アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:みゅうさん

緑間真太郎

ミドリマシンタロウ

黒子のバスケ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

【秀徳高校】1年生のシューティングガード。「キセキの世代」No.1シューター。背番号は6番(中学時代は11→7)。身長/体重:195cm(中学1年時174cm)/79kg 誕生日:7月7日 血液型:B型眼鏡をかけている。睫毛と語尾に「~なのだよ」とつけるのが特徴。左利きで、バスケをする時以外は左手指に常にテーピングをしている。帝光中時代は副主将を務めていた。自分が認めたライバルにエールやアドバイスを送るなど、素直ではないが義理堅い一面もある。高尾曰く「ツンデレ」。プライドが非常に高く理性的だが、「人事を尽くして天命を待つ」を座右の銘とする運命論者。テレビ番組「おは朝」の占いに傾倒し、必ずその日のラッキーアイテムをそばに置いている。裸眼ではライオンの置物と人の区別がつかないほど視力が低い。オフェンス・ディフェンスともに高水準のプレイヤー。「超長距離3Pシュート」が最強の武器。当初は自分だけを信じたスタンドプレーを貫いていたが、誠凛のチームプレイの前に惜敗後、勝利とリベンジに対する執念からチームプレイを行うようになる。高尾とはよく共に行動しているが、彼の発言に悪態突いたり、マイペースぶりに振り回される。黒子とは相性は悪いが、身体能力に恵まれないながら帝光のレギュラーであり続けた点で評価している。また、よく軽く変装して他校の試合に足を運ぶ。帝光中時代は赤司とよく将棋で対戦していたが、勝ったことはない。桃井の黒子へのアプローチに全く気づかないなど、恋愛事に対してはかなり鈍感。年上がタイプらしい。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
緑間真太郎とは?(黒子のバスケ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

テレビの星座占いを欠かさず見ていて、ラッキーアイテムを持ち歩いている。プライドが高く以前はスタンドプレーをしていたが、誠凛のチームプレーに敗北したためスタイルを見直した。

性別

あだ名

真ちゃん/ミドチン/ミドリン

特技

ピアノ/スーパーロングレンジ3Pシュート

弱点

猫/料理

趣味

将棋/クラシック音楽

好きな食べ物

おしるこ

嫌いな食べ物

納豆

声優

小野大輔

星座

蟹座

身長

174~195 cm

体重

79 kg

血液型

B 型

髪の色

アクセサリー

メガネ/テーピング

学校・会社

秀徳高校

部活・委員会

バスケ部

職業

高校生

役職

SG/6番

学年

高校1年生
孤高の変人天才シューター「緑間真太郎」の魅力に迫る!『黒子のバスケ』
【画像】緑間真太郎(黒子のバスケ)
 『黒子のバスケ』の天才集団キセキの世代において、特に異彩を放つ「緑間真太郎」。絶対に落ちない必殺シュートと、変なラッキーアイテム、謎の乗り物とツンデレ。キーワードだけ並べるとほんとに意味がわかりませんが、それらを合わせるととても素敵な愛すべき「緑間真太郎」が出来あがるのです。そんな彼の魅力をまとめてみました!
驚異のスリーポイントシュート
 まず、「緑間真太郎」という名前は長いので、相棒の高尾に倣って真ちゃんと呼ばせてください。

 真ちゃんのすごさはとにかくスリーポイントシュート!普通は、少しゴールから離れた3Pシュート用のラインの外側から放ちますが、彼のシュートレンジはこんなものではありません。コート全てです。全て。化け物です!そしてボールの描く軌道がとても高い。その美しいフォームと弾道は、敵でさえも見惚れるほどです。かつ、決定率は100%。黒子いわく、彼がシュートをはずすところを見たことがないそうです。

 さらにシュートだけの人かと思えばそうではなく、ディフェンスも一流なのです。身長195㎝で頭もいい。アメリカでプロバスケプレーヤーとしても活躍したことのあるアレックスは、真ちゃんから発せられるオーラを感じて驚愕します。“天才”と呼ばれるに値する、バスケ選手としてとんでもない才能の持ち主なのです。
仲間との絆
 真ちゃんの座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」。彼は確かにバスケの天才ですが、それ以上に努力の天才であり、どんな時も人事を尽くすことを怠りません。それ故に、己の力に対する自信も相当のもの。自分がシュートを決めさえすれば勝てるという単純明快な思考と、自分の信じるものが正しいという唯我独尊の姿勢。それが揺らぐのが、黒子擁する誠凛高校とのIH予選での敗北です。

 その後、真ちゃんは勝つためにチームで力を合わせることを学ぶのですが・・・彼がそれを宣言したとき、チームメイトはざわつきます(笑)。緑間がそんなことを言うなんて・・・!?と感動と笑いを生むほどに、今までは自己中なプレイばっかりだったのでしょう。

 日々の練習の中で、先輩たちも3年間必死に努力を重ねてきた結果のスタメンであることを理解し、高尾も自分に最高のパスを出すべく誰よりも人事を尽くしていることを知る真ちゃん。WCで洛山の選手に、自分の仲間を「足手まとい」と評されたときの反応や、高尾と見せた「とっておき」の連携プレー。そして練習中や試合中に見せるようになった笑顔。真ちゃんの成長や仲間との絆は、青春!という感じでほんとに甘酸っぱいです。
苦手、変人、めんどくさい・・・と言われながらも愛される秘密
 変人としても有名な真ちゃん。黒子にも「頭いいのにたまに馬鹿」と称されています。彼は毎日、不思議な小物(時には大物)を持ち歩いています。これは、おは朝と呼ばれる朝の情報番組の占いでのラッキーアイテムです。カエルだったり狸の信楽焼だったり毎日そのアイテムを欠かさず持ち歩くのです。ちなみに万が一アイテムなしで1日を過ごすと、車に轢かれそうになったりだとか本当に危険で不幸な目に会うので、ラッキーアイテム探しは命がけです。

 好物はおしるこ。夏はつめた~いおしるこを飲みます。練習試合への移動は、自転車とリアカーを繋ぎ合わせた通称チャリアカー。高尾にひかせます(笑)。そして語尾は「~なのだよ」。3Pにこだわった理由は「2点より3点がすごいに決まってる」からで、勝負とあれば一発ギャグでも全力でやっちゃう真面目さん。そして極度のツンデレ。素直に他人の心配などは出来ず、文句言うふりをして敵に塩を送ってしまうような不器用な優しさをを持っています。ツンデレ好きな人にはたまりませんけどね!高尾はきっとそのへんを分かってくれているのでしょう。

 総合すると、知れば知るほどおもしろい、真面目さと変人さのギャップが素敵すぎる、そんな魅力たっぷりな天才イケメンメガネくん「緑間真太郎」・・・なのだよ。
(C)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

記者(おのえ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


緑間真太郎についての雑談場(2件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:なのだよ系女子 2014/07/10 21:15 ID:9991339B ▽コメント返信
真ちゃんイケメンすぎてヤバイ
2 名前:みどりん推し少女(仮 2015/04/25 21:32 ID:5C8AD39A ▽コメント返信
みどりんは美人だしイケボ(声優の問題)だし好きすぎて生活に支障をきたす。
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>黒子のバスケのキャラクター 一覧
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!