アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

グラハム・エーカー

グラハムエーカー

機動戦士ガンダム00...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

MSWADに所属するMSパイロットで、『1st』では27歳。階級は中尉。乙女座で、本人曰く「我慢弱く落ち着きの無い男」。孤児であったが幼い頃から空を飛ぶことに憧れ、夢を叶えるために軍に入隊した。最新鋭MSフラッグに搭乗する「フラッグファイター」で、その操縦技能はきわめて高く、本来想定されていなかった空中変形をフラッグに初めて搭乗した際に成功させている。そのことから、空中変形を伴った空戦機動には「グラハム・スペシャル」(正式名称「グラハム・マニューバ」)と彼の名が付けられている。この変形技術は『劇場版』の時点では機体性能の向上、高い操縦技能のパイロットの出現といった理由でグラハム以外のパイロットにも可能となったためか、「スタンド・マニューバ」へと呼び名が変わっている。洞察力が非常に優れており、「イナクト」のデモンストレーションに乱入したエクシアの目的がAEUの戦力の焙り出しである事をいち早く察知し、さらにエクシアと初めて交戦した際、パイロット(刹那)が若者である事を看破。さらにアザディスタンで刹那と出会った際も彼の演技を見抜いた。『2nd』にてダブルオーと最初に戦った時も、パイロットが刹那である事を即座に見破っている。専用のカスタムフラッグは彼自身の希望でリミッターが外されており、通常の機体を大きく上回る運動性を誇る。反面、パイロットには大きな負荷がかかり、劇中ではダメージから吐血する場面も見られた。また、左利きのため、機体もライフルやサーベル等を左腕に装備している。フラッグが次期主力機候補であった頃のテストパイロットでもあり、その模擬戦にて起きた、スレッグ・スレーチャー少佐の事故死にも大きく関わっている。彼自身が釈明しないこともあり、事情を知らぬ者からは誹謗を受けることもあるが、意に介していない。AEUの新型機「イナクト」のデモンストレーションに乱入したエクシアを目撃し、その圧倒的な性能に好意(曰く、興味以上の対象)を抱くようになった。その後、エクシアと交戦した経験を買われ、新設された対ガンダム調査隊に配属された。調査隊が「オーバーフラッグス」として再編された後は、同部隊の隊長として上級大尉に昇進している。トリニティとは深い因縁があり、三大陣営合同のガンダム鹵獲作戦においてデュナメスの鹵獲を阻止された上に2名の隊員を失い、MSWAD本部を襲撃された際にはエイフマンを殺された挙句ハワードも戦死するなど、苦杯を舐めさせられ続けた。しかし、アイリス社の軍事工場が襲撃された際は単機で緊急出撃し、性能差を覆して圧倒。スローネアインに対し、GNビームサーベルを奪って右腕を切り落とすなど、一矢報いている(このビームサーベルは後にGNフラッグの武装として転用された)。そして、ハワードの墓前でフラッグに乗ってガンダムを倒す事を誓い、擬似太陽炉搭載型MS「ジンクス」が配備された国連軍への参加は拒否している。その後、ガンダムとの決戦に備え、ビリーの協力もあってジンクスの擬似太陽炉を自身のフラッグに移設し搭載する改修作業を行い、GNフラッグを完成させた。最終決戦では、アレハンドロとの激闘で満身創痍となった刹那の前に突如として現れ、GNフラッグでエクシアに挑んだ。ガンダムに対する己の執着をしばしば恋愛に例えており、この場においては、もはや「愛」であると断言している。激しい戦いを繰り広げた末相討ちとなり機体は大破。自身も右半身の顔から脇腹、背中にかけて重傷を負うが、生還を果たしている。ガンダム打倒後も戦いを望む思いは衰えることはなく、CBが復活することがあれば、ガンダムと戦う機会を与えてくれるようホーマーに直訴している。また、刹那に突きつけられた自身の「歪み」と向き合い、戦う者のみが到達する事の出来る「極(きわみ)」を求めて、武士道の修行を行った。『2nd』では32歳。アロウズに所属し、顔の傷跡を覆い隠すように仮面を被り、陣羽織風の特殊な軍服を着用する。それらの時代がかった格好に加え言葉遣いから、いつしか皆から「ミスター・ブシドー」と呼ばれるようになるが、本人は迷惑している。『2nd』の劇中ではブシドーの正体がグラハムである事を仄めかす描写が多くみられたが、両者が同一人物であることを知っていたのはビリーやホーマーといった極一部の者のみであった。イノベイター勢力と直接関わるシーンは存在しないが、自身を「イノベイターの傀儡」と表現したことから、少なくとも彼らがアロウズを影で操る存在である事は認識している。「サキガケ」に搭乗し、イノベイド同様、戦闘において一切の自由行動が認められるという特権「ライセンス」を与えられており、階級がどれだけ上位の現場指揮官の命令であっても従う義務は無い。そのため、ガンダムとの直接戦闘が想定されないような作戦には参加しない。また、相手の機体が不完全だと察するや、止めをさせる状態でありながら勝手に帰還してしまうなど、味方を困惑させるほどの勝手気ままさを発揮している。戦闘では専らサーベルによる近接戦闘を行い、射撃武器を用いることはほとんど無い。そのため、彼の乗る機体は全て格闘戦に特化しており、ビームライフルのような手持ちの火器は装備されていない。刹那を強くライバル視しており、純粋な勝負でガンダムに勝つことが、今の自分の生きる証であると考えている。その後、アロウズに転属したビリーと再会。彼の協力を経て、新たな機体「マスラオ」を完成させ、クーデター派によって占拠されたアフリカの軌道エレベーターへ向かう刹那を待ち伏せし、再び戦いを挑む。ガンダム以外の機体で初めてトランザムを起動させ、トランザムを使用する機体同士の激しい戦闘を繰り広げたが、CBが救援に現れたことによって、水入りとなった。以降も再戦の機会を待ち続け、ラグランジュ5のコロニー「エクリプス」へダブルオーライザーが単独で訪れた際、マスラオの強化改造機「スサノオ」に搭乗して現れた。仮面を外して正体を明かし、ガンダムによって仲間や恩師を奪われ、フラッグファイターとしての矜持も砕かれたと語り、ガンダムに対する己の思いは愛や憎しみを超越し、「宿命」であると刹那に訴え、真剣勝負を行なう。互いに全力を出し切った戦いの末、「勝利だけではなく、その先にある明日を掴むために戦う」という刹那の気迫に圧倒され、完全に敗北。そして、刹那が純粋種のイノベイターへ覚醒した瞬間を目の当たりにした。決着後、負けた自分を殺せと刹那に迫るものの、刹那は「生きるために戦え」と言い残し、止めを刺さずに立ち去ってしまう。そして一人宇宙空間に取り残される中「武士道とは死ぬことと見つけたり」(この台詞は『葉隠』の一説である)と唱えながら短刀による自決を図ろうとしたが、刹那にかけられた言葉を思い出し、思いとどまっている。それからは自分の戦う大義を見失った事でアロウズから離れ、行方をくらませていたが、CBとイノベイター勢力の最終決戦後には、仮面を外してグラハムの姿へ戻り、ビリーの下を訪れている。『劇場版』では34歳。地球連邦軍に所属し、階級は少佐となっている。勘の鋭さは相変わらずで、序盤では地上に落下した木星探査船の破片にいち早く興味を示し、ビリーに情報提供を依頼した。マスラオ/スサノオを基に旧ユニオン・旧AEUの技術陣が開発した新型可変機「ブレイヴ」に搭乗し、グラハム機を含む6機のブレイヴで構成された新型MS部隊「ソルブレイヴス」の隊長を務めている。部下を率いて連邦軍先遣艦隊の援護に赴くが間に合わず、代わりにCBの窮地を救った。プトレマイオス2改に乗船した際は、意識不明の刹那を見守るフェルトに対し、自らを「ガンダムを超えようと愚行を繰り返した男」と名乗り、過去の述懐と共に「超えるのはガンダムではなくこの少年(刹那)だ」と、自分の新たな決意を語ると同時に、刹那を救えなかった事を悔やんでいた。過去に何人もの部下を失った経験から、地球圏防衛の最終決戦に出撃する際には、無謀な作戦であることを伝えたうえで彼らに生きて帰るよう諭している。刹那が復活した際には喜びを露わにしながら援護し、ELSへの攻撃を躊躇する彼に対し、かつて自分がそうされたように「生きて未来を切り開け!」と諭した。そして機体や自分の体が侵食を受ける中、刹那の攻撃で開いた穴が閉じないように、自機の擬似太陽炉をオーバーロードさせ、「これは死ではない!人類が生きるための...!」と叫びながら超大型ELSに特攻を行い、自爆で刹那の血路を切り開くことと引き換えに、戦死した。

出典:wikipedia

誕生日:9月10日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
グラハム・エーカーとは?(機動戦士ガンダム00シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

9月10日
『機動戦士ガンダム00』ガンダムを押し倒した男!乙女座のエース、 グラハム・エーカー !
【画像】グラハム・エーカー(機動戦士ガンダム00シリーズ)
――抱きしめたいな! ガンダム!

グラハム・エーカーとはガンダムに魅了され、ガンダムに愛を覚え、ガンダムを憎み、武士道を歩み、そして最後はガンダムのために死んでいった男です。

今回はそんな彼の、数々の魅力について触れていこうと思います
ガンダムの性能に魅了された男
――好意を抱くよ。興味以上の対象だということさ。

グラハム・エーカーはガンダム00に登場する三大国家群の一つ、ユニオン軍に所属するMSパイロットです。彼の初登場はアニメ第一期の1話。AEUの過剰な戦力に警告をするべく介入したガンダムエクシアを目の当たりにし、その圧倒的な性能に強い関心を覚えました。

当時の階級は中尉でしたが、その後上級大尉になっています。
初戦は性能差を見せつけられ撤退
【画像】グラハム・エーカー(機動戦士ガンダム00シリーズ)
――その大きな獲物では当たらんよ!

グラハム初の対ガンダム戦は、第一期2話の終盤から3話の冒頭にかけてです。当時の三大国家群のMSを無双していたガンダムエクシアに、グラハムは次世代型可変MSユニオンフラッグで挑みます。多体一でも圧倒的な強さを誇るガンダムに、単機で挑んだのです。フラッグの性能は、第1話であっさりと倒されたパトリック・コーラサワー操るAEUイナクトとたいした差はありません(コーラサワーについては別の記事でまとめています)。

にも関わらず、グラハムはエクシアの攻撃を回避し間合いを詰めました。けれど、当時はまだ三大国家群にはビーム兵器の技術がありませんでした。エクシアはそのビームサーベルを使用し、このフラッグを追い返してしまいます。

ちなみに、ガンダムエクシアを発見し挑んでいった時のグラハムのセリフがこちら。

「よもや君に出会えようとは。乙女座の私には、センチメンタリズムな運命を感じずにはいられない」

いまだかつて、これほどまでにかっこよく乙女座であることを告白するシーンがあったでしょうか。戦闘後、友人でありユニオン軍の技術顧問でもあるビリー・カタギリに戦いの感想を話しました。

グラハム「それにしても若かったな。ソレスタル・ビーイングのパイロットは」

ビリー「話したのかい?」

グラハム「まさか。MSの動きに、感情が乗っていたのさ」
MSの動きに、感情が乗っていたのさ( ・`ω・´)キリッ

か、かっこいい~~!!

そこらの奴が口にすれば、「は? 何言ってんの?」となるところですが、そこは初めてガンダムとまともな戦いをした男。確かな実力を見せつけた後でのこの一言です。これはもう、惚れるしかない!
ガンダムと戦うためなら吐血もやむなし
【画像】グラハム・エーカー(機動戦士ガンダム00シリーズ)
――人呼んで、グラハムスペシャル!

その後、グラハムはガンダムの機動性に対抗すべく新たなMSに搭乗します。背部フライトユニットの出力を増強させ、装甲や搭載燃料を限界まで削った黒いフラッグ、ユニオンフラッグカスタム(カスタムフラッグ)です。装甲は薄くなっても、そこは技術と気合でカバーです!

このカスタムフラッグで一閃交えた後に、オーバーフラッグ(カスタムフラッグの安全面を優先したバージョン)とグラハムのカスタムフラッグだけで編成されたエース部隊・第8独立航空戦術飛行隊「オーバーフラッグス」を結成します。ユニオン軍の精鋭部隊です。その選ばれし15人をまとめたのは、やはりこの男。グラハム・エーカー上級大尉です!

グラハムはガンダムと戦うためなら、カスタムフラッグの限界速度で飛行し、のしかかるGに吐血をしようが関係ない、ある意味での戦闘狂です。

アニメ第一期後半では、主人公達とは違い残虐な行いをするガンダムが三機、新たに出現します。彼らのやり方に怒りを覚えたグラハムは、18話にてたった一機で格上の性能を持つガンダム三機に向かっていきます。

その時、ビリー・カタギリは「単独出撃なんて無茶だ」と口にします。が、グラハムはこう返します。

「そんな道理、私の無理でこじ開ける」

か、かっけえええええ!!

さらに!

「今日の私は、阿修羅すら凌駕する存在だ!!」

というセリフを吐き、見事ガンダム一機の片腕を斬り裂くことに成功。三機のガンダムを追い払います。この三機のガンダム、民間人を兵器で撃つような悪役的ポジションなんです。しかも性能差を過信して調子乗りまくる。なので、グラハムも当時の視聴者も怒り心頭。そこを、阿修羅すら凌駕して撃退してくれたグラハムです。当時、このシーンのおかげでカスタムフラッグのガンプラの売上が伸びたとか。
部下に愛されし隊長
――堪忍袋の緒が切れた!許さんぞガンダム!

グラハムはダリルやハワードといった、「オーバーフラッグス」のメンバーに尊敬されています。ダリルはグラハムがバカにされた時に「隊長を愚弄するな」と怒りを露わにしています。また、グラハムも二人のことを大事に思っており、ハワードがガンダム戦で命を落とした時、彼の墓前で「フラッグを駆ってガンダムを倒す」と誓っています。

第二期では戦死した二人の名前を、愛機の装備名として採用しています。
主人公・刹那との因縁
――やはり君と私は、運命の赤い糸で結ばれていたようだな。そうだ! 戦う運命にあった!
【画像】グラハム・エーカー(機動戦士ガンダム00シリーズ)
グラハムは主人公・刹那の操るガンダムエクシアと数々の激闘を繰り広げてきました。アニメ第一期最終話では、ようやくラスボスを倒した思った瞬間にいきなり現れ、すべてをかっさらっていきます。それはもう、ラスボスの存在を食うほどに派手な登場でした。

グラハムは墓前への近い通り、他の仲間たちがより強い機体へ乗り換えていく中、フラッグ単機(GNフラッグ)でガンダムに挑んだのです。しかもグラハムは、対峙する刹那に対して大胆な告白をします。

「君の圧倒的な性能に、私は心奪われた。この気持ち――まさしく愛だ!」

「愛!?」と驚いたような声をあげる刹那にちょっと笑ってしまったり。けれどただの迷言だと判断してはいけません。続けてグラハムは言います。

「だが愛を超越すれば、それは憎しみとなる。行き過ぎた信仰が、内紛を誘発するように!」

と。

刹那は神を信仰しすぎた者達の争いで、故郷を失い、人々が殺し合っていくところを何度も見ています(別記事にてまとめています)。ガンダムの存在に魅了され、狂ってしまったグラハムもまた、刹那にとっては争いを誘発する歪みです。

刹那はグラハムに対し、「貴様のその歪み、この俺が断ち斬る!」と突っ込んでいき、相打ちに。わずか数分ながらも濃すぎる名バトルでした。
数々の名言を吐いている
【画像】グラハム・エーカー(機動戦士ガンダム00シリーズ)
その他にも、グラハムの吐いた名言はたくさんあります。

「私は司令部より独自行動の免許を与えられている。つまりはワンマンアーミー、たった一人の軍隊なのだよ」

第二期でのグラハムは、妙な仮面をつけ、ミスター・ブシドーと名乗っています。彼は上から独断行動を取ることのできるライセンスを貰っています。その権利を行使し、命令を拒否した時のセリフです。

「邪険にあしらわれるとは……。ならば、君の視線を釘付けにする! とくと見るがいい……盟友が作りし、我がマスラオの奥義を!!」

第二期で主人公刹那の乗るガンダム・ダブルオーライザーを待ち伏せたものの、戦いを拒否されてしまった時に吐いたセリフです。今迄は主人公側しか扱えなかったパワーアップシステム・トランザムを、はじめて敵が使ってきた熱いシーンでもあります。その後に繰り広げられる超高速VS超高速のぶつかり合いは、まるでドラゴンボールのバトルシーンみたいでした。

「少年! 未来への水先案内人は、このグラハム・エーカーが引き受けた!! これは死ではない! 人類が、生きる為の……」

劇場版にて、今度はすべてを刹那に託し道を切り開くために特攻していくシーンでのセリフ。ガンダムに魅了され、ガンダムに固執し、ガンダムによって狂わされ、最後はガンダムに託して散っていく。グラハムの生き様を感じさせる彼らしいセリフでした。尚、この時のグラハムはソルブレイヴス隊という次期主力機候補MSブレイヴで結成された部隊で隊長を務めています。グラハムの乗るブレイヴ指揮官用試験機は、量産機でありながら最早そこらの第二期に搭乗したガンダム達を凌駕しているんじゃないかというほどの性能を誇っています。



グラハム・エーカーは敵ながらも第二の主人公と言ってもおかしくないほど、様々な思いや過去を持った人物です。

そんなグラハムの専用曲である「RECOVER」を聴きながら、彼の人生に思いを馳せてみてはどうでしょう。「RECOVER」は、「機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUNDTRACK 02」に収録されています。
© 創通・サンライズ・毎日放送
 >>> 機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]
 >>> 記事提供元:あにぶ

記者(あにぶ公式さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


グラハム・エーカーについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダム00シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!