アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

レイ・ザ・バレル

レイザバレル

機動戦士ガンダムSE...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

レイ・ザ・バレルザフトの最新鋭戦闘母艦ミネルバに配属された赤服MSパイロット。ミネルバ所属パイロットのリーダー格で、エリートパイロットのみ許される白色のパーソナルカラーに塗装されたブレイズザクファントムに搭乗し、パイロットスーツも白を基調にしている。同僚のシン・アスカ、ルナマリア・ホークはアカデミー(ザフトの士官学校)時代の同期生で、在校時は常にトップの成績を収めていた。レイはナチュラルであるアル・ダ・フラガのクローンであり、遺伝子上同一人物とされるラウ・ル・クルーゼがナチュラルであるため、彼もナチュラルである可能性は極めて高く、劇中でもそれを示唆する場面がある。書籍や設定資料集では「ナチュラルである可能性が高い」と書かれることが多く、番組放映後に製作スタッフは彼をナチュラルであると言っている。レイは「二次コピー」であり、コピー元となったのはラウ・ル・クルーゼとあり、その場合彼はラウ・ル・クルーゼと同じナチュラルであったということになる。なぜアルのクローンを複数体生み出さなければならなかったのか、なぜラウとは年齢が離れているのかは不明であるが、レイは「ただ、できるという理由だけで創られた」と発言している。レイにはギルバート・デュランダルのような「家族」というべき存在がいたことや、シンやルナマリアという同年代の友人に恵まれたこともあってか、ラウのように世界を憎悪し、全てを滅ぼそうとは考えていない。ただし、クローンである自分自身や、完全な人工的手段で生み出されたスーパーコーディネイターであるキラ・ヤマトは、自然の摂理に反する存在として滅ぶべき存在だという考えを持っていた。自分を幼い頃に引き取ったラウとその友人であるデュランダルに絶対の信頼を寄せている。戦闘面においては非常に高い能力を有しており、ラウには劣るとされるが優れた空間認識能力を保持し、作中における第二次ドラグーン・システムの運用で幅広い攻撃ヴァリエーションと細やかな操作テクニックを見せた。ラウがムウ・ラ・フラガと戦場で互いの存在を感知したのと同じように、放送初期にはレイもネオ・ロアノークとしてのムウと互いを認識させていたが、中盤以降は戦場で対峙してもそのような描写は無くなり、後のメディアミックス展開でも殆ど触れられなかった。本編では感情を余り表に出さない沈着冷静なキャラクターであるが、育ての親であるデュランダルの前では嬉しさの余り頬を染める場面が見受けられる。本作のSUIT CDシリーズ第6弾に収録されているアカデミー時代を舞台としたミニドラマでは、シンやルナマリアといった同世代の友人達の理不尽な言動に引き出された年齢に応した少年らしいコミカルな感情を見せていた。また、タネキャラ劇場では本当はとても気弱であることで感情を剥き出すという設定だった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
レイ・ザ・バレルとは?(機動戦士ガンダムSEEDシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ミネルバの搭乗員。指揮官機であるブレイズザクファントムのパイロット。普段から口数は少ないが、クールで理知的、戦闘力も高い。出生などは詳しいことは不明。

性別

声優

関俊彦

身長

168 cm

体重

56 kg

血液型

O 型

髪の色

白金
誰よりも“明日”を望んだ悲しき命「レイ・ザ・バレル」の魅力とは?『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』
【画像】レイ・ザ・バレル(機動戦士ガンダムSEEDシリーズ)
 『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』の戦争のテーマは「人種問題」。遺伝子操作により、生まれながら優れた身体能力を持つ新人類「コーディネイター」と、従来の人間である「ナチュラル」との戦いが主軸になっています。しかし、その根には強化人間やクローン人間など、様々な問題も隠されています。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する「レイ・ザ・バレル」も、そういった問題の被害者です。
大人びた雰囲気を帯びた少年
 感情の起伏が激しい「シン」や勝ち気な言動が目立つ「ルナ・マリア」に比べ、クールで冷静な印象を与える「レイ」。しかし、決して冷たい人間というわけではなく、本編中では「シン」を気遣いながら叱咤する場面も多々あります。アカデミーでの成績も優秀、ドラマCDではテスト前に「ルナ・マリア」へノートを貸すシーンもあります。
議長の前では子どものような表情に
 「レイ」が唯一(といっていいほど)心を許せるのが、彼の保護者代わりである議長こと「ギルバート・デュランダル」です。議長に会った時は嬉しさのあまり頬を染めたり、その胸に飛び込んでいったりなど、普段の冷静さからは考えられないような表情を見せてくれます。しかしながらそれもまた「レイ」の魅力の一つであり、デュランダル議長を家族のように思うがゆえなのです。
自分のような人間が生まれないように
 実は、「レイ」は前作「ガンダムSEED」のラスボスともいえる「ラウ・ル・クルーゼ」のクローンです。ラウ自身も「ムウ・ラ・フラガ」の父親である「アル・ダ・フラガ」のクローンですから、レイはいわゆる「二次コピー」ということになります。ストーリー終盤、クローンである自分の出自を「シン」に告白し、「自分やステラのような人間が今後生まれてはならない」「自分は長く生きられないから、自分の代わりに新しい世界と議長を守れ」と未来を託します。
命の言葉に動揺するレイ
 最終決戦で「ラウ・ル・クルーゼ」として「キラ」の前に立ちはだかる「レイ」。しかし「命は何にだって1つだ」「だからその命は君だ、彼じゃない」と諭され激しく動揺します。その後、議長を守るためメサイアに向かいますが、「人は自らの意思で変わることができる」というキラの言葉を聞いて未来を望む自分の思いに気付き、誰よりも信頼していた議長をその手で撃つのでした。

 「君もラウだ」と言われて育った「レイ・ザ・バレル」にとって、自分を「ラウのクローン」ではなく「レイ・ザ・バレル」として見てくれたキラへの複雑な思い。泣き崩れながらもタリアを「おかあさん」と呼び、爆炎の中に消えていきました。キラやアスラン、シンたちが築いていく未来は、レイの望んだような明日になっていくのでしょうか。
(C)創通・サンライズ

記者(氷雨みやこ【公式】さん)

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【レイ・ザ・バレル】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



レイ・ザ・バレルについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>機動戦士ガンダムSEEDシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!