アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ディアッカ・エルスマ...

ディアッカエルスマン

機動戦士ガンダムSE...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ザフトのクルーゼ隊に所属する赤服パイロット。士官アカデミーの成績は4位。彫りの深い端整な男顔で、健康的な褐色肌が特徴。父親はプラント最高評議会議員タッド・エルスマン。父親の反対を押し切ってザフトに志願した。士官アカデミーでイザーク・ジュールとルームメイトとなって以降親友となり、共に行動することが多い。軽く見えて掴み所がない反面、根は真面目で実直な性格。事あるごとにアスランと衝突するイザークを宥めるためクッション役を自認し、両方の間に立って便宜をはかるなど、面倒見も良い。イザークと同じくコーディネイター選民思想の傾向にあり、ナチュラルに対しても好戦的であったが、恋人を失ったミリアリア・ハウとの出会いによって大きく変化することとなった。趣味は日本舞踊で、戦前は師匠の元に通っていた。 身だしなみには気を遣っており、ヘアースタイルは寝癖ではなく自分でセットしているほか、私服姿もルナマリアやメイリンに絶賛され、「彼のいる部隊に配属されたい」と憧れを持たれていた。初期設定での名称は「アリマン」で、イザークが「ディアッカ」となっていた。また、「激怒すると狡猾な性格が現れる」「好戦的」などの設定がされていたが、ディアッカの愛機となったX103バスターのプラモデルの売り上げ不振を理由に、番組スポンサーのバンダイがテコ入れを要求したことで現在のような人物像へと変更された。一方「TV本編とは異なるものである」という前置きの上で、後藤リウによるSEED小説版でのディアッカは嫌味な性格や悪口雑言の類が大幅に緩和されたキャラクターとして描かれている。なお上記の「狡猾」という性格に関連して、インターネット上では「初期設定は残忍だった」とするものもよく見られるが、公式書籍等では初期のものでも「残忍」という表現は確認できない。2011年にHDリマスター発売記念でYahoo!JAPANで行われたキャラクター人気投票ではキラ、アスランに次いでの3位と高い人気を見せた。理由は不明だが、『SEED DESTINY』放映から数年後の2008年以降に発売されたゲーム作品では、登場しても一切声があてられていなかった。しかし2012年に発売された『機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』『SDガンダム GGENERATION OVER WORLD』で久々に声をあてられた。

出典:wikipedia

誕生日:3月29日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ディアッカ・エルスマン】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ディアッカ・エルスマン】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ディアッカ・エルスマンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダムSEEDシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!