アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

パトリック・コーラサ...

パトリックコーラサワ...

機動戦士ガンダム00...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

フランス軍のエースパイロットで、『1st』では28歳。階級は少尉。腕は確かなのだが、「AEUのエース」と自称して憚らない自信過剰で喧嘩っ早い性格のため、軍上層部も手を焼く問題児。良くも悪くもマイペースなため上官のマネキンを度々呆れさせた。自分に学がない事は自覚しており、細かい事を考えるのは信頼できる学のある人間に任せて、自分はそれに従えばいい、という考えを持っている。2000回以上のスペシャルスクランブルをこなし、模擬戦全勝の実績を買われてAEUの最新鋭MS「イナクト」のテストパイロットに抜擢されたが、そのお披露目を兼ねた公開演習に突如乱入したエクシアに完膚なきまでに敗北。プライドを粉々に砕かれた上、「最初にガンダムに介入され倒された男」という不名誉な肩書きでその名を知られることとなり、ガンダムに対して強いライバル意識を持つようになった。その後も度々ガンダムと交戦するが、毎回被弾・撃墜され、その度に無傷で生還している。三国合同演習の際には堂々と遅刻をし、全く悪びれなかったためマネキンに顔を二度殴られている。しかし今まで付き合った女性とは異なるタイプの彼女に逆に一目惚れし、彼女の気を引くために、ガンダムとの戦いにより一層闘志を燃やすようになった。国連軍結成後はジンクスのパイロットとなり、デュナメスを中破させるなどの戦果を挙げている。ジンクス部隊の大半が撃破され、自身も撃墜されたと思われてマネキンらが撤退の判断をしていた時には、生存の通信を送ってよこし、無事帰艦した。最終決戦ではナドレと相討ちとなり、機体は大破したが無事生還している。ガンダムと数多く交戦し、何度も撃墜されながらも生還している事から、周囲からは「不死身のコーラサワー」の異名で呼ばれるようになった。揶揄の意味が込められたあだ名であるのだが、本人は褒め言葉と信じ込み、誇りに思っている。『00V』に登場するエイミー・ジンバリストからは「『不死身』と呼ばれるとは凄いやつに違いない」とライバル視されていた。『2nd』では33歳。マネキンを守るためにと自ら志願してアロウズへと転属し、ジンクスIIIに搭乗してマネキンの指揮下で戦い続けた。ブレイク・ピラー事件後、マネキンに従って自身もアロウズを離反し、アロウズとCBの最終決戦では、クーデター派として参戦し、かつては敵対していたガンダムと共闘することとなった。その際、己の死を覚悟の上でガガの特攻からマネキンの艦を庇ったと同時に彼女にプロポーズし、撃墜されたが、直前に緊急脱出ポッドで脱出しており、バイザーに亀裂が走りながらも、無傷で無事生還している。最終決戦後には、マネキンとの結婚を果たし、自身も大尉へ昇進して、「幸せのコーラサワー」を自称した。マネキンが「コーラサワー」という姓になることを拒んだため、名前は「パトリック・マネキン」になったが、職場では今まで通り「コーラサワー」姓を使用している。そのため、実質的には夫婦別姓である。『劇場版』では35歳。地球連邦の軍人として、マネキンと共にELS事件に遭遇する。劇中でも、報告書を読むのが苦手、イノベイターの存在を知らない、説明されてもさっぱり理解できないなどの無知振りにマネキンを呆れさせていた。また、准将となった彼女を何度も大佐と呼んでは怒られていたが、これは意図的にそう呼んでいる節もあり、最終決戦出撃前の通信では明らかにわざとそう呼んでいる。地球圏へのELS襲来時には、地球圏防衛艦隊のMS隊の1人として出撃。指揮官用ジンクスIVに搭乗して多数のELSを撃破したが、ついに機体が侵食され、「幸せすぎて不死身じゃなくなった」と語りながら、トランザムを発動して自爆の決意を固め、マネキンに最後の通信を送った。しかし、その直後に刹那のダブルオークアンタに救出され、またしても生還を果たした。

出典:wikipedia

誕生日:1月1日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
パトリック・コーラサワーとは?(機動戦士ガンダム00シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

1月1日
『機動戦士ガンダム00』どんな死亡フラグも叩き折る、不死身の男・コーラサワーとは?
【画像】パトリック・コーラサワー(機動戦士ガンダム00シリーズ)
パトリック・コーラサワー。それは、『機動戦士ガンダム00』に登場するエースパイロットの一人。立ち位置は主人公の敵ですが、悪意はゼロ。どこまでも純粋な男です。今回はそんな彼の魅力について触れていきます。
コーラサワー は模擬戦無敗のスーパーエース
――不死身のコーラサワー!ただいま参上!

ガンダム00には主に三つの巨大国家が存在します。アニメ第一期では、各国家の争いにガンダムが武力介入し、それに対して三大国家が手を取り合って立ち向かうまでの流れが描かれています。パトリック・コーラサワーは三大国家の一つ、AEUのエースパイロットとして登場します。

彼を一言で表現するなら、“不死身”です。模擬戦では負け知らず、スクランブル2000回のスーパーエースでありながら、不遇な扱いを受け毎回撃墜されるも必ず無傷で生還する。そんなキャラクターです。作中では不遇な扱いを受けても、スタッフやファンには愛された男でもあります。なにせ、毎回無傷で生還するわけですから。また、他国のエースが単独で突っ込みガンダムと戦う中、彼は味方に的確な支持を与え、量産機だけでガンダムを追い詰めた実力者でもあります。

出典 YouTube

アニメ一期では、主人公たちが自分達の掲げる正義の為にガンダムに乗って戦うわけですが、世界から見れば主人公たちはテロリスト。そんな奴らを相手にした緊迫する戦いの中でも、目の前の恋に一途。各国と手を組んで行う大きな戦いを前にしたときでも、憧れの大佐(女性)にバラを持って訪問するくらい健気なんです。“世界が変革を迎えることについて思うところはないか”と聞かれても、どこまでも澄んだ目をして「はい、ないです」と即答。立ち位置的に一期では敵になってしまった彼ですが、根は凄く良い奴。どこまで真っ直ぐで憎めない男、それがパトリック・コーラサワーです。
初登場時はかませキャラだった?
――AEUのパトリック・コーラサワーだ! 模擬戦でも負け知らずのスペシャル様なんだよ! 知らねえとは言わせねぇぞ!

そんな彼の初登場は、散々なものでした。アニメ一期第一話にて、コーラサワーはAEU新型MSのお披露目会にエースとして出席します。しかし、正体不明のMS(ガンダムです)が突然やってきて、一方的にボコられ終了です。

その時に言ったセリフが、「俺はスペシャルで! 2000回で! 模擬戦なんだよ!」です。模擬戦無敗、スクランブル2000回という肩書の後にこれです。完全なかませキャラでした。
その後も度重なるギャグ演出を得て
――なんじゃそりゃあああ!

二度目の出番は、「イヤッホオオオーー!!」と派手に叫びながら、MSで空を飛行するシーンから始まりました。しかし、その後の戦闘ではろくな活躍を見せず速攻退場。撃墜時のセリフは「なんじゃそりゃあああ!」です。やはりギャグキャラです。

けれど、細かい描写では確かな腕前を見せているんです。たとえば、基地にMSを着陸させるシーンでは、高速飛行で突っ込んできた割には、キレイに白線の上に機体を止めています。戦闘シーンでも、他の機体がガンダムの粒子ビームを受けてあっけなく爆破される中、コーラサワーだけは撃墜こそされたものの、機体を大破はさせなかったりと、一見ギャグ扱いをされているように見せて、エースの実力を見せています。まあそもそも、この時点ではガンダムと比べて遥かに性能の劣る機体に乗っていたので、落とされるのも仕方ないのですが。
第一期後半、ついにエースの実力を見せつける
――同性能の機体なら、模擬戦で負け知らずの俺に分があるんだよ!

三度目の登場では作戦会議に遅刻し、新たに上官となった女性カティ・マネキン大佐に殴られます。またもギャグキャラっぽい扱いです。そして、何故かそこで大佐に惚れるというこれまたギャグ的シーンを披露。カティ・マネキンとは、女性ながらどこか怖そうな印象を受ける、頭脳派の作戦指揮官です。彼女のコーラサワーの第一印象は、不真面目な部下、といったところでしょうか。けれど、その回の作戦ではついに物量を利用した作戦とは言え、格上の機体であるガンダムを鹵獲し、エースの実力を見せつけます。この回では粒子ビームを回避し、敵キャラクターでありながらも成長を見せつけてくれます。

その後、三国の軍が一つになって組織された連邦軍にて、選ばれし30名のエースに新型の量産機(ガンダムに迫る性能を持つ機体)が与えられるという展開になりました。AEUから選ばれるのは、うち10名です。当然、彼も選ばれました。そして、さっそくガンダムを追い詰めます。他のメンバーが憎しみや正義のために戦う中、彼だけは成果を上げて憧れの大佐にキスをしてもらうために戦います。

一期24話ではガンダムと相打ちになり、コクピットが光に照らされる描写がありました。これまでどんな状況でも生還を果たしていただけに、当時リアルタイムで見ていたファンは驚きました。本当にコーラサワーは死んだのか?検証画像を上げて生死を議論するほどの盛り上がりでした。そして次の一期25話、最終回のラストにて、ちゃっかり顔を見せ生還をアピール。ファンの期待を裏切らない不死身の男、コーラサワーです。
第二期、劇場版でも コーラサワー の不死身っぷりは健在
――お言葉ですが、自分は7度のガンダム戦を行い、生き抜いてきました。仲間からついたあだ名は不死身のコーラサワーです。

続くアニメ第二期、劇場版でも撃墜されまくりつつ生還を果たし続けました。二期終盤ではついに主人公たちの味方として登場し、大好きな大佐を敵の攻撃が護って爆死――と見せかけ、最終話でまたもちゃっかり憧れの大佐との結婚を果たす勝ち組です。「不死身のコーラサワー改め、幸せのコーラサワーになりました」とは結婚式での名セリフ。不遇な扱いを受けるギャグキャラから、一気に勝ち組へ。もうこいつが主人公なんじゃ……というほどの大出世です。バカだけど一途でどこまで優しくて、決して死なないスーパーエースの実力に、大佐も魅了されてしまったわけです。

劇場版では命を駆けて敵と戦うかっこいい一面も魅せてくれました。もちろん生還しています。

そんな奇跡の男、パトリック・コーラサワーが見られるのはガンダム00だけ!

まだアニメ見ていない、という方。いますぐチェックです! 
© 創通・サンライズ・毎日放送
 >>> 機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]
 >>> 記事提供元:あにぶ

記者(あにぶ公式さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【パトリック・コーラサワー】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



パトリック・コーラサワーについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダム00シリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!