを巡る真実を知るが、家族を殺した張本人に対する憎しみを捨てる事が出来ず、更なる葛藤に苦悩する。その後、沙慈の思惑を知ったリボンズの言葉巧みな誘惑により、彼のために戦う事を決意してしまう。新たな乗機としてレグナントを与えられ、テストを兼ねたCBとの戦闘後、リボンズの誘導でラグランジュ5において仇であるネーナと相対した。復讐の先に何があるかという想像を欠いたまま、憎しみの赴くままにスローネドライを圧倒しネーナを殺害、仇討ちを遂げたが、孤独感からその心が晴れることはなかった。CBとの最終決戦では、イノベイド部隊の中心として、刹那のダブルオーライザーと激闘を繰り広げた。ガンダムの存在とイノベイター勢力の支配を巡る互いの考えの違いから、一度は分かり合えたはずの沙慈を再び敵と断定し、仇を討っても晴れない怒りの矛先を向ける。ガガの特攻に巻き込まれた事で死を覚悟し、ダブルオーライザーを拘束して自機諸共に撃破しようとしたが失敗。意識を失い、沙慈によってソレスタルビーイング号内へと避難させられた。その後、脳量子波に操られた状態となり、狂気に囚われたかのように自覚なきまま沙慈を手にかけようとしたが、彼が身に付けていた、かつての自分へ贈られたペアリングを見て錯乱し昏倒。絶命寸前の状態に陥ったが、トランザムバーストによって放出されたGN粒子の力によって一命を取り留め意識を取り戻す。ガンダムに対する誤解と自分の犯した過ちに気付き、ついに沙慈との和解を果たした。最終決戦後は療養生活を送っており、細胞異常が完治していることが沙慈によって語られている。当初の構想では物語の結末で、沙慈を庇って死を迎える案もあったというが、水島監督はそれでは美談になってしまうと考え、彼女を自分の犯した罪と向き合わせ、死よりも過酷な道を歩ませるような結末を意図したという。また、当初の脚本ではレグナントに隠されていたガンダムタイプの頭部を劇中で詳細に描き、ルイスは「憎んでいたガンダムに実は(自分自身が)乗っていた」ことが明らかになるような演出も予定されていた。『劇場版』では24歳。再びロングヘアーとなっている。細胞異常が完治したことにより左腕の再生治療には成功したものの、過去のアロウズでの生活が元で心的外傷後ストレス障害(PTSD)を引き起こしており、当時服用していたナノマシンの後遺症の治療も含め、沙慈の見舞いを受けながら連邦病院にて療養を続けていた。沙慈の懸命な看病もあり体は回復に向かっていたが、ELSの襲来に反応して再び発作を起こすようになってしまう。病院がELSに襲われた際には、沙慈と刹那の助けで危機を脱し、沙慈と共に連邦政府が用意した脳量子波遮断施設へ避難した。その後沙慈が軌道エレベーターでの支援作業のため宇宙に上がる事を決意した際は、その身を案じながらも優しく彼を見送った。

出典:wikipedia

誕生日:11月1日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ルイス・ハレヴィ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ルイス・ハレヴィ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ルイス・ハレヴィについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダム00シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!