アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:raquelさん

グレル・サトクリフ

グレルサトクリフ

黒執事シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

バーネット邸の執事。気が弱く、お茶もろくに入れられないほど不甲斐無い(テレビアニメ版ではファントムハイヴ家へ修行に出されたほど)が、歌は上手い。身長175cm。正体は赤(血)を好む狂気に満ちた死神であり、赤い長髪のオカマ。「これでも執事DEATH(デス)★」が決め台詞。所属は魂の回収課で、自分用にカスタマイズしたチェーンソー型の死神の鎌(デスサイズ)を持つ。セバスチャンに惚れ込んでおり、「セバスちゃん」と呼び、その妄想で彼に鳥肌を立たせたことがある(しかし、キャラクターガイド「その執事、集合」のグレルの告白部屋にて、「ウィリアムのことはどう思っているのですか?」という質問に対して、本命はウィリアムであると答えている。冷たくされると燃え上がっちゃう。とも発言しており、セバスチャンもタイプが似ているとのこと)。規定違反となる行為を犯した際にはウィルに酷い目に遭わされ、彼に引きずられながら去った。後に謹慎処分が解けると、異常なテンションでファントムハイヴ家へ魂回収に向かった模様。豪華客船編では、カンパニア号が衝突した氷山から同船に乗り込み、ロナルドと共に1000名以上の魂回収と、ついでに"動く死者"の調査を行う。原画の時点では「~ショ」が語尾についていた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
グレル・サトクリフとは?(黒執事シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

個性の塊!死神「グレル・サトクリフ」の魅力とは?『黒執事』
【画像】グレル・サトクリフ(黒執事シリーズ)
 アニメ『黒執事』に登場するキャラクター「グレル・サトクリフ」。主人公「セバスチャン」が黒をメインカラーとした“悪魔で執事”なのに対し、彼は赤がメインカラーの“死神で執事(最初だけですが)”というキャラクターです。スーツ姿に長い赤髪、赤縁のメガネ。蓋を開けてみればオネエ口調(オカマ)、武器(死神の鎌)はチェーンソー、セバスチャンにベタ惚れ、決め台詞は「これでも執事DEATH☆」・・・と、これでもかという程に濃いキャラ付けがされています。

 彼は「セバスチャン」と「シエル」の関わる事件に、死神の職務という形で関わり、敵対する事もあれば、逆に彼らに情報提供するなど、「セバスチャン」や「シエル」とは、また別の立ち位置で事件に関わってきます。
恋多き乙女(?!)
 概要からしてなかなかぶっ飛んでいる「グレル・サトクリフ」。セバスチャンにベタ惚れという設定を持ち、作中でも何度も何度も彼にアプローチをかけています。赤がメインカラーでオネエ口調(女性言葉)、元々の見た目がやや中性的なのもあって、見ようによっては女性にも見えますが、彼はれっきとした男です。

 もっとも、猛アピールの度にセバスチャンに軽くあしらわれたりぶっ飛ばされたりしているのですが、そんな程度では彼の恋の火は消せません。しかし、これほどセバスチャンに猛アピールをかけている割に、本命は同僚死神のウィリアム(通称ウィル)だったりします・・・。何とも複雑な乙女心です。
かなりの強敵で実力者
 そんな彼の作中での活躍ですが、死神という人外の存在だけあって要所で強敵として立ちはだかります。3話、4話ではドジで気弱な執事のフリをしつつ、切り裂きジャック事件の犯人として殺人を繰り返し、犯人である事がバレると首謀者の「ミセス・レッド」をも殺害。その後、5話にて「セバスチャン」と直接対決に至り、彼を窮地に追い込むほどの戦いぶりを見せます。

 また第2期においても、3話でチェーンソーを使っての壁昇りという、物理法則を盛大に無視した荒業を見せつけ、8話でも「ハンナ・アナフェローズ」を、「地味なメイドの分際で手こずらせるんじゃないわよ」という完全に悪役な決め台詞で一蹴します。あふれ出る変態っぷりや後述のヘタレっぷりに隠れ気味な感はありますが、彼のこの強さとダークさは、『黒執事』世界の中では決して見過ごせない魅力と言えます。
実はヘタレな面もある
 そんな彼ですが、実はヘタレキャラとしての一面も持ち併せています。まず、初登場時からして、「死神の鎌の無断使用と無断改造」という規律違反を犯した為に同僚死神の「ウィリアム」からお仕置きでフルボッコにされてしまいます・・・。当のウィリアムは足元のグレルを思い切り踏みつけつつ、さらっとセバスチャンと会話をしているのですが、グレルはガチ悲鳴を上げています。

 また、その後、チェーンソー型死神の鎌を取り上げられ、代わりの死神の鎌(見た目はただの文具ハサミ)を持って再登場しますが、いざと言う時にキャーキャー叫びながら死神の鎌をチョキチョキさせたりと、かつての強敵っぷりが嘘のようなヘタレで微妙に可愛い姿も・・・。そんなヘタレっぷりも彼の魅力の一つでしょう。
圧倒的な存在感
 明確に敵対者とも協力者とも言えない微妙な立ち位置で活躍する「グレル・サトクリフ」。だからこそ、敵になっても協力者になっても(というかもはや登場するだけでも)抜群の存在感を見せつけてくれます。何より、どの立ち位置からでも、セバスチャンへの猛アピール(とセバスチャンからのあしらいやどつき)は忘れず、作品においても彼とセバスチャンのやりとりは大きな見所のひとつです。

 色物・変態・ギャグキャラとしてのキャラクターを持つ一方で、決める時はちゃんと(悪く)カッコよく決めてくれる。そんな一癖あるキャラが好きと言う方には、是非ともおすすめしたい魅力的なキャラクターです。
(C)枢やな/スクウェアエニックス・女王の番犬・MBS

記者(いっち~【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


グレル・サトクリフについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>黒執事シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!