アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ムウ・ラ・フラガ

ムウラフラガ

機動戦士ガンダムSE...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

地球連合軍第7機動艦隊に所属するエースパイロット。彼の家系は直観的に未来を先読みするある種の超能力を受け継いでおり、フラガ家はその能力を用いて投資によって莫大な資産を得ていたとされている。資産家アル・ダ・フラガの長男として上流階級の家に生まれ、何人もの執事を抱えた豪邸に住むなど物質面では不自由なく育ったが、両親の教育方針の違いから父親から嫌悪され、暗い少年時代を過ごし、火災で幼くして両親と家を失う。地球連合軍に入隊後、MAのパイロットとしてその才能を開花させる。抜群の操縦センスを誇り、ガンバレルを使用可能とする特殊な空間把握能力を持つ数少ない1人として、MAや戦闘機でコーディネイターが搭乗するMSを多数撃破している。非常に気さくなノリの軽い性格で軍人らしからぬ一面もあるが、戦闘時には的確な判断を下し、軍人として、年長者として仲間を先導して行く。物事にとらわれすぎない、柔軟な思考の持ち主。また、MAパイロットでありながら大気圏内航空機であるスカイグラスパーを乗りこなし、HDリマスター版ではキラが「使い勝手が悪い」「重量加増で機動性が損なわれる」と判断し使用しなかったマルチプルアサルトストライカーを装着したストライクでMS戦闘の初陣を飾り戦果もあげるなど、不慣れな機体や武装でもそつなく戦える器用さをもつ。ザフト軍のラウ・ル・クルーゼとは宿敵同士である。「エンデュミオンの鷹」と言う異名を持ち、自称「不可能を可能にする男」。卓越した操縦技術と比べ、実際の射撃はあまり得意ではない。クルーゼとは因縁の敵同士で、特殊な空間認識能力を有した者同士であり、戦場では互いの存在を感知し合っている。劇中においてクルーゼとは3度交戦している他、グリマルディ戦役時など以前にも何度か交戦している。クルーゼ隊のヘリオポリス侵攻時は、メビウス・ゼロでクルーゼのシグーと交戦するが勝敗は決まらなかった。コロニー・メンデルでの戦闘ではクルーゼのゲイツにランチャーストライクで対抗するも接近戦で苦戦を強いられ敗れている。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では、エールストライクに搭乗するが、圧倒的な戦闘力を誇るプロヴィデンスのドラグーン・システムによる全方位攻撃の前に防戦一方となり敗退となった。しかしいずれの戦いでも機体性能や装備上不利である場面が多く腕前はクルーゼと比べてもけして劣っていないと思われる(ただしクルーゼはムウにはできなかったコーディネイター用のMSの操縦を行っている)。また、アラスカ基地内及びコロニー・メンデル内では銃撃戦を行っているが、いずれも相手を倒してはいない。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において、アークエンジェルを庇い行方不明になる。しかし、瀕死の重傷を負いながらも辛うじて生きながらえ、宇宙空間を漂った後、ブルーコスモス盟主ロード・ジブリール他、地球連合軍関係者によって救助されている。その後、記憶操作により「ネオ・ロアノーク」としての記憶を植え付けられ、地球連合軍第81独立機動群ファントムペインの指揮官となり、ジブリールの支配下にある部隊として、エクステンデッドであるスティング・オークレー、アウル・ニーダ、ステラ・ルーシェの3人を率いることとなった。髪が伸び顔に大きな傷がついており、ネオになってからは頭部上半分を覆う漆黒の仮面でそれらは隠れている。制服も一般兵とは異なり黒く染められている。性格は記憶を失う前と変わっていないが、セカンドステージシリーズ強奪などの非情な作戦であっても実行するなど、より軍人らしくなっている。

出典:wikipedia

誕生日:11月29日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ムウ・ラ・フラガとは?(機動戦士ガンダムSEEDシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ナチュラル。地球軍のMAエースパイロット。ガンダムの受け渡しの護衛に就いていてザフト軍との戦闘に参加。以後、キラたちと行動を共にし、兄貴分的存在に。

年齢

28~30 歳

誕生日

11月29日

性別

声優

子安武人

星座

射手座

身長

183 cm

体重

71 kg

血液型

O 型

髪の色

不可能を可能した男!?エンデュミオンの鷹「ムウ・ラ・フラガ」の魅力とは?『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』
【画像】ムウ・ラ・フラガ(機動戦士ガンダムSEEDシリーズ)
 『機動戦士ガンダムSEED』という作品において、非常に重要な役割を担うキャラクターのひとりが、今回ご紹介する「ムウ・ラ・フラガ」です。主人公・キラと共に戦った仲間でもあり、まだまだ未熟な所の多いキラにとっては、身近にいる唯一のお手本でもありました。そんな「ムウ・ラ・フラガ」の魅力に迫ってみたいと思います。
頼れる兄貴分
 「エンデュミオンの鷹」という異名を持つムウは、地球連合軍のパイロットの中でもずば抜けた技能を持ち合わせていました。そして、そのパイロットとしての資質はもちろん、多くの戦場を潜り抜けてきた経験と器量で、アークエンジェルのクルー全員にとって、非常に頼もしい存在だったといえるでしょう。

 ところで、ムウの搭乗機といえば鮮やかなオレンジ色が印象的なMA「メビウス・ゼロ」。これを扱うことができるのは特殊な空間把握能力を持つ者のみであり、宇宙世紀シリーズに登場する「ニュータイプ」にも非常に近い存在でした。
散り際に残した名言
 ムウといえば、状況を冷静かつ的確に判断し、最適な決断を下せる指揮官タイプで、作中でも多くのクルーに対して的確なアドバイスをおこなっています。そして、ムウの残した言葉の中でも最も印象的なのが、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦で、敵の陽電子砲からアークエンジェルを守るために自分の身を盾にしたシーンの

「やっぱり俺って不可能を可能にする・・・」

というあのセリフですよね。何の迷いもなく大切な人たちのために自分の身を投げ出せる、そんな彼の男気に多くのファンが涙したことでしょう。ガンダム史に残る名言の一つです。
まさに“不可能を可能にした”男
 しかし、ここで終わらないのがこの男の真骨頂。確かに自分の身を犠牲にして艦を守るだけならば、ムウにとって不可能なことではなかったはずです。その意味では、艦を守った上に自身も生きて還って来たことが、あのセリフの真意だったのかもしれません。

 ちなみに、彼の死については諸説あり、本当は死んでいたという説もあるようです。しかし、結局は生きて還って来ました。元々のシナリオがどうであったのか知る由はありませんが、そんな可能性をも乗り越えてきたムウ・ラ・フラガは、まさに“不可能を可能にした”男だといえるでしょう。

 以上、ムウ・ラ・フラガの魅力についてご紹介しました。少し話は逸れますが、ムウによく似たキャラクターといえば「初代ガンダム」に登場したスレッガー・ロウが思い浮かびます。ロウは物語半ばで戦死してしまいますが、ある意味ムウはロウの生まれ変わりのような存在なのかもしれませんね。
(C)創通・サンライズ

記者(西森ゆう【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ムウ・ラ・フラガ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ムウ・ラ・フラガについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダムSEEDシリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!