アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

ムルタ・アズラエル

ムルタアズラエル

機動戦士ガンダムSE...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

【人種:ナチュラル・男性 / 生年月日:C.E.41年生まれ / 年齢:30歳 / 瞳の色:青】反コーディネイターを掲げる政治団体「ブルーコスモス」の盟主。古くから反コーディネイター運動に最大の出資をしてきたアズラエル財閥の御曹司でもある。また、国防産業連合理事の任にあり、デトロイトに本拠を置く大手軍需産業の経営者でもある。大西洋連邦政府及び同国軍に対して強い発言力を持ち、現場指揮官に直接命令を下すことすらある。家系の影響に加え、幼少期に同年代のコーディネイターにどうしても敵わず、軽くあしらわれて以来、彼らに対して激しいコンプレックスを持つようになった。外伝OVA『STARGAZER』ではスウェンの回想に登場しており、当時訓練生であったスウェンに関して彼の教官と対立があったようである。フリーダム、ジャスティスに核エンジンが搭載されていることを見抜く等、知識や洞察力は優れているが、器量は狭く性格も自己中心的。普段は冷静な皮肉屋を気取っているものの、追い詰められると感情が剥き出しになるという精神的な脆さを持つ。『ASTRAY』シリーズに登場するサハク姉弟と密接な関係があり、連合への秘密裏な協力の見返りとして、オーブへの不介入の約束、ソキウス(ロボトミー処置済み)や後期GAT-Xシリーズの派生機を提供している。しかし、ロンド・ギナ・サハクが第三次ビクトリア攻防戦に参戦していると同時にオーブは連合に侵攻された。パナマ攻略戦において地球連合軍はマスドライバーを失い、宇宙への橋頭堡確保のため、マスドライバーを持つオーブへの侵攻を提案し、自ら指揮する。オーブへの侵攻とマスドライバーの奪取はオーブ側のマスドライバーを含む軍関連施設およびモルゲンレーテ社の自爆により失敗に終わったが、後期GAT-Xシリーズのカラミティ、フォビドゥン、レイダーを実戦投入するという、もう一つの目的は大きな戦果と共に達成された。その後のアークエンジェル討伐戦では、フリーダムとジャスティスに核エンジンが搭載されていることを見抜き、捕獲を命令している。宇宙に上がってからは、ナタルが艦長を務めるアークエンジェル級2番艦ドミニオンに乗り込み、民間人でありながら実質的な指揮官の座にあった。ザフトから解放されたフレイの「戦争を終わらせる鍵を持っている」という言葉に関心を持ち彼女を救助し、ニュートロンジャマーキャンセラーのデータを手に入れ狂喜した。地球連合軍上層部を説き伏せ、これを利用した核ミサイル搭載モビルアーマー部隊「ピースメーカー」を編成。ザフトの宇宙要塞ボアズを核攻撃で沈めた後、プラントに対しても核攻撃を行おうとする。しかし、最終決戦である第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において投入された核ミサイルは、キラ達によって全弾撃墜され、また、かねてよりアズラエルの行動に疑問を抱いていたナタルが造反し、フレイをはじめとする全クルーに対し、対峙していたアークエンジェルへの投降を命じる。これに激昂したアズラエルは自分用の端末でローエングリンを起動し、アークエンジェルに向けて発射するが、身を挺したムウのストライクによって阻止される。これによりマリューの怒りと悲しみは高まり、直後にアークエンジェルから放たれたローエングリンの直撃により、アズラエルはナタルと共に命を落とした。その時アズラエルは、ナタルによって艦橋に閉じ込められていたが、ナタルの全身を拳銃で撃ち、自分の解放を強要するという非道さを見せた。彼の死後ブルーコスモスは一時的に弱体化したが、後任の盟主に就任したロード・ジブリールの手腕により再び勢力を取り戻している。ブルーコスモスの上位組織ロゴスのメンバーであるブルーノ・アズラエルは、彼と同姓であることと、風貌に共通する面があることから、彼の血縁関係であることが推測されるが、関連は劇中や書籍においても明らかにされていない。名前の「アズラエル」は、イスラム教における死を司る天使アズラーイールが由来。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ムルタ・アズラエルとは?(機動戦士ガンダムSEEDシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

『機動戦士ガンダムSEED』核をぶっ放した!? やってることはメチャクチャでも、言ってることは間違っていないムルタ・アズラエル という男!
【画像】ムルタ・アズラエル(機動戦士ガンダムSEEDシリーズ)
――コーディネイターすべてが、地球に対する脅威なんだぞ! ボクらはそれを討ちに来ているんだ!

『 機動戦士ガンダムSEED 』の登場人物として、強化人間であるブーステッドマンを紹介する記事をあげました。

そこで今回は、ブーステッドマンの三人を使う立場にいたキャラクター、ムルタ・アズラエルについて触れていこうと思います。
反コーディネイター思想
【画像】ムルタ・アズラエル(機動戦士ガンダムSEEDシリーズ)
彼は、アニメ第一期終盤に登場したブルーコスモスの盟主です。ブルーコスモスとは、遺伝子を操作しているコーディネイターに対する、アンチ思想を持つ者たちのことです。

『 機動戦士ガンダムSEED 』は、コーディネイターと、遺伝子をいじっていない人種・ナチュラルの対立を描いています。故に、コーディネイター憎しを広め争いを広げたブルーコスモスは、作中においてかなり重要な存在です。

そのトップこそが、ムルタ・アズラエルなのです。

ちなみに、彼はファンの間からしばしば「盟主王」と呼ばれます。これは、担当している声優である檜山修之さんが演じる、他作品のネタからきています。

ムルタ・アズラエルは、幼いころにコーディネイターにケンカをふっかけ、数人で挑んだにも関わらず敗北するという過去を持っています。
その出来事が、コーディネイターを否定する思想の根っこになっていると思われます。
『 機動戦士ガンダムSEED 』中での活躍
彼は、ブルーコスモスの盟主である他に、国防産業連合理事、アズラエル財団経営者といった肩書も持っています。その権力を行使し、終盤の戦いでは地球連合軍を動かす立場として、自ら戦場に踊りだします。

初登場時は、クロト、シャニ、オルガの三人に命令を飛ばし、ブーステッドマンの性能実験を楽しんでいるようでした。

その後、核を手に入れた彼は(SEEDの世界では、終盤までは核エネルギーが封印されていました)、憎きコーディネイターを滅ぼすために、核ミサイルをぶっ放します。

さらには戦艦ドミニオンに乗り込み、指揮までしはじめて……。
数々の名言を残した
非人道的な兵器である核の使用を拒む部下に対し、

「核は持ってりゃ嬉しいただのコレクションじゃない、強力な兵器なんです。兵器は使わなきゃ……。高い金かけて造ったのは、使うためなんでしょ?」

「勝ち目のない戦いに“死んでこい”って自分の部下を送る人達より、ボクの方がよっぽど優しいと思うケド?」

と、一応は正論っぽいことを口にします。

コーディネイター達の軍・ザフトが巨大なガンマ線レーザー砲“ジェネシス”を使った後は、ドミニオンに救援させようとした艦のメンバーに対し、総攻撃を命じます。

それでも増援が来るからと反発され、アズラエルはこう返します。

「あそこに! あんなモノ残しとくワケにはいかないんだよ! 何が“ナチュラルどもの野蛮な核”だ! あそこからでも、アレはゆうに地球を撃てる――! 

ヤツ等の、このとんでもない兵器の方が、遥かに野蛮じゃないか! 

そしてもう! いつその照準が地球に向けられるか解らないんだぞ!? 

撃たれてからじゃ遅い! 奴等にあんなモノ作る時間与えたのはお前たち軍なんだからな! 無茶でもなんでも絶対に破壊してもらう!

あれと“プラント”を――地球が撃たれる前に!」

撃たなければ撃たれる――というのは、SEEDにおいてさんざん描いてきたこと。

戦闘中、敵が地球すら撃てる兵器を持ち、いつでも撃てるよう準備をしている。そんな中、こちらにはコーディネイターを排除できるかもしれない核ミサイルがある。

だから撃つ。

理にはかなっています。実際、撃たれてからじゃ遅いというのは、理解できます。

事実、こう口にしています。

「自軍の損失は最小限に、そして敵には最大の損害。戦争ってのは、そうやるもんだろ」

最終的には反発する部下を銃で撃ったり、怒鳴ってキレたりと、性格に問題ありまくりなキャラクターでした。が、やっていいかどうかはさておき、間違った理論を振りかざしているわけではないところが面白いです。

結局、核もジェネシスも主人公達が止めてくれるわけですが、もし地球が撃たれてしまっていたら、核を使えと言ったアズラエルが正しかった――と考える人も出てきたことでしょう。

なかなかに考えさせられるキャラクターです。

それはそれとして、迫力のある怒鳴り声を連発するキレキャラでもあるので、難しいことを考えずにセリフを楽しむのもありです。
© 創通・サンライズ
 >>> GUNDAM SEED WEB
 >>> 記事提供元:あにぶ

記者(あにぶ公式さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ムルタ・アズラエルについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダムSEEDシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!